>
>
>
感情労働にならない叱り方

感情労働によるストレスの影響③

コラム①では、感情労働について概観していきました。感情を偽りすぎると様々な悪影響が起こるとお伝えしました。今回は、ストレスへの影響についてより深く解説していきます。

ストレスと感情労働

感情労働によるストレスが与える影響について見ていきましょう。大きく以下の3つが挙げられます。

①疲れてしまうと燃え尽き症候群に

感情労働が起こりやすい仕事についている方は、感情をコントロールすることを仕事として求められますが、人間は感情と表現にくいちがいがあればあるほど混乱し、ストレスを感じてしまいます。感情労働をして燃え尽き症候群になり、それが蓄積すると精神的に疲れてしまって、うつ病の症状が出てきてしまうこともあるため注意が必要です。

片山(2010)は、看護師123名に「看護師の感情労働測定尺度」と「職業性ストレス簡易調査票」を用いてアンケート調査を行いました。結果が下記となります。少し眺めてみてください。

いかがでしょうか。表出抑制とは、その場にふさわしくないと判断した感情を抑制する意識的な努力を意味します。表出抑制と疲労感とに関連が見られることがわかります。このように、感情を抑える行為は、看護師にとってストレスの高い感情労働であり、心理的負担が大きいと考えられます。

今回の論文は看護師を前提としていますが、仕事上、福祉職、接客業、キャビンアテンダントなど、笑顔で接客する必要性が高い職種などでお悩みの方が多いと言えます。

②感情労働と不眠

感情労働の状態が続くと、不安や不眠に襲われることも分かっています。荻野(2004)の研究では、感情労働が不眠に与える影響を調べています。実験では、231名の看護・介護職を対象に質問紙を用いて調査を行いました。

その結果、上図のようになりました。「感情の不協和」は感情労働の1つの要素で、これが原因となって燃えて「不安や不眠」「うつ病」といった症状が表れています。また、その中でも「不安と不眠」の数値が大きいことが分かります。

このように感情労働の状態になると、燃え尽き症候群だけではなく睡眠の質にも影響を与えてしまいます。自分の感情を抑え続けると精神的にも身体的にも不健康なものになってしまうのですね。

③本音で話した方が人間関係が向上

相手に不快な印象を与えないように、自分の本心を隠す人は多いですが、実際に相手は気を遣ってもらうことをどのように捉えているのでしょうか。松永ら(2008)の研究では、大学生228名を対象に「青年の友人関係に関する研究」が行われました。その研究の中では「感情労働」に近い概念として、「本音」「気遣い」「うわべ」について調査が行われました。いくつか紹介したいと思います。

・コミュ力と感情労働 
研究の結果の1つとして、「本音群」が「気遣い群」「うわべ群」よりコミュニケーション能力が高い関連があることが分かりました。下図を見てみてください。

本音群のグラフが一番高いですね。これは「本音で話す傾向がある方」が、コミュニケーション能力が高いことが多いということを示しています。「気遣い群」や「うわべ群」はグラフが低くなっていますね。自分の本音を抑えて、過剰な気遣いや、うわべの付き合いを続けると、コミュニケーション能力に悪影響があることが推測されます。

・基本的信頼感
基本的信頼感とは、この世の中に存在してOK、他人から無条件に愛されている、私は信頼されているという感覚を意味します。愛されているという感覚に近いかもしれません。下図のグラフは「感情労働と基本的信頼感」の関連について調べたものです。

こちらもコミュニケーション能力と同じく、「本音で話す傾向がある」方が高いですね。自分の本心を隠して接すると、周りから愛されていると感じることが少なくなってしまうのです。もし、他人の期待に応えないと信頼されないのでは・・・と不安を感じている方は、時には本音で周囲と接してみると良いでしょう。

・感情労働と対人的信頼感
続いて、対人的信頼との関連もこの研究では調査されています。対人的信頼は、「周囲に対する信頼感」のことを意味します。さて、感情労働とどれだけ関連が見られるでしょうか。


やはり本音で接する傾向がある方がグラフが高くなっています。特に「うわべ群」と比べると「1」以上も差が出ていることが分かります。本音で接した方が「他人を信頼しやすくなる」と考えることができるでしょう。

この研究から自分の本音を隠して、過剰に相手に合わせることは逆効果であることが分かります。もちろん、相手の気持ちを考えて行動することは大切ですが、感情労働になりすぎないように注意する必要があります。

ストレスへの影響を理解!

このように感情労働はうつ病を発症したり、眠れなくなったり、他人を信頼できなくなったりと精神的にも肉体的にも、悪影響が出てしまいます。

ストレスによる影響を把握することで、感情労働を予防することにもつながりますので、しっかりと知識と備えておきましょう。

次回は、感情労働への対策「笑顔2割法」を解説していきます。

★ ネガティブ感情労働は「無条件の肯定」で解決!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

感情労働とは?対策-概観
簡易診断とチェック
ストレスによる影響
④「笑顔2割法」とは

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

感情労働としての看護労働が職業性ストレスに及ぼす影響 片山 はるみ 山陽学園大学看護学部看護学科 2010 日本衞生學雜誌 65
松永(2008)現代青年の 友人関係 に 関する研究 Kurume University Psychological Researeh 2eO8,No .7,77−86
荻野ら(2004)対人援助職における感情労働がバーンアウトおよびストレスに与える影響 The Japanese Journal of Psychology , Vol. 75, No. 4, 371-377