ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
ビジネスコラム >
決断力を高める方法「決断納期法」②

公開日: 更新日:

決断力を高める方法「決断納期法」②

当コラムでは、決断力を高める方法について解説しています。全体の目次は以下の通りです。

①決断力を高める概観
②決断納期法で即決
③ベターな決断で対処
④スモールステップ決断法

今回は、「決断納期法」について解説していきます。

期限と決断力

決断力が無い人

決断力がない人は、期限を設定しない傾向にあります。なんとなく目標を設定し、なんとなく行動するので、1週間、2週間、気が付けば、1か月が過ぎている…なんてこともあるかもしれません。

利益を生みそうなビジネスがあってもだらだらと先延ばしをしてしまい、チャンスを失う方もいます。

決断力がある人

一方で決断力がある人は、期限をしっかり決めていきます。契約はいつまでにする、納期はいつまでにする、このようにしっかり期限を明確にして宣言をすることで、決断するべき環境を積極的に作っていくのです。

 

決断に期限を定めよう

そこで決断力が低い方は以下の4つのステップを意識してみてください。

①選択を絞る

選択肢が多いほど迷いが生じてしまうため、始めに選択の絞り込みを行います。非現実的のものやマイナス面が多いは早めに削ってしまいましょう。

 

②決断に期限を決める

「2分以内に答えを出す」や「明日までに決める」など、締め切りを作るようにしましょう。時間をかけて迷ってしまうことが決断力低下の原因です。

効率よく決断できるように期限を設けて、自分にプレッシャーをかけるのです。

 

③迷ってても実行!

期限のある決断でとりあえず決めたとしても、まだ迷っている部分が心のどこかであると思います。しかし、それはごく普通の状態です。迷ったままでいいので行動したから判断するクセを付けるのです。

 

④後悔はご不要!

行動を起こしても、すべてが思い通りに結果になるとは限りません。しかし、即決をしたことで、これまでと比べると大幅に時間が余ったと実感することができるでしょう。

その時間でいくらでも軌道修正できるはずです。

決断力をつける

練習問題にチャレンジ

それではここで、練習問題に挑戦してみましょう。

次のような状況で、4つのステップで早く決断してみましょう。頭の中でイメージしてみてくださいね。

練習問題①

あなたの状況
・ランチタイムでメニューに迷う
・ギリギリの時間まで迷ってしまう
・仕事に戻るのに遅れてしまいそう
・すぐに決断したいと考えている

①選択をしぼる

②決断に期限を決める

③迷ってても実行!

④後悔はご不要!

 

↓解答例

①選択をしぼる
→お腹が減ったので、パンじゃ足りなそう…ラーメンかパスタにしよう

②決断に期限を決める
→ラーメンかパスタ…あと2分以内には決めよう!

③迷ってても実行!
→悩むところだが、今日はパスタで!!

④後悔はご不要!
→ラーメンでもよかったかも、まぁ明日食べてみればいいか。

 

練習問題②

あなたの状況
・職場には好みの異性がいる
・勇気が出ず、想いを伝えれない
・いつも顔を合わせてはいる
・相手は10日後に合コンに行く

①選択をしぼる

②決断に期限を決める

③迷ってても実行!

④後悔はご不要!

 

↓解答例

①選択をしぼる
→合コンの結果を待ってから…いや絶対合コン前じゃないとダメだ
仕事帰りに喫茶店で告白をしよう!

②決断に期限を決める
→遅くても5日後までに告白する

③迷ってても実行!
→でも、もし断られたら…いや誘うだけ誘ってみよう!
「○○さん、よかったらお伝えしたことがあります
 少しだけ喫茶店でお話しませんか?」

④後悔はご不要!
告白成功
→早めに決断してよかった!これからの関係を大事にしよう
告白失敗
→まずは行動した自分を褒めよう。やっぱり少し落ち込むけど、
また新しい恋が始められる。

 

決断力は自信から生まれる

まとめ

いかがだったでしょうか?スムーズに決断できましたか?「期限を設定」すると、行動する理由が生まれ、同じ選択をぐるぐる繰り返すことが無くなります。

もし迷いがあっても、期限を守り、とりあえず実行すれば何らかの結果が得られます。そこから、また次の決断を下していけば良いのです。

お知らせ

もし公認心理師など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・あがり症の改善
・説得理論の基礎
・プレゼン練習
・交渉スキル

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています(^^)

社会人講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→