ホーム >
コミュニケーション知恵袋 >
ビジネスコラム >
論理的思考のトレーニング,帰納法,演繹法

公開日: 更新日:

論理的思考のトレーニング,帰納法,演繹法

論理的思考コラム①では、超初級編として論理的思考の基本について概観していきました。目次は以下の通りです。

超初級(コラム1)
・論理の3つの要素
・徹底的に結論先行を癖に
・根拠の集め方

初級(コラム2)
・ロジックツリーを作る
・MICEを意識する
・小見出しをつける

中級(コラム3)
・主語と述語を絞る
・帰納法を理解

今回は、中級編として「論理的な話し方の技術」について解説していきます。

①主語・述語を絞る

主語・述語が大きいと…

論理的に話すには、できる限り主語と述語を絞っていく行く必要があります。例えば、

・アメリカ人は
・日本人は
・女は

とビックワードを使うと、論理が破城しやすくなります。なぜなら、「日本人はみんな謙虚だ」といっても、すべての日本人が謙虚であるとは言えないからです。

日本人の中でも、「謙虚な人」もいれば「図々しい人」もいます。このように、主語が大きすぎると論理的思考が取りにくくなってしまうのです。一方で、

・トランプ大統領は
・川島達史は
・お姉さんは

という感じで絞りを利かせると論理的思考ができます。主語が具体的であれば、論理の破綻が起きにくく理にかなった主張をしやすくなるのです。

主語・述語を絞る法は動画でも解説しています。チャンネル登録をして下さると励みになります!

 

主語・述語を絞る練習

それでは、主語・述語を絞る練習問題にチャレンジしてみましょう。以下のフレーズをより論理的なものに変換してみてください。

1.中国人はよくしゃべる

2.機械は苦手だ

3.勉強はしたくない

 

解答例

1.中国人はよくしゃべる
⇒友達の陳さんはよくしゃべる

2.機械は苦手だ
⇒パソコン操作が苦手だ

3.勉強はしたくない
⇒数学の勉強はしたくない

ロジックツリーで論理的思考を鍛える

②帰納法(きのうほう)

帰納法の意味とは

ビジネスの世界では論理的思考のテクニックが様々あります。その中でも特に有名なのが「帰納法」です。帰納法とは、以下のような意味になります。

推理・思考の手続きの一つ。個々の具体的な事柄から普遍的な法則を見つけ出そうとする論理的推論。

例えば、

事柄①父は老いた
事柄②母も老いた
事柄③兄も老いた
結論:人間は老いる

といったように個々の事柄から一般的な事象に展開していく思考法になります。

帰納法の練習問題

それでは、帰納法の練習問題にチャレンジしてみましょう。以下の主張を帰納法で行ってみてください。

1.機械には電源が必要だ

2.スポーツはメンタル面が鍵だ

3.ビジネスの命は信頼だ

 

解答例

1.機械には電源が必要だ

事柄①スマホには電源が必要
事柄②テレビには電源が必要
事柄③冷蔵庫には電源が必要
結論:機械には電源が必要だ

2.スポーツはメンタル面が鍵だ

事柄①メッシはW杯で緊張し無得点
事柄②卓球で集中力を切らして敗北
事柄③一流選手はメンタル強化を重視
結論:スポーツはメンタル面が鍵だ

3.ビジネスの命は信頼だ

事柄①マックは異物混入で客激減
事柄②芸能人は不倫でCM契約解除
事柄③ミスでクライアントとの契約解除
結論:ビジネスの命は信頼だ

③演繹法(えんえきほう)

演繹法の意味とは

演繹法も帰納法と並んで論理的思考の有名なテクニックの1つです。演繹法とは、以下のような技術になります。

一般的・普遍的な前提から、より個別的・特殊的な結論を得る論理的推論。

例えば、

大前提:生物は老いる
小前提:私は生物である
結論:つまり私は老いる

といったように、一般的な前提から個々の問題に適応する思考法になります。

演繹法の練習問題

それでは、演繹法の練習問題にチャレンジしてみましょう。以下の主張を演繹法で行ってみてください。

1.スマホには電源が必要だ

2.卓球はメンタルが重要だ

3.飲食店は異物混入で信用を失う

 

解答例

1.スマホには電源が必要だ

大前提:機械には電源が必要だ
小前提:スマホは機械である
結論:スマホには電源が必要だ

2.卓球はメンタルが重要だ

大前提:スポーツはメンタル面が鍵だ
小前提:卓球はスポーツだ
結論:卓球はメンタルが重要だ

3.飲食店の命は信頼だ

大前提:ビジネスは信頼が命だ
小前提:飲食店はビジネスだ
結論:飲食店の命は信頼だ

論理的思考でまとめる

まとめ+お知らせ

まとめ

論理的思考をトレーニングするには、言葉に注意したり、思考法を身に着けることが大切です。主語を絞ることで、より反論をされくい主張をすることができます。

また、帰納法や演繹法を活用することで「論理=結論+根拠」の公式を簡単に満たすことができます。ぜひご紹介した実践して、論理的思考を鍛えてみてくださいね。

お知らせ

もし公認心理師など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・あがり症の改善
・説得理論の基礎
・プレゼン練習
・交渉スキル

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。是非お待ちしています(^^)

社会人講座

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→