>
>
>

論理的思考 根拠を示す!資料準備!3つのコツを知ろう

論理的思考 根拠を示す


論理的思考を鍛えるコツ!根拠を強める資料準備④

論理的思考力は根拠を示す

コラム③では、論理的思考力を鍛えるための整理の仕方を紹介しました。ロジックツリーという方法を使うことで、モレなくまとめることができるということでしたね。今回は、論理的思考をするための3つ目の方法「根拠を示す!資料準備」についてお伝えしたいと思います。

論理的思考には根拠と結論が必要

論理的思考には「結論+根拠」

皆さんは「企画が通らない」「営業実績につながらない」といった経験はありませんか。それは、根拠の質が悪いことが原因かもしれません。根拠の質が悪いと、発言の信頼性が薄れてしまい成果を得ることができません。

論理は「結論+(強い)根拠」です。根拠を強くすることは、決して難しい事ではありません。コツを知り実践する事で身に付いていきますよ。

①鉄の掟!根拠は数字化しよう

まず鉄則として、数字化できる根拠を示す癖をつけましょう。数字がない根拠は、主観的な説明となりやすく、説得するには弱い根拠となります。根拠を示す場合は数字化されているか?チェックしましょう。

練習問題
以下の質問に対して数字を含めながら30秒以内で根拠を示すようにしてください。なお、あくまで練習なので、数字は正確でなく、架空の数字でOkです。

ⅰ お勧めのダイエット法はありますか?
ⅱ 今後、介護業界は成長しそうでしょうか?
ⅲ 男性と女性現在どちらが幸福感が高いでしょうか?
ⅳ 人工知能の発展によって、飲食店はどのような影響を受けるでしょうか?

 

シンキングタイム・・・

 

解答例(*数字や学会は架空です)
ⅰ お勧めのダイエット方はありますか?
タンメンダイエットがおすすめです。厚生労働省の調査ではタンメンは1人前で300カロリーしかありません。野菜をたっぷりおいしく食べることができるので、健康に痩せることができます。日本栄養学会の調査でも、タンメンの栄養バランスは最も優れていると発表されています。

ⅱ 今後、介護業界は成長しそうでしょうか?
かなり成長すると考えています。2050年には日本は高齢化率30%を突破すると言われています。重要なのは、その問題に対応するために、介護補助製品が多数生み出され世界中に輸出できる点です。予測するように、介護ロボットを製造する〇〇社の株価は、毎年20%程度上昇し続けています。

ⅲ 男性と女性現在どちらが幸福感が高いでしょうか?
女性です。WHOの調査では、2018年現在の幸福度は世界的に見て女性の方が1.2倍ほど高いという統計結果が出ています。世界的に女性の権利が向上していることが1因として考えられます。

ⅳ 人工知能の発展によって飲食店はどのような影響を受けるでしょうか?

オートメーション化により、単純作業が減ると考えられます。人工知能AI学会所属、山下教授はオートメーション化の実験をすでに行っており、ハンバーガーの機会を作成しています。その結果、80%程度の満足度を獲得できるハンバーガーの作成に成功しています。

②根拠の「強さ」を意識しよう

根拠を示す場合はその発信元が非常に重要になります。まずは1級のソースを優先して、ない場合は下のレベルの資料を探していくことがおすすめです。もちろん内容によって1級かどうかは変動がありますが原則としては以下のように考えると良いでしょう。

・・・・・1級・・・・・
国の統計データ 世界統計
権威ある学会の数値化された論文
公的な機関の発表データ(会社四季報など)
主観が排除された客観的なデータ

・・・・・2級・・・・・
民間のマーケティングデータ 
成功している経営者の発言の引用
権威ある学会の学者の発言の引用
新聞のデータ 学術書 自社のPL、BSデータ

・・・・・3級・・・・・
紀要論文 母集団が少ない統計 
一般書籍 ビジネス雑誌 
ネットアンケート
上司や社長の発言

・・・・・4級・・・・・
自分の主観 友人の発言
身近なエピソードなど
ネットの噂話 テレビ

③事例を加えてわかりやすくしよう

根拠を示す際は、1級から揃えていくのが原則ですが、実は4級でも思わぬ効果を発揮することがあります。1級の資料の弱点は、データとして複雑であったり、数字が苦手な人にはうまく伝えることができません。

そこで可能であれば、1級+4級という形で組み合わせで説明を入れていくとわかりやすい根拠を創ることができます。例えば、お勧めのダイエット方はありますか?という問いに対して下記のように+の根拠を示すと良いでしょう。

解答例(*数字や学会は架空です)
ⅰ お勧めのダイエット方はありますか?
タンメンダイエットがおすすめです。厚生労働省の調査ではタンメンはカロリーが1人前で300しかありません。野菜をたっぷりおいしく食べることができるので、健康に痩せることができます。日本栄養学会の調査でも、タンメンの栄養バランスは最も優れていると発表されています。

+例えば(4級の根拠追加)
私の友人の金沢君は、もともと95キロもありました。尿蛋白も出ていて、かなり危機的だったのですが、食べることが好きすぎて、10種類ぐらいのダイエットを試してもずっと痩せられませんでした。しかし、タンメンダイエットは満腹感が得られるため、食べること好きの金沢君も20キロの減量に成功しました!結構いい男になってしまって、ちょっと悔しいっです。

 

こんな感じで、根拠の組み合わせもOkです。柔軟に作成してみてくださいね。

論理的思考を鍛えよう

 

根拠を強化で論理的思考を鍛える!

以上で強い根拠を創るコラムは一端一区切りとします。根拠を集める作業は本当に地道に調べていく必要があります。ただし、調べれば調べるほど、あなたの主張は確かなものになります。議論が強い方ほど強い根拠を持っているものです。ぜひ自分が関わるビジネスの分野においてはコツコツ情報を集めてみてくださいね。

次回は、論理的思考コラムの最後です。これまでのおさらいをしていきましょう。

★論理的思考力は根拠も大事!仮説やデータの活用法を鍛えよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく、実践的に練習をもっとしたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしているコミュニケーション講座となります。

社会人講座



3つのコツを実践しよう