>
>
>
論理的思考の基本!

論理的思考の基本!「MECE」で漏れなくダブりなく整理しよう⑥

コラム⑤では、論理的思考を鍛えるための「フェルミ推定」をご紹介しました。問題解決への手がかりを見つけて推測する力をトレーニングしてみてくださいね。今回は、論理的思考を身につけるの5つ目の方法「MECE」について解説していきます。

論理的思考に欠かせない「MECE」とは

論理的思考では漏れなくダブりなく整理することが大切です。情報を不備があると相手に間違った伝わり方してしまうことがあります。そこで活用できるのが「MECE」(ミーシー、またはミッシー)の考え方です。MECEは「Mutually Exclusive and Collectively Exhaustive」の略で、直訳で「お互いにダブりなく、全体に漏れがない」となります。

それぞれの意味としては、以下の通りです。

Mutually(お互いに)
Exclusive(ダブりなく)
Collectively(全体に)
Exhaustive(漏れがない)

抜け漏れやダブりを極力おさえることが論理的思考においては基本となります。MECEはフレームワークとして考えられがちですが、実際には「考え方」のこと意味します。

MECEの例と使用方法

①MECEである場合とそうでない場合

1.漏れがある例
例えば、スタバの強みを4つに分類する時、「コーヒーの品質、メニューの豊富さ、独自のフード、立地の良さ」と分けたとしてます。しかし、この分類ではスタバの売りである、「雰囲気」「接客」が漏れているためMECEとは言えません。

2.ダブりがある例
そして「コーヒーの品質、メニューの豊富さ、独自のフード、立地の良さ」のうち、「コーヒーの品質、メニューの豊富さ、独自のフード」は同じような属性なので、ダブりが生じています。

3.漏れなくダブりなくの例
以上の2点を改善すると、「品質の良さ、接客態度、デザイン性、立地」の4つ分類ことができます。漏れなくダブりない状態なのでMECEとなります。

②トップダウンアプローチ
実際に漏れなく、ダブりなく情報を整理するための1つの方向性として、大きな分類を細かくしていくやり方があります。これをトップダウンアプローチと言います。例えば、「文房具」を分類する際には、

1.書く/描くことに関係する文房具
2.書く/描くことに関係しない文房具

この2つのカテゴリーにまずは分けることができます。次に、それぞれの項目についてさらに分類していきましょう。

1.書く/描くことに関係する文房具
 1-1.直接的に関係する文房具
 1-2.間接的に関係する文房具

2.書く/描くことに関係しない文房具
 2-1.切る/削る
 2-2.接着する
 2-3.その他

このように1つの大きな要素をより具体的なカテゴリーに分類する方法がトップダウンアプローチになります。ただ、電卓といったどのカテゴリーにも分類で文房具も存在するため、「その他」という項目を加えて漏れのない分類にしてきます。

③ボトムアップアプローチ
MECEを行う2つ目の方向性としてはボトムアップアプローチというものがあります。これは先ほどの逆で、具体的な要素を大きな1つのカテゴリーに分類する方法です。例えば、「ダンベル、まな板、スコップ、縄跳び、肥料、お皿」を分類する時、用途別に分けてみましょう。

1.運動用具・・・ダンベル、縄跳び
2.園芸用具・・・スコップ、肥料
3.キッチン用具・・・まな板、お皿

ポイントはそれぞれの要素に対して共通点を見つけることです。一見、結びつきが薄そうな場合でも、似通った部分は確実に存在します。共通点を1つ見いだすことができれば、そこで1つのカテゴリーを作ることができるため分類もスムーズに行うことができます。

論理的思考を鍛えるMECEの練習問題

それでは、先ほどの具体例と使用法を踏まえて、練習問題で理解を深めていきましょう!以下の例題を分類していきましょう。

例題
「人工知能によって変わるビジネスの状況」を4つに分類しましょう。

 

 

解答例

NG例
・事務作業の効率化
・労力の削減
・GDPの増大
・IT化の促進
*カテゴリの大きさは不均一になっているので上記はいまいちです。事務作業と、労力の削減は同じような属性なのでダブりも生じています。

OK例
・事務作業の効率化
・失業者の増加
・文化的活動,余暇の増大
・ベーシックインカムの実現

このように分類することができます。あくまで一例ですが。

MECEで論理的思考を育てよう!

練習問題はいかがでしたでしょうか?漏れなくダブりなく情報をまとめることができると、論理的思考が活性化して「伝える力」も増えていきます。ご紹介した2つの方向性からMECEに分類することを意識していきましょう。

始めは情報が漏れもダブりも起こってしまうと思いますが、普段から意識して使うことで自然とMECEに考えることができるようになりますよ。論理的思考を鍛える上でも要の部分となりますので、ぜひビジネスシーンや日常生活で実践してみてください。。

専門家を尋ねてみよう

最後に、これまで「論理的思考」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!論理的思考は仕事で必須のスキルです。

身に付ける事で「営業で成約が取れない」「プレゼンで相手にうまく伝わらない」といった仕事での問題を解決してくれるでしょう。また、日常生活でも活かせる機会が多く、あなたの人生を充実させてくれるスキルと言っても過言ではありません。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★論理的思考の基本はMECE!漏れなくダブりなく整理しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく、実践的に練習をもっとしたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしているコミュニケーション講座となります。

社会人講座