>
>
>
ロジカルシンキング高める「フェルミ推定」

ロジカルシンキング高める「フェルミ推定」⑤

コラム④では、ロジカルシンキングを鍛えるため「強い根拠を探すコツ」をご紹介しました。主観的な情報ではなく、より客観的なデータを集めることが大切でした。今回は、ロジカルシンキングを身につけるの4つ目の方法「フェルミ推定」についてお伝えしたいと思います。

ロジカルシンキングと「フェルミ推定」

ロジカルシンキングを高めるためには、物事を推定する力を身に付けることが大切です。例えば、グーグルの面接試験では、「スクールバスの中にゴルフボールが何個入るか?」という質問もあったりします。

このような、実際に調査するのは困難で掴みようのない量を短時間で推測する方法として「フェルミ推定」というものがあります。これは、考えられるいくつかの手がかり元に論理的に数値を推測していく方法です。

ノーベル物理学賞を受賞したエリンコ・フェルミがこのような概算が得意だったことからフェルミ推定と名付けれたとされています。

ロジカルシンキングができてきるかどうかを測るために近年、面接でも出題されるようになりました。つまり、フェルミ推定は、答えよりもそこに至るまでの過程、考え方のプロセスが大切になるのです。

フェルミ推定の3つのポイント

フェルミ推定でロジカルシンキングを行うためには、3つのポイントがあります。それぞれ解説していきましょう。

1.手かがりを考える
フェルミ推定をする場面では、必ずしもインターネットや書籍などで必要な情報を調べられるとは限りません。例えば、面接や会議などで予想外の質問が来た時には、自分の頭でロジカルシンキングして推定していく必要があります。

例えば、「日本にある郵便ポストの数は?」と問われた時、まずはその手かがりを考えることがポイントになります。この場合、「日本の面積」や「郵便ポストの面積」などが前提条件や手がかりとして挙げられます。もちろん、それ以外にも様々ありますが、どの切り口から考えていくかを自分なり検討して、論理立てて答えを割り出していく必要があります。

2.数字を仮定する
先ほどの「日本にある郵便ポストの数は?」という質問に正確に答えるためには、手がかりに関する数字的な知識が必要となります。日本の面積が約38万km2であることは少なくとも知っておく必要があります。

しかし、日本のポストの数を割り出すのに必要な情報を最初からすべて知っている人は皆無であることがほとんどです。そこで、日本の面積38万km2のうち、3/4を山地、1/4を平地 など数字を仮定するのです。さらに、山地のうち無人地帯を1/3と有人地帯を2/3…といった具合に人口のある地域=ポストがあるという考えのもとに答えにまつわる数字を割り出していきます。ロジカルシンキングでは、手元にない情報は仮定していくことが大切になります。

3.推定の過程を論理立てて伝える
そうして、導き出した推定をロジカルシンキングを用いて、論理的に相手に伝えることが大切です。ここで、理論となるのが先ほど仮定した数字になります。例えば、「人口のある日本の面積」などです。こうした仮定に基づいて思考のプロセスを相手に伝えることで論理的に伝えることができます。

フェルミ推定のロジカルシンキング具体例

フェルミ推定の代表的な例としては、「アメリカのシカゴにはピアノの調律師が何人いるか?」を推定する問題が挙げられます。フェルミが実際に、シカゴ大学の学生に対して出題したと問題とされています。では、どのようにロジカルシンキングを使って推測していけばよいでしょうか?

フェルミ推定は以下のような流れで行います。

 1.シカゴの人口を300万人と仮定する
 2.シカゴでは、1世帯あたりの人数が平均3人とする
 3.10世帯に1台、ピアノを有している世帯があると考える
 4.ピアノ1台に対して調律は平均1年に1回行うとする
 5.調律師は1日に3台のピアノを調律すると考える
 6.週休二日と考え、調律師は年に約250日労働すると考える

これらの仮定を用いて、以下のように推論していきます。

シカゴの世帯数は、300万÷3=100万世帯ほど
シカゴでのピアノの総数は、100万÷10=10万台ほど
ピアノの調律は、年間に10万件ほど行う
1人のピアノの調律師は年間に250×3=750台ほどを調律する
よって、調律師の人数は10万÷750=130人ほどと推定できる

繰り返しになりますが、フェルミ推定で重要なポイントは、どんな「手がかりが考えられるか」です。この例では、シカゴの人口を手がかりにして、そこらかピアノ台数まで推定していますね。ロジカルシンキングでは、ある現象の「原因」となっているものを的確に抑えることが大切です。

手がかりを正確に把握することができれば、一見、見当もつかないような問題でもおおよその数値を割り出すことができます。

フェルミ推定の練習問題!

それでは、実際にフェルミ推定にチャレンジして、ロジカルシンキングを鍛えていきましょう!以下の問題について推定してみてください。

問題

「世界中で今この瞬間にトイレにいる人の人数は?」

 

解答例

1.世界中の人のトイレの平均時間を3分と考えます。
2.1日にトイレに行く回数を5回とします。
3.1日は24時間
4.世界の人口は70億人

これらの数字から概算すると、

世界中の人が1日にトイレに行く時間は3分×5回=15分ほど
1日の中でトイレにいる割合は24時間÷15分=1/96程度
世界中で今現在、トイレにいる人数は70億人÷96=7290万人ほどと推定できます。

フェルミ推定でロジカルシンキング!

さて、少し難しい解説が続きましたが「フェルミ推定」についてご理解いただけたでしょうか?最初は練習問題が解けなくても気にする必要はありません。算数は一般的な知識を身に付けておくことで、答えへの道筋が立てやすくなります。少しづつトレーニングしてみてくださいね。

物事のおおよその数値を概算できるようになると、ロジカルシンキングの能力が飛躍的に上がります。また、自分の考えを相手に伝える能力も高まりますので、ぜひ様々な問題にチャレンジして地頭を付けていきましょう。

次回は、ロジカルシンキングを身につける方法の5つ目「MECE」についてご紹介します。

★ロジカルシンキングで推定する力を身に付けよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく、実践的に練習をもっとしたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしているコミュニケーション講座となります。

社会人講座



フェルミ推定で論理的に考えよう