>
>
>

説得力ある話し方を!2つの説得術を使おう

説得力


説得力のある話し方を身に付ける!2つの説得術-ステップ⑦

段階的説得と譲歩的説得

コラム⑥では、説得力のある話し方を紹介してきました。メリットにデメリットを程よく伝えることがポイントでしたね。

今回は説得力ある話し方をするための「2つの説得術」をご紹介します。

 

説得には2種類ある

2つの説得術で説得力を伸ばす説得の段階には2つの方法が挙げられます。

1つ目は段階的説得です。
段階的説得とは、最初に小さな依頼をしておいて、徐々に自分が意図する要望に近づけて説得する方法です。フットインザドア法と呼ばれることもあります。訪問営業の方がまずは訪問先のドアに1歩だけ入っていくイメージからこのように呼ばれています。

2つ目は譲歩的説得です。
まず断られることを前提に、大きな依頼を持ちかけます。次に目的となる要望を出し、承諾を得るよう説得する方法です。相手は最初の大きな依頼を断ることで、「要請に応じることができなくて悪いな~」と思います。そして、次の依頼では「前の依頼を断っちゃたから、今度は断れないな」と思わせることで説得する方法です。

基本は「段階的説得」で説得を

説得する時は、基本的に段階的説得をおすすめします。なぜなら、段階的説得は小さな要求から説得するため導入がしやすいからです。一方で、譲歩的説得は相手を追い込んで説得するため、人間関係を悪くしてしまう可能性があります。

そのため、相手の性格や考え方、状況からよく見極めて使う必要があります。そのため講座では段階的説得を中心に練習をして説得力を伸ばしています。

「段階的説得」で説得するには?

説得力を伸ばそう段階的説得で説得するには、具体的にどのように使っていくと良いのでしょうか?

意外と社会では段階的説得で説得する場面にあふれています。例えば、体験講座・体験割引・試供品・お試し期間・無料説明会・1巻だけ公開されたWEB漫画等々挙げればきりがありません。

もし皆さんが提案するものでお試しができるものがあれば、ぜひ段階的説得で説得することを心がけてみましょう♪

ちなみに相手をデートに誘うときも使っていました(笑)。今度1時間ぐらいでいいので軽くお話ししませんか?気軽に行けるお茶屋さんがあったのですが、今度夕方少しだけ一緒に行ってもらえませんか?という形で相手の負担にならない程度のデートに誘っていたことを思い出します。日常生活でもぜひ使ってみてくださいね。

今回は、段階的説得と譲歩的説得の2種類の説得術を紹介してきました。次回は説得力コラムの最後です。説得力が高くなる状況について心理学視点で考えていきます。

★2種類の説得術がある。使い分けて説得力を伸ばそう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

社会人講座



段階的説得で説得をしよう