>
>
>
スピーチの基本構成!「1点突破法」でインパクト

スピーチの基本構成!「1点突破法」でインパクトを残そう②

コラム①ではスピーチがうまくいかない、3つの原因とその解決策をあげました。解決策は、「①あがりとうまく付き合う」「②スピーチの基本構成を覚える」「③話し方・見せ方を工夫する」というものでしたね。今回は、スピーチの基本構成の1つ「1点突破法」について考えていきたいと思います。

脳裏に焼き付くスピーチ戦略

1点突破法とは、「最大の理由を1つ決め、キャッチーな言葉を使って言及する」方法です。理由を1つに絞ることで、主張に力が入り、情熱的かつインパクトのあるスピーチになります。マニュアル感も少なく、人間味を与えながら話すことができる方法です。

具体的には、5W1Hをつかって話しのベースを作り、理由にキャッチコピーを考えていきます。根拠を1つ絞る方法なので、話しの内容を広げるのが難しいのが玉にキズですが、相手の脳裏に焼き付くインパクトを残したい場合に最適な構成です。

1点突破法の具体例で理解を深めよう

では、1点突破法の具体例を元に解説していきます。今回は「モンスターパレード」を題名にしてスピーチについて考えていきます。

①ひっとつ

「疲れたおじさんに最適!モンスターパレード」

②ツカンで

皆さん!ゲーム課金してますか?もししているというダメ人間の方がいたら、これからお勧めするモンスターパレードがおすすめです。

③話して

5W

  • 2年前(時間)
  • YAHOOゲーム(きっかけ)
  • モンスターを集める(内容

(まずは話の土台を創る)

最大理由

このゲームの1番の売りは・・・ズバリ「絶妙なつまらなさ」です!
基本動作モンスターを選択するだけ 消費カロリー1 
反射神経ゼロ  おもしろくない課金ゼロ でもまったり楽しめる!

④主題

「疲れたおっさんに最適!モンスターパレード」

(最後に主題をもう一度話して終了)

以上のように、まずは自分が興味をもったきっかけや時期など話し、そこからキャッチーな理由につなげていきます。できれば自分は体験したことの方が、ベースの話が作りやすいです。体験談を交えてスピーチしていきましょう!

今回は文字上なのでモンスターパレードをディスっているように見えますが、実際は愛情をたっぷりに話していますので結構聞いてくれている方は笑ってくれました。

実践しよう!インパクトのあるスピーチを

それでは、実際に1点突破法を使ってスピーチを作成してみましょう。スピーチを構成してみてください。

①ひっとつ

「           」

②ツカンで

 

③話して

5W



(まずは話の土台を創る)

最大理由

引きこもりの1番の強みは・・・ズバリ「       」
その理由⇒

④主題

「           」

(最後に主題をもう一度話して終了)

 

解答例

①ひっとつ

「引きこもりは最強のライフスキル」

②ツカンで

皆さん!活発に引きこもってますか?実は、パーリーピーポーのような生き方は、長期的には人生を狂わせるかもしれません。積極的に引きこもりましょう!

③話して

5W

・私は幼い頃からインドア派だった
・それを否定されつづけてきた
・2年前に起業という目標を持った途端、
引きこもりは最強だと気づいてしまった…

(まずは話の土台を創る)

最大理由

引きこもりの1番の強みは・・・ズバリ「孤独であることです」
その理由⇒チームでは、いい斬新なアイデアが浮かんでも内向的なタイプなので、それを伝えることができません。また、斬新すぎるアイデアにはリスクがあるので、集団にもみ消されてしまうことが多いです。また、遊びの誘いも少ないので仕事に集中して取り組むことができます。まさに最強!

④主題

「引きこもりは最強のライフスキル」

(最後に主題をもう一度話して終了)

1点突破法で相手をくぎづけに

スピーチの基本構成「1点突破法」についていかがでしたか。根拠を1つに絞ることで、インパクトのあるスピーチをすることができます。最大の理由がキャッチー魅力的であればあるほど、相手をくぎ付けにすることができますよ。

また、自分の体験談には自然と情熱が乗ってきます。強引に気持ちを込めて行うスピーチする必要は、ぎこちなさが聴衆に伝わります。一方で、自然とこみ上げてくる感情は、聴衆に共感をもたらします。根拠を絞り、自分が素直に感じたことや思ったことを交えてスピーチしていきましょう!

次回は、スピーチのコツの3つ目「あがり症の克服」についてお伝えします。

★1点突破法でインパクトのある魅力的なスピーチを

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく、コミュニケーション講座でスピーチを練習したい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

社会人講座

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→