>
>
>

スピーチのコツ!上手な話し方になる3つの方法

スピーチ,コツ


スピーチのコツ!上手な話し方になる3つの方法を専門家が解説⑤

スピーチのコツを確認しよう!

コラム④では、スピーチのコツの1つ「話し方・見せ方を工夫する」についてご紹介しました。聞き手に話しかけるように意識することが大切でした。

今回は、スピーチコラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう!

コラム①では、スピーチに苦手意識を持つ3つの原因をあげて説明しました。

・心理的な問題
・話の構成がNG
・姿勢や表情など印象が悪い

スピーチに苦手意識があると、大勢の場を楽しめずストレスに感じてしまったり、そんな自分に自信が持てなくなってしまいます。

まずは簡単なセルフチェックテストで確認してみましょう。自分のスピーチの苦手レベルと苦手傾向を診断できますので、まだの方はぜひトライしてみてくださいね!3つのコツで魅力的なスピーチを

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法としてスピーチのコツをご紹介しました。

1:「あがり」とうまく付き合う
スピーチが苦手な人の原因の1つ目「心理的な問題」の対処法です。スピーチ時のあがり、緊張や不安は無理に無くそうとするのではなく、上手に付き合っていくことが大切でしたね。

・積極的思考
・話すことに集中

の2つをスピーチ時に心掛けることで、心理的な問題である緊張や不安に対処できるというものでしたね。コラム②の練習問題でスピーチのイメージを持ちながら、緊張やあがりと上手く付き合いながら心理的な問題を克服していきましょう。

2:スピーチの基本構成を覚える
スピーチが苦手な人の2つ目の原因「話の構成」についての対処法として基本構成を作り方をお伝えしました。スピーチ内容を考える上では、ひっとつ!つかんで!話して!決める!が大切でした。コラム③の例文なども参考にして、日頃から自分の考えや主張を簡潔でわかりやすく表現する練習や、まずは書き出して構成を考える習慣をつけていきましょう。

3:非言語8つのチェックポイント
スピーチが苦手な人の3つ目の原因「話し方・見せ方」についての対処法です。改善できる、基本のポイントをコラム④で8つお伝えしました。
・大きな声でハキハキ話す
・落ち着いてゆっくり話す
・言葉と言葉「間」を大切にする
・抑揚をつけてメリハリを意識する
・自然な笑顔を作る
・聞き手と視線を合わせる
・姿勢を良くする
・身振り・手振りを上手く使う

以上8つのポイントをひとつひとつチェックしながら、自分のスピーチを客観的に見て練習を積み重ねていきましょう。

スピーチの苦手意識を克服

実践!スピーチ下手を克服しよう!

当コラムでは、スピーチ下手や苦手意識で悩んでいる方に、その解決策や克服方法を解説してきました。ご紹介した改善・解決方法を実践していく中で、3つの原因によるスピーチへの苦手意識がだんだんと解消されてくるはずです!

スピーチ力が身に付けられると、人前で話すこと、自分を表現することがどんどん楽しくなってきます。そして、スピーチという自己表現によって自分の持つ力を惜しみなく発揮することができれば、それは大きな自信となり、あらゆる自己実現にも繋がっていくことでしょう。

まずはご紹介したコツやポイントを実践してみてくださいね。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「スピーチコラム」にお付き合いしていただき、本当にありがとうございました!スピーチの面白さ、奥深さを知って、これからの毎日や人生をより豊かなものにしていってくださいね!

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たちが開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★スピーチのコツを実践して苦手意識を克服しよう



まずは実践してみよう