>
>
>
仕事いきたくない原因と克服法を解説

仕事いきたくない原因と克服法!職場のストレスを減らそう⑤

仕事いきたくない!を克服しよう

今回は、「仕事いきたくない」コラムの最終回です。これまでご紹介してきた、「仕事いきなくない」と感じる原因や克服法のまとめをお伝えします。コラム①では、「仕事いきなくない」と感じる原因についてご紹介しました。

・ストレスに上手く対処できない
・人間関係がスムーズでない

・悩みを打ち明けられる人がいない

職場でストレスを抱え込みすぎると、メンタルへルス不調にもつながりかねません。しっかり対処することを心がける必要があります。まずは、セルフチェックで今の心の状態を確認しておきましょう。まだの方はコラム①をチェックしてくださいね。

コラム②③④では、3つの原因の具体的な対処法をご紹介しました。

1:ストレスコーピングを習得する

仕事いきたくない原因の1つ目「ストレスに上手く対処できない」を改善する方法をコラム②でご紹介しました。ストレス理論には4つのフェーズがあり、ストレスのもとであるストレッサーを適切に対処することをストレスコーピングと呼びます。ストレスを和らげためには、問題解決・情動解決コーピングの2つが重要です。様々な面からアプローチしてストレスを和らげるように意識しましょう。

2:プラスのストロークを心がけよう

仕事いきたくない原因の2つ目「人間関係がスムーズでない」の対処法をコラム③でご紹介しました。ストロークは、お互いに気持ちがポジティブになる効果があるためうまく使うことで人間関係を良好にすることができます。ストロークの特徴を理解したら、ご紹介した5つのポイントを日常で取り入れることで、プラスのストロークを行っていきましょう。

3:支援サービスを活用する

仕事いきたくない原因の3つ目「悩みを相談できる人がいない」の対処法をコラム④で紹介しました。企業でも「メンタルヘルス対策」を取り組んでいる会社も多くなりました。特に

「ストレスチェック制度」
「EAP(従業員支援プログラム」
「労働基準監督署」
「労働組合」

これらの制度を状況に応じて活用することを視野に入れましょう。ストレスフルな状況、身体が重い、仕事いきたくない時は産業医などの診察やカウンセリング支援を是非活用していきましょう。

仕事いきたくない時はSOSを!

みなさんが仕事いきたくないと感じた時、その状況を自分一人で抱え込んでそのままにしておくと、ストレスが日に日に増していきます。

いずれ何事にもやる気が起きなかったり、体調を崩してしまう可能性があります。うつ病などの心の病気になることもあります。症状が深刻になる前に適切なストレスコーピングの実践や専門機関などの相談を利用して仕事の悩みを解消しましょう。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「仕事いきたくない」コラムを読んでいただきありがとうございました。

専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。

コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★仕事が辛い気持ちはひとりで抱えこまず相談や適切な対処を



職場のストレスに対処しよう