>
>
>
コミュニケーション能力UPにはオウム返し

コミュニケーション能力向上は傾聴トレーニングで!要約のオウム返し④

前回のコミュニケーション能力-傾聴③では、オウム返し4種類のスキルから「言い換えのオウム返し」を紹介しました。コミュニケーション能力をグンと伸ばすことができる重要なスキルですから、しっかりトレーニングを積んで習得を目指していきましょう。

4回目は、オウム返し4つ目のスキル「要約のオウム返し」を解説します。

コミュニケーション能力を伸ばす要約のオウム返しについて解説

要約のオウム返しとは

要約のオウム返しは、相手の発言を要約して返す方法です。

例えば、

「カフェで仕事をすると、音楽や人の話が心地よいしWIHIや電源も使えてとても便利なんだよね。会社より仕事がはかどるような気がするよ。」

要約のオウム返しをするとこんな感じです。

「カフェは作業環境が良くて、居心地がいいから仕事が進むんだね。」

要約のオウム返しのポイントは

・事実
・感情
・言い換え

を交えて、相手の発話を3割程度に要約して返すとバランスが良くなります。

要約のオウム返しは、「言い換えのオウム返し」も使うコミュニケーション能力のため、難易度は少し高めですが相手の話が長い時に使える、便利なスキルです。

要約のオウム返しの効果・メリット

要約のオウム返しは、何度使ってもOK!会話が自然なため違和感が出ません。

また、ある程度要約して返しているだけですが、とても親身になってコミュニケーションしている印象になるため、大変使えるコミュニケーション能力といえます。

コミュニケーション能力を伸ばす要約するオウム返し

要約でコミュニケーション能力UP!

要約のオウム返しの例を見ていきましょう。

仕事の場面
「昨日は接待の飲み会でとても疲れたよ。普段より頑張って飲んだせいか今日はお酒が残ってるんだよなー。今日はすぐにでも帰りたいよ~」
     ↓
「気をつかって疲れすぎて、ゆっくりしたいんだね~」

デートの場面
「今日はとても楽しかったね。サーカスは子供の頃以来だったけど、大人になってから見ても興奮するね。特に空中ブランコは、時々目を隠しながらみてしまったよ。」
   ↓
「うんうん!見ごたえがあって楽しかったね!空中ブランコは確かにハラハラしたね。」

友達との場面
「明日、気になっていた女性と会うんだけど、すごくドキドキしてる。楽しみなんだけど、緊張するぅ!!」
    ↓
「気になる女性と会うから楽しみなんだね。なぜか、普段通りに行かないしドキドキしちゃうよね。」

要約のオウム返しの例は、いかがですか。「事実+感情+言い換え」をポイントに、組み立ててみてくださいね。

実践!要約のオウム返しをトレーニング

例文をチェックしてイメージは膨らみましたか。ここで、要約のオウム返しを練習してみましょう。

練習問題
次の文章を、要約のオウム返しで返してみましょう。

「昨日はお客さんがあまり来なかったから、とても暇だったね。最近来客数がいまいちだから、不安だな…今日はどうかな。」

「英会話教室に通い始めたんだけど、ネイティブの先生はやっぱり緊張するな。普段なら言えることも頭が真っ白になって何も言えなくなるんだー。まずは、外国人の先生に慣れることからスタートかなーと思ってる」

「来月、沖縄旅行に行くんだ。ここ数年忙しくて、ゆっくりすることが無かったから自分へのご褒美のつもり。スキューバーダイビングをしたり、沖縄料理を食べてのんびり過ごしたいと思っている。楽しみだわー」

 

 

考えてみましょう・・・

 

 

解答例
「昨日はお客さんがあまり来なかったから、とても暇だったね。最近来客数がいまいちだから、不安だな…今日はどうかな。」
   ↓
「お客さんの数が減っていて、今日も少ないのでは…と心配なんですね。」

 

「英会話教室に通い始めたんだけど、ネイティブの先生はやっぱりドキドキするな。普段なら言えることも頭が真っ白になって何も言えなくなるんだー。まずは、先生に慣れることからスタートかなーと思ってる」
   ↓
「英会話の勉強を始めたんですね。外国人の先生への緊張をほぐすことがスタート!確かにそうだね。」

 

「来月、沖縄旅行に行くんだ。ここ数年忙しくて、ゆっくりすることが無かったから自分へのご褒美のつもり。スキューバーダイビングをしたり、沖縄料理を食べてのんびり過ごしたいと思っている。楽しみー」
   ↓
「来月、沖縄に行くのが楽しみなんですね。がんばった自分への特別な旅行!いいですね!!」

練習問題でコミュニケーション能力を高める

注意点!繰り返しの練習が必須

会話づくりを助けてくれる「要約のオウム返し」は、言い換えのオウム返しも交えながら使うコミュニケーション能力のため、4つのオウム返しの中でも難易度は高めです。

そのため、言葉選びにセンスが無いと、違和感のあるオウム返しになってしまうこともあります…。

要約のオウム返しは
1000回以上の練習が必須!

繰り返しの練習が無いと身につかないコミュニケーション能力でが、捉え方をかえれば、練習さえ積めば身につくスキルともいえます。日常生活に取り入れながら習得を目指していきましょう!

次は、「コミュニケーション能力が高い人を目指す!信頼を得る傾聴スキル⑤」です。引き続き傾聴力をUPさせていきましょう。



じっくり練習をして習得を目指そう