>
>
>
コミュニケーション能力UP!5Wを知ろう

コミュニケーション能力-発話②5W発話法

コミュニケーション能力-発話①では、発話スキルの重要性をソーシャルスキルの研究結果をもとに解説しました。また、発話でやってはいけない3つの禁止もお伝えしましたね。ご紹介した内容を基礎に、これからの具体的なトレーニングを積んでいきましょう。

今回は「5W 発話法」です。発話にボリュームを持たせてコミュニケーション能力を伸ばしていきましょう!

発話のボリュームを出してコミュニケーション能力を伸ばそう

5W 発話法とは?

5W 発話法とは、5Wで話の土台を作る発話法です。発話が短文になってしまう!何を話せばいいのかわからない…という方に、おすすめのコミュニケーション能力です。

5wとは、次の5つの項目を基礎に会話を作っていきます。

・時間(When)
・人(Who)
・場所(Where)
・きかっけ(Why)
・特徴(What)

5Wは「時間・人・場所・きかっけ・特徴」です。何度も何度も唱えて、暗記してくださいね。

5W発話法でコミュニケーション能力を高める例えば会話の相手に「旅行の思い出はありますか?」と質問されたとします。結論を端的に伝えると

「白浜です・・・」

となります。NGではないですが、ちょっと寂しい会話になってしまいますよね。5W発話法で情報を出してみると

時間(When)
→夏休みに

人(Who)
 →気の合う友達と

場所(Where)
→白浜の民宿

きっかけ(Why)
→ 小さい頃の記憶があって行きたくなった

特徴(What)
→静かでとにかくリラックスできる

こんな感じでしょうか。

「白浜の民宿に泊まったことが思い出に残っています。小さい頃に行った記憶があって行ってみたかったのです。静かでとにかくリラックスできたのが良かったですね!」

5W 発話法の効果・メリット

5w発話法は、5つの項目を整理するだけで、相手の質問に沿った情報を出すことができ会話にボリュームを出すことができます。発話が、短文になってしまう!という悩みの対処法として使えます。

また、会話の土台になるため「何を話していいのかわからない…」という、会話に苦手意識がある方のコミュニケーション能力UPにも活用できます。

会話の土台「5W発話法」の例!コミュニケーション能力UP

会話の土台となる5w発話法の例を、雑談の場面でよくでてくる質問から見ていきましょう。

例1
「どこに住んでいますか?」

結論
「私は浦安市に住んでいます」

When(時間) 1年ほど前から
Who(人)  1人暮らし
Where(場所) 東京から30分ほど、海もちかい
Why(きっかけ) TDLが近くていつでも行ける
What(特徴)  町がきれいでゆったり。少しリゾート風

「私は、1年ほどまえから1人浦安市に一人暮らしをしています。東京から30分程のゆったりとした街ですよ。なにより、大好きなTDLが近いのが嬉しいですー」

例2
「休日は何をしますか?」

結論
「図書館で試験勉強をしている」

When(時間) 秋の試験に向けて
Who(人)  1人で
Where(場所) 自宅から徒歩5分
Why(きっかけ) テスト仲間に教えてもらった
What(特徴)  学習室がとても静かで人も少なめ

「私は、今年の秋に受験する試験に向けて、図書館で勉強をしています。自宅から徒歩5分と近くて、学習室も比較的空いて静かなのがいいですよ」

5Wすべてを入れる必要はありませんが、いずれか3つほど入れるのがおススメです。上手に取り入れてコミュニケーション能力を伸ばしていきましょう。コミュニケーション能力を伸ばすコツ

実践!5W発話法でコミュニケーション能力UP

ここからは、練習問題に取り組んでみましょう。次の質問に5W発話法で回答してみてください。項目は3つ以上入っていればOKです。

質問1
「お仕事(好きな科目)は何ですか?」

質問2
「趣味は何ですか?」

質問3
「好きな食べ物は何ですか?」

 

 

慣れてきたら項目を増やして文章を作ってみてくださいね。

より実践的に!5W会話法+α

5W発話法は、発話の土台として欠かせないコミュニケーション能力ですが、内容が寂しくなることがあります。慣れてきたらもう少しボリュームを出せるようにいろいろな発話スキルと組み合わせて使うといいでしょう。

5W発話法は
発話スキルとコラボが必須!

5W発話法に慣れてきたら、プラスαの情報を他の発話スキルと組み合わせて作っていきましょう。実際の場面でより使いやすいスキルになっていくと思います!

次回は、コミュニケーション能力-発話③「感情発話法」を解説します。お楽しみに!



5つの項目で会話の土台を作ろう