>
>
>
コミュニケーション能力をネタ帳で伸ばす

コミュニケーション能力-発話⑧ネタ帳で話題を準備

コミュニケーション能力-発話⑦では、「強調言葉くっつけ法」をご紹介しました。伝えたい感情に強調言葉をプラスすることで、気持ちをより明確にするスキルでしたね。

上手に取り入れて、コミュニケーション能力を伸ばしていきましょう!

今回は「ネタ帳で話題を準備」について解説していきます。

ネタ帳はコミュニケーション能力UPに必須!

これまで発話に関する具体的なスキルをご紹介してきましたが、今回は話す内容「話題」についてです。

会話ではある程度自分の持ちネタを用意しておくことも、社会人であれば最低限のマナーといえるかもしれませんね。コミュニケーション能力-発話①でご紹介した、禁止事項「質問待ち」の対策にもなります。

話題は、その場ではなかなか見つからないものです特に、会話や発話に苦手意識がある方なら、事前準備をしておくと安心ですね。

コミュニケーション能力をネタ帳で伸ばす

ネタ帳とは?作る手順やコツ

ネタ帳と聞くと、地味な印象がありますがその「話題を作ろうとする努力」がコミュニケーション能力を伸ばすうえで、とても大切です。

ネタ帳はA4ノートやブログなど、自分が書きやすいツールを使ってください。

まずは、「交通、住所、出身、旅行、スポーツ、音楽、本、・・・など」全部で20個くらいを目安に、相手との親密度に応じて800文字程度で書き込みます。

書き込みは、会話や文章に苦手意識あるかないかで随分スピードが変わるため、最初は少し大変だと思いますが、慣れるまでは頑張って行きましょう!コミュニケーション能力を少しづつ伸ばそう

ネタ帳の書き込み!3つの手順

ネタ帳への書き込みは、3つの手順で進めていきましょう。

1:声がけ
最初は声がけです。声がけとは、自分から話すときの初めの一言です。会話が途切れた時に使えます。

例えば

・少し聞いてもらっていいですか?
・そうそう、こないだの話・・・
・最近気になるんだけど…
・話変えちゃうけどいいかな?
・話少しもどるけど…
・そういえばさー

などです。声がけを用意しておくと、精神的に楽に話せるようになると思います。

自分にとっての会話の入り口言葉だと思って、いくつか気に入ったフレーズを用意して、使い分けるのがおすすめです。

2:切り出し
つぎに「when、Who、where what」で話の概要をざっくりと説明しましょう。

これは、目次のような役割で「切り出し」と呼んでいます。話す内容によっては、不要な場合項目もあります。状況に応じて省略しながら使っていきましょう。

3:メイン部分
最後は、話題のメインを話します。可能であれば、箇条書きと文章を分けて書くのがおすすめです。慣れてきたら箇条書きだけでもOKですよ。

入門としては「思い出に残ったのは?」「面白かったのは?」「びっくりしたことは?」「印象にのこったのは?」いずれかから自分に合いそうなテーマで考えてみましょう。もちろん別の表現でもOKです。3つの手順でコミュニケーション能力UPを 1:声がけ
→「そういえばー」

2:切り出し(when Who where what)
→「昨日、会社の○○ちゃんと有名な焼肉店に行ってきたよ。随分前から約束していたからやっとって感じだった」

3:メイン部分
*思い出に残ったのは?
*面白かったのは?
*びっくりしたことは?
*印象にのこったのは?
→4つの質問から「印象に残ったのは」を選択しました。

○店員さんのサービス
→お肉はもちろん、店員さんのレベルの高さ。有名人が気に入っていくのがよくわかった。高級なお肉がさらにおいしくなるくらいのおもてなしだったよ。入店した時から、帰宅するまで、気配りのあるサービスがとても心地よかったね。

○お肉の質
→ご褒美でしか行けないくらいの価格だったけど、口の中で溶ける感じや程よい食感は、他店では味わえなったなー。お肉そのものが美味しいから、味付けは塩でも十分いけたよ。

○木目調のカウンター
焼肉店らしくない、木目調のカウンターもあって、お寿司屋さんみたいでとてもおどろいた。希望があれば焼いて出してもらうこともできるんだって…贅沢な感じがしていいよね。

イメージできましたか。

手順は

1:声がけ
2:切り出し(when Who where what)
3:メイン部分

でまとめていきましょう。

コミュニケーション能力は練習で伸ばそう

コミュニケーション能力を伸ばすポイントと注意点

練習問題はできましたか。ネタ帳ができたら、次は実践です。自分で一人ネタを話すのもOK、繰り返し行うことで会話の基礎力がついてきます。

可能なら、ポスターや写真に向かって話しかけてみてくださいね。バカバカしいと感じるかもしれませんが、効果的なトレーニングになります。

練習を取り組む中で、うまく話せない部分が出てくると思います。その点については文章をブラッシュアップして練習を重ねてくださいね。

コミュニケーショ能力は練習あるのみ!

大変地味な練習となりますが、必ず武器になります。自分のためだと思って、コツコツ積み上げてくださいね。日々の小さな積み重ねが、きっとあなたのコミュニケーション能力を伸ばしてくれます。