>
>
>
承認欲求をなくす方法「自分の本音を確認する」

承認欲求をなくす方法「自分の本音を確認する」③

コラム②では、強い承認欲求の問題を解消する方法として「自分への肯定的ストロークを増やす」ご紹介しました。自分自身に無条件の肯定的ストロークをおくって気持ちを楽にしていきましょうね。

今回は、強い承認欲求の問題を解消する2つ目「自分の意見を大切にする」を解説します。

他人軸から自分軸へ

承認欲求が強い人は、他人に認められることを基準にしているため自分の本音がわからないという人が多いことがわかっています。

まずは、小塩 (2001)が青年を対象に質問紙評価で行った研究を見ていきましょう。この研究では、自己愛傾向と自尊感情が友人関係にどのように影響するかについて調べています。ここでは、承認欲求を賞賛欲求として見ていきます。

賞賛欲求、自己像の不安定性と日常の自尊感情変動性の関係

賞賛欲求、自己像の不安定性と日常の自尊感情変動性の関係(小塩,2001一部改変)

結果は「賞賛欲求」が「自己像の不安定性」にそして日常の自尊感情変動性に正の影響を与えることが示されています。

つまり

・賞賛欲求≒承認欲求が強い人は、
 自分であるという感覚の不安定性が強い。

・不安定性が強い人は、
 ありのままで自分には価値があるという感覚も不安定である。

ということです。

他人の意見を基準にしている人は、自分の意見や感覚が不安定になるというのも当然ですよね。 

仕事や学業、プライベートにいたるまで他人軸の目標設定は設定できます。目標はモチベーションのひとつにもなるので悪いことではありません。しかし、本音を置き去りにして他人を基準で行動すると、いつまでも承認欲求を満たすことができません。

例えば

・SNSで“いいね”が欲しいから海外旅行に行く
⇒本音:本当は国内旅行がすき

・賢いと思われたいからTOICEで高得点を目指す
⇒本音:本当は英語に興味がないし、勉強は苦痛

・すごいと思われたいから評判の会社、部活に入る
⇒本音:本当は好きな事が別にある

このような状態では、マズローの欲求階層説の承認欲求段階から抜け出すことができないのはもちろん、ストレスも抱えることになってしまいます。

まずは自分の本音を確認することで、強い承認欲求を解消していきましょう。

隠れた本音を見つけた大学生の事例

自分の本音を確認するワークでは、以下の3つの質問に答えていくことで自分の本音を確認します。

質問1:他人を気にせずやっていて楽しいことは何ですか? 

質問2:質問1で挙げたことのどんなところが好きですか? 

質問3:質問1で挙げたことで一番好きなものは何ですか?その好きなものやことの要素をどんどん挙げてみてください。 

他人を気にせずやっていることについて、どんどん掘り下げていく感じですね。

本音を知って強い承認欲求を緩和しようそれでは自分の本音を確認することができた、大学生Aさんの事例を見ていきましょう。

<大学生Aさんのプロフィール>
・本当は自分のしたいことがわからない
・良い結果が出なければ面白くない
・他人の評価に左右されてしんどさを感じている

Aさんは、承認欲求が強く自分が本当に好きなことややりたいことがわかりませんでした。そこで、自分の本音を確認するワークをやってみました。

 

質問1:他人を気にせずやっていて楽しいことは何ですか? 

Aさん: 映画を見ること。

質問2:どんな動画や映画がすきですか? 

Aさん:SFや宇宙のはなし。 

質問3:一番すきな好きな映画のタイトルは何ですか?その好きな映画の好きな作品の要素をどんどん挙げてみてください。 

Aさん: タイトルは○○○。UFOや宇宙人の研究をしている科学者がどんどん自分の興味にしたがって苦難を乗り越えたり、問題を解決していく。自分の信念に従って生きる主人公がかっこいい。

Aさんは、自分の本音を確認するワークを通じて、 

・自分の信念に従って生きることに憧れを持っている 

・宇宙などの未知なものを見ていると楽しい、わくわくする

以上のことがわかりました。

他人を気にせずやっていることの中に自分の本音が隠れています。自分の本音を自分で確認して強い承認欲求を緩めましょう。

実践!自分の本音を確認しよう

それでは、以下の3つの質問に答えていくことで自分の本音を確認してみましょう。

質問1:他人を気にせずやっていて楽しいことは何ですか? 

 

質問2:質問1で挙げたことのどんなところが好きですか? 

 

質問3:質問1で挙げたことで一番好きなものは何ですか?その好きなものやことの要素をどんどん挙げてみてください。 

 

 

本音を知ることで強い承認欲求を緩めよう

強い承認欲求を緩めよう

自分の本音を知る練習問題ははいかがでしたか?

強い承認欲求を感じている人は、根底にある自分の本音を確認することをクセにしてみましょう。自分自身の本音を確認することで他人に合わせすぎていることを修正することができますよ。

これまで他人の意見を中心にしてきた人は、難しく感じるかもしれませんが、事例を参考にしてすこしずつ自分の本音を確認してみてくださいね。

次のコラムでは、強い承認欲求の問題を解消する3つ目「自分の意見を大切にする」について解説します。お楽しみに!

★自分の本音を確認して承認欲求を解消!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

心理学講座

*出典・参考文献
尾原和啓(2017)モチベーション革命 稼ぐために働きたくない世代の解体書 (NewsPicks Book)
小塩真司. (2001). 自己愛傾向が自己像の不安定性, 自尊感情のレベルおよび変動性に及ぼす影響. 性格心理学研究, 10(1), 35-44.