>
>
>
見捨てられ不安を克服する「脱中心化」

見捨てられ不安と上手く付き合う「限界設定」とは⑤

コラム①では、見捨てられ不安について概観していきました。コラム⑤からは克服方法についてより深く解説しています。軽くおさらいすると、「①脱中心化」「②限界設定」「③複数のコミュニティに所属」でしたね。

今回は、②限界設定について解説していきます。

限界設定とは?

限界設定とは「自分には、ここまではできるけど、ここから先はできない」という区切りの部分になります。この部分を明確にすると、見捨てられ不安に巻き込まれずを発揮することはできるので、過剰適応になることはありません。

ここで、見捨てられ不安を克服する限界設定の4ステップをご紹介していきます。

①まずは気がつく
見捨てられ不安に抱えるほとんどの方は、不安に対して無意識なことがあります。その結果、知らず知らずの間に愛情の確認行動などに走ってしまいます。

対処法としては「あっ、いま見捨てられ不安が出てきたな・・・」と注意を向けることからはじめましょう。特にメールの返信がない、時間がたっても連絡がない時に出やすい感情なので、人からの「拒絶」に対して過剰に不安を感じる場合は、見捨てられ不安を意識した方がかもしれません。

②確認しすぎない
見捨てられ不安を感じると、その不安を避けるために周囲の人に何度も確認をしたり、時には試してみたり、攻撃や敵意を向けることもあります。このように、急接近してしまうと警戒心を持たれてしまいます。

見捨てられ不安を回避する行動がかえって見捨てられ不安を強めてしまいます。特に夜に何度も電話したり、納得が行かないと何時間も長電話をしたり…他にも心身が危険にさらされるトラブルに繋がることもあるかもしれません。

人とちょうどいい距離が保てるように親しい人達とはかかわり方のルールを作っておくとよいでしょう。特に時間や、連絡の回数などは押さえておくべきポイントです。

自分を認めて孤独感を改善する

③自分で自分を認める
「自分が見捨てられる(た)のではないか」とネガティブに考えることで、自分を認めて受け入れることができない人が多いでしょう。自分の失敗や過ち、抱えている不安やマイナス面も含めて「自分はここにいていいんだ」と認めることが必要です。

④「子どもの自分」を認める
過ごし方や環境、愛着などから「もっと愛してほしかった」「愛情を受けていない」と感じることが見捨てられ不安を作り出します。「自分を一人にしないで!」という深層心理からの叫びです。

子どもの頃にタイムスリップして愛情を受け取ることはもうできませんが、「自分はこんな風に愛されたったんだな」「あの時のつらい気持ち、寂しい気持ちに似ているな」など自分の過去を認めてあげましょう。心の奥底にいる小さな自分を慰めてあげることも大切です。

見捨てられ不安を克服

今回は、見れてられ不安の4つのステップについてご紹介していきました。アクションを起こす上限を決めていれば、過剰になりすぎずバランスの取れた対応を行うことができます。また、自分で自分を認める、子どものことの自分を認めることで、他者承認が得られなくても大丈夫だと思えるようになります。

ぜび、自分の限界を設定してみてくださいね。

次回は、複数のコミュニティに所属について解説していきます。

★見捨てられ不安の対処には限界設定が大切!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①見捨てられ不安-概観
②愛着理論の関係性
③メンタルへルスへの影響
④「脱中心化」でマインドフルネス
⑤「限界設定」で冷静な対応
⑥「複数のコミュニティ」に所属

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献・参考文献
Hofmann, S. G., et al. (2010) The effect of mindfulness-based therapy on anxiety and depression: A meta-analytic review. Journal of Consulting and Clinical Psychology, 78, 169-183.
北川嘉野・武藤崇(2013)マインドフルネスの促進困難への対応方法とは何か. 心理臨床科学, 3(1), 41-51.
田中圭介・神村栄一・杉浦義典 (2013) 注意制御, マインドフルネス, 脱中心化が心配へ及ぼす影響. パーソナリティ研究, 22 (2), 108-116.