>
>
>
あがり症の克服方法-自己意識を改善⑦

あがり症の克服方法-自己意識を改善⑦

スポーツや演奏の本番というのは、必ず周りから評価される場面です。周りからの期待や評価を気にすることはプレッシャーとなり、あがりやすくなってしまいます。このようなあがり症と、周りの評価を気にする傾向には関係があることがわかっています。つまり、周りの評価を気にする傾向にある人は、あがりやすいということです。

今回は、周りの評価を気にしてあがってしまうことの対処法についてお伝えしたいと思います。

評価を過剰に気にする傾向

コラム④でもお伝えしましたが、「評価が伴うこと」というのは、あがりやすい大きな要因です。ここでもう一度おさらいです。

「自分が周りからどう見られているか」を気にする傾向は、公的自己意識といいます。公的自己意識の高さとあがり症の高さを調べた研究があります。

堤(2006)は、大学生131人を対象にアンケート調査をして、あがり症と公的自己意識との関連について調べています。下の表がその結果です。

この結果から、公的自己意識が高いと、あがりやすさも高くなるということが言えます。周りから自分がどう思われているのかを気にしている人ほど、あがり症の傾向が強いです。

あがり症改善のコツ私的自己意識とは

もう一つ、私的自己意識という言葉があります。

私的自己意識は自分の気持ちを振り返って、自分がどう振舞いたいかを重視します。

例えば、
自分行動の仕方に気をつけている
客観的に自分を見つめている
自分の心の動きに注意している

などの姿勢を言います。

あがり症対策には、この私的自己意識が大事になってきます。例えば、私的自己意識が高いとあがり症が低いという研究結果もあります。

同じく堤(2006)はあがり症と私的自己意識との関連も調べています。その結果、以下の表のようになりました。

つまり、私的自己意識が高いとあがり症が低いという結果になっているのです。この結果から、私的自己意識を高めていけばあがり症を軽減していけるということが考えられます。

私的自己意識を高めてあがり症を軽減

では、実際に私的自己意識を高める練習をしていきましょう。以下のあがり場面を想定して、公的自己意識から、私的自己意識に変えていきましょう。

問題
あなたは友人代表として結婚式のスピーチをすることになりました。50人を超える出席者の前で話さなくてはなりません。
この時、「公的自己意識」の考え方に対して、「私的自己意識」はどのように考えるでしょうか?

公的自己意識
⇒・スピーチで失敗したら笑い物になる
 ・友人に悪い印象を与えてしまう
 ・自分の振る舞いがおかしいのではないか

では、私的自己意識を考えてみましょう。
考えるときのコツとしては、自分の感情に目を向けて、“自分がどうありたいかです!

私的自己意識

⇒・
 ・
 ・

 

解答例

私的自己意識
⇒・心臓がドキドキしても慌てないようにしよう
 ・うまく話せなくても友人の良いところを話そう
 ・自分のスピーチに気持ちを集中させよう

公的自己意識が周りからの評価を気にしている一方、私的自己意識は周りの評価を気にしていないということがポイントです。周りの評価に関わらず、自分の感情を理解したり、どうありたいかを重視することが大事です!

私的自己意識を高めてあがり症に対処

周りの評価が気になってあがってしまうという人は、自分の感情に目を向けた私的自己意識を高めていきましょう。自分がどう振舞いたいかや、自分の気持ちに注意を払うことであがり症にとらわれることなく、パフォーマンスが発揮できます。

次回は森田療法の理論を使ったあがり症の対処法について解説をしていきます!

 

セロトニンを増やす

★周りの評価が気になる人は私的自己意識がカギ!

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①あがり症とは? ​
②あがり症になりやすい傾向とは?
③あがり症の生理的なメカニズム
④あがり症の心理学的な研究
⑤あがり症の無料診断
⑥克服方法「認知の歪み」を改善
⑦克服方法「自己意識」を改善
⑧克服方法「森田療法」を活用
⑨克服方法「段階的に不安を解消」
⑩克服方法リラックス上手であがりを改善
⑪あがり症の治療ー薬物療法
⑫あがり症の治療ー漢方

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

引用文献・参考文献
堤雅雄(2006)「あがり」現象と自己意識 –対人不安への予備的考察 島根大学教育学部紀要
40, 29-33