>
>
>
愛着障害とは何か?愛着形成の基礎心理②

愛着障害とは何か?生涯影響する心理②

愛着障害はコミュニケーション場面を回避する傾向に、大きな影響を与えます。現時点でコミュニケーションについて悩まれている方は、そのベースには愛着障害があるかもしれません。

愛着スタイルは生まれて間もない時期に形成されますが、それは生涯に渡って影響を及ぼすことが分かっています。対人不安や会話の苦手意識を克服したい方は、愛着障害について理解を深めることも大切です。

愛着研究の歴史

・ボウルビィの愛着理論

「愛着理論」は、元々はボウルビィという精神科医・精神分析家が提唱しました。ボウルビィは、戦争で被災した孤児と関わる中で、「泣いたときにあやしてもらう」「適切なタイミングでミルクをあげる」といったような母性的な養育と心身の健康的な発達が関係していることに気づきました。

母性的な養育の体験が欠けていると、子どもは気持ちをコントロールすることや適切に表現することが難しいといった情緒面の問題を現す傾向があり、成長の遅さや体調不良などの問題も見られることが多かったようです。

愛着関係は、適切に助けを求め、同時に依存しすぎない能力に近いことが分かっています。言い換えると、他人との距離感を大事にしながら、甘えるときは甘えられる感覚に近いと言えます。

幼児期における養育者との愛着形成に失敗すると、過剰に相手に依存をしたり、逆にすべてを自分で抱え込み、一切他人を信用しないなど、生涯影響すると言われています。

・Harlowの愛着形成‐動物実験

古典的に有名なHarlowの動物実験を紹介しましょう。Harlowはサルを対象に心理的な実験を行いました。

赤ん坊と母親を引き話す
まず、アカゲザルの赤ん坊を母親と生活させないようにして育成を始めます。昔こういったひどい実験が結構行われていました(^^;そして、布の母ワイヤー母を2体用意し、ミルクを入れた哺乳瓶を取り付けます。

愛着障害 原因
ワイヤー母に育てられたサル
ワイヤー母によって育てられたサルは、布の母に比べて、好奇心が育たず、
生き残ることが困難でした。

布の母に育てられたサル
ワイヤー母に育てられたサルは、好奇心が豊かに育ったと言われています。ただし、大人になってから愛着障害に近い症状が見られました。その後、布の母だけでなく、仲間との交流をする機会を増やしたところ、かなり社会性が改善されました。

このように、霊長類のように社会を創る動物は生まれた時から外界との心地よい接触を求め、それが生育上重要な役割を果たすということが示唆されます。

幼いころにしっかり「抱っこをする」「暖かい声をかける」「スキンシップをしっかりする」「友達同士で遊ぶ」このような習慣をしっかりする必要があるのです。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

★愛着は人との関わり方のベース!理解を深めよう

目次

①症状や行動の癖を解説​
②愛着とは何か?
③「精神医学上の診断」
④子どもの保育・治療
⑤大人の愛着障害の治療
⑥愛着障害の簡易診断!

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・Bowlby, J. (1969), Attachment and loss, Vol. 1: Attachment. New York: Basic Books
・Bowlby, J. (1973). Attachment and loss: Vol. II: Separation, anxiety and anger. New York: Basic Books.
・INGE BRETHERTON(1992) THE ORIGINS OF ATTACHMENT THEORY:JOHN BOWLBY AND MARY AINSWORTH  Developmental Psychology , 28, 759-775.

・丹羽智美(2005) 青年期における親への愛着と環境移行期における適応過程 パーソナリティ研究 13 156-169 名古屋大学
・金政祐司・大坊郁夫(2003)青年期の愛着スタイルが親密な異性関係に及ぼす影響 大阪大学