>
>
>
対人恐怖症の原因「動物としての本能原始的感情」「他人の目が気になる」

対人恐怖症の原因「動物としての本能」「他人の目が気になる」②

コラム①では、対人恐怖症について概観していきました。全体像を把握して、人と会う不安を理解していきましょう。今回は、対人恐怖症の原因についてより深く解説していきます。

なぜ人が怖いのか?要因,研究

私たちはなぜ対人恐怖症になってしまうのでしょうか?①生物学的な見地、②他人の評価が気になる、③感情のコントロール感の欠如の3つの側面から研究を紹介します。

原因① 生物学的要因 回避する

そもそもこのやっかいな「恐怖」はなぜ起こるのでしょうか?実は恐怖はある意味でご先祖様が創り上げてきた生き延びるためのシステムなのです。グリーンバーグは恐怖心を頂いた時の動物の行動パターンを分けています。

・戦う
例)相手を倒そうと戦闘態勢に入る
・固まる
例)身を固くして守る 死んだふり
・逃げる
例)早い逃げ足を駆使して逃げる

という、3つに分けています。特に、「固まる」「逃げる」も恐怖を覚えるとよく選択しますよね。このように恐怖心とは、人間としてある種生き延びるために自然な反応と言えます。

恐怖心を感じるからこそ、私たちは危険を予測し、それに基づいた行動を立てることができます。私たちが人間関係に恐怖を頂き、逃げたくなったり、固まってしまうのは動物としての防衛反応なのですね。恐怖心とは今までの経験やできごとに基づいて学習をしていくもので、ある程度の「恐怖心」はとても大切なのです。

対人恐怖症の難しいところは、そういった防衛反応が現実の社会ではマイナスに働くことがあるということです。例えば、また以前は知らない人は戦争などによってお自分自身を傷つける可能があったので警戒することが役に立ちました。交通事故や、暴力的な行動に対して恐怖心を抱くのは明らかに自分の身を守ることに役立ちます。

しかし、現代社会では戦争もなくなり、暴力的に行動も一部はあるものの99%はまともな社会人です。そのような状態で「人が怖い」という感情によって、人がいる場所を避けていると社会生活が成り立たなくなってしまうのです。そのため対人恐怖症とはなんとかうまく付き合っていけるようになりたいものです。

原因② 心理的要因 他人からの評価が気になる

上地ら(2009)の研究では、対人恐怖症傾向と、相手にどう評価されるか?という評価懸念の関連が指摘されています。例えば飲み会で会話をするときに、

「この話題を話して正解なのかな?」
「いま僕の表情はおかしいだろうか?」

といったように、自分の振る舞いに疑惑を持つ傾向があるのです。絶えず相手の言動が気になってしまうのでとても疲れてしまいます。

*当コーナーは動画解説もあります。チャンネル登録をして下さると励みになります!

永井(1994)は全体的な対人恐怖の特徴について研究を行っています。具体的には「人に迷惑を与えてしまったらどうしよう」という気持ちから、過剰な緊張感を持っていると指摘しています。相手の目を意識するあまり精神的に疲弊してしまい引きこもりがちになってしまいます。

会話の内容がおかしくないか不安

対人恐怖が強い人は、常に周りの評価を気にする傾向にあります。

「馬鹿にされてはいけない」
「他人から変に思われていないか?」
「恥をかいてはいけない!」

特にこうした周りの目を気にしてしまう傾向を「自意識過剰」といったりしますが、心理学では自意識は以下の2つに分けられます。

1.公的自己意識
周囲からの評価に意識が集中すること指します。「公的自己意識」が高くなると対人恐怖を招きやすくなると考えられています。人の評価は「十人十色」で、世の中を生きていると、あなたのことを好きな人もいれば、嫌いな人もいるからです。バラバラな周囲の意見に一喜一憂していると、自分を素直に出せなくなり心理的にネガティブな影響を与えてしまいます。

2.私的自己意識
周りにどう見られるかよりも、「自分がどうしたいか」を大切にする自己意識です。人の意見に大きく左右されないため、公的自己意識よりもメンタル的に安定していると考えられています。もちろん過剰になりすぎると、一人よがりな印象を与えてしまいますが、対人恐怖な気質がある人は、私的自己意識に欠けている場合はが多いので意識して増やしていきましょう。

心理学の研究では、対人恐怖と「公的自己意識」の関係を調べた論文があります。堀井(2001)は高校生(256名)と大学生(271名)の男女に対して、対人恐怖傾向と公的自己意識に関する調査を行っています。

この論文では、「対人恐怖心性」と「公的自己意識」の関係について、男子と女子の群に分けて相関分析を行っています。その結果が下図となります。

男子、女子ともに、対人恐怖傾向が高いと公的自己意識も高いという結果が出ています。図の中にある数字は、相関係数と言われて、関連の強さを表します。.500以上の項目は心理学的に影響は比較的強いと考えます。(※相関関係をより深く知りたい方はコチラをご覧ください。)対人恐怖傾向と「他人の評価が気になる」という心性は関連があることがわかります。

原因③ 心理的要因 不安をコントロールできない

・SAD患者と大学生比較
社交不安障害(SAD)などの不安障害の方は、ネガティブな気持ちや身体の緊張があると、感情をコントロールできず、不安に飲み込まれやすくなると考えられています。

城月健太郎(2013)は、社交不安障害(SAD)患者14名と大学生251名に対し、不安のコントロール感に関する調査を行いました。結果は以下の通り。

大学生の方がグラフが伸び、SAD患者のグラフが低くなっていますね。健康的な大学生は不安に対して自分で制御できる感覚があり、SAD患者は不安をコントロールできない感覚があることを示しています。このように不安に飲まれてしまう状態が続くと、社交不安障害が改善が遅れしまうリスクがあるため注意が必要です。

対人恐怖症の原因に対処!

今回は対人恐怖症の原因についてより深く解説していきました。具体的には、「①回避行動」「②他人の評価を気にする」「③不安をコントロールできない」の3つでしたね。

対人恐怖症の場合、どうしても人と会う場面を回避しがちですが、少しずつで構いませんのでコミュニケーション場面に足を運ぶようにしましょう。そのうえで、他人の評価を気にしない、不安をコントロールを意識して成功体験を積むことで、克服できるようになります。

次回は、対人恐怖症傾向簡易診断をご紹介します。

★対人恐怖症の原因は「逃げる」「気にする」「不安になる」

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①対人恐怖症-概観
②対人恐怖症の原因
③簡易診断でチェック
④公的自己意識を和らげる
⑤認知の歪みを修正しよう
⑥「ほっとする思考」
⑦「スモールステップ」
⑧「森田療法」とは
⑨会話力UP「SST」とは

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
堀井俊章(2001) 青年期における自己意識と対人恐怖心性との関係 山形大学紀要12,4