>
>
>

フラストレーションは「他責」が原因!

フラストレーション,他責,イライラの対処法


フラストレーションは「他責」が原因!イライラの対処法②

フラストレーションの爆発に対処

コラム①では、フラストレーションが溜まる原因と解決策について述べました。フラストレーションの原因は、「①他人に原因を置いてしまう」「②衝動的になってしまう」「③言いたいことが言えない」の3つでしたね。今回は、1つ目のフラストレーションをためないコツ「柔軟な考え方を身に付ける」について詳しく述べていきます。

イライラと認知療法の関係とは?

フラストレーションが溜まる原因は様々な種類がありますが、一番大きいのが「他人に対してイライラする」パターンです。相手が遅刻した、取引先が納期を守らない、旦那が育児を手伝わない・・・多くのパターンで相手に対してイライラすることが多いのです。こうした場合は「認知療法」を用いることでフラストレーションを改善していくことができます。

認知療法とはベックやエリスという心理療法家が提唱した理論です。認知療法では“自分の捉え方のクセ”や信念に焦点を当て、それらを適切なものに修正することで問題への対処スキルをあげてゆく方法です。

他人に対してフラストレーションが溜まりやすい方は、その怒りの背景に、『他責的な考え』があり、物事の原因を相手に関連づけて考えてしまうのです。認知療法を元に考えると

「他責的な考え」「フラストレーション」

という図式が成り立つのです。認知療法ではこのような他責的な考えを「柔らかい考え」に改善するトレーニングを行います。練習問題を解きながら、実際に捉え方の癖を修正していきましょう。

柔らかい思考を手に入れる練習

ここで、他責的な考えを「柔らかい考え」に修正する練習問題に取り組んでいきます。フラストレーションをためない捉え方について考えてみてくださいね。

問題1
あなたは親友に誘われて、一緒にに行くことになった。友人は自分の興味のあるお店ばかりに行くので、なかなか自分の買いたいものが買えない。少し言いづらくて我慢している状態です。「他責的な人の考え」「柔らかい考え」の2通りを考えてみましょう。

他責的な思考

柔らかい思考


解答
→他責的な思考
自分のことしか考えてないなぁ…お互いの行きたいところに行くのが普通でしょ

→柔らかい思考

ショッピングでつい楽しくなってしまって、周りの人のことを考えられなくなってしまうこともあるなぁ。自分も積極的にあの店に行こう!と伝えてみよう。

問題2
夜、仕事が終わったときに「お疲れ様です」と上司にあいさつしたのに返してくれなかった。「他責的な人の考え」「柔らかい考え」の2通りを考えてみましょう。

他責的な思考

柔らかい思考


解答
→他責的な思考
挨拶もできないなんて社会人として失格だ!

→柔らかい思考
私の声が小さくて聞こえなかった? もしかしたら仕事のことで頭がいっぱいでこちらに注意が向かないかったのかもしれない。まずは私から挨拶を続けよう。

フラストレーションと他責は縁が深い

練習問題でフラストレーションをためない捉え方について考える事ができましたか?他責的な思考に気づいかないと、感情のままに相手を傷つけてしまうかもしれません。不快感から、疲れを感じたり、息苦しくなってくることもあるでしょう。

このように感情を客観視することは、自分のフラストレーションを開放することにつながり、うまく怒りと付き合うことができるようになります。せひ継続して身に付けてくださいね。

認知療法でフラストレーションに対処

フラストレーションをためないコツ「他責思考を柔らかく」について認知行動療法を用いて解説しました。まずは自分の捉え方を意識することから始めてみましょう。少しづつフラストレーションも解消しやすくなると思います。

次回は、フラストレーションをためないコツの2つ目「衝動的な感情に対処する」についてお伝えします。次回のフラストレーションコラムもお楽しみに!

★柔軟な考え方でフラストレーションが解消できる!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

 



他責の原因に対処