>
>
>

フラストレーションを溜めないコツ

フラストレーション,溜めない


フラストレーションを溜めないコツ「Ⅰメッセージ」を使おう④

フラストレーションと本音

コラム③では、フラストレーションをためないコツの2つ目「リラクゼーション法」についてご紹介しました。衝動的な怒りをを緩和させるテクニックとして深呼吸やタイミングをずらすことが大切でしたね。少しずつ身に付けてメッセージ考えてみてください。

今回は、フラストレーションをためないコツの3つ目「Iメッセージで上手く本音を伝ええる」について考えていきましょう。

「Iメッセージ」と「YOUメッセージ」

皆さんは、行きたくない飲み会やパーティーに参加してしまう、反対意見を言えないといったことはありませんか?上手く断れない人は、自分の気持ちをうまく伝えられずフラストレーションが溜まってしまう傾向があります。そこで今回は、心理学の「アサーション」という分野でよく使われるテクニックを使って自分の意見を主張する方法を学びましょう。

アサーションにおいて、断り方には2つのパターンがあるとされています。1つが「Iメッセージ」、もう1つは「YOUメッセージ」という方法です。

「Iメッセージ」

「Iメッセージ」のとは、自分の気持ちを相手に表現するときに「私は…」を主語にしたメッセージを考えるということです。「私は…」を主語にすることで、相手を尊重しながら、自分の感情を伝えることができるため、丁寧な印象になります。

「YOUメッセージ」

主語を相手にしてメッセージを考えるやり方です。断固として自分の立場を伝えたい場合に有効です。ただし人間関係にひびが入りやすいので原則としてはあまり使いません。

例:パートナーが家事を手伝ってくれない

例えば、あなたのパートナーが休みの日なのに全く手伝ってくれない。この時、それぞれ以下のような伝え方が考えられます。

「Iメッセージ」

最近家事と仕事で忙しくて・・・体調が悪くなってきてるんだ・・・

「YOUメッセージ」

あなたは休みなんだから少しは手伝ってよ

このよう伝え方の違いが出てくるでしょう。Iメッセージやわらかいとした言い方で、相手に察してもらうような言い方になります。YOUメッセージは強い表現で、相手の行動を変えようする強制力があります。基本的にはIメッセージからスタートして、それでも相手が聞かない場合は、YOUメッセージを使うという形で状況によって使い分けていくようにしましょう。

自分の意見を伝える練習!

それでは早速、練習問題をやってみましょう。ポイントは、主語を「あなたは」「私は」を意識して作成します。以下の問題を読んで、文章を考えてみてください。

練習問題1
あなたの友人は遊びにいく際に、毎回必ずと言っていいほど遅刻してきます。あなたはそろそろ注意したいと考えています。

・Iメッセージを使って柔らかく意見を伝えてみましょう。

 

・YOUメッセージを使って強く自己主張してみましょう。

解答例
・Iメッセージ
⇒私は毎回遊んでくれるのは嬉しいけど、待ち合わせに遅刻されると少し残念な気持ちになる

・YOUメッセージ
⇒(あなたは)待ち合わせ時間はしっかり守りなよ

この解答では、Iメッセージを使って、遊んでくれて嬉しいことを伝えた上で、遅刻されると残念という気持ちを表現しています。「私は・・・」を使って、ポジティブな感情とネガティブな感情を伝えることで丁寧な印象になります。YOUメッセージは上記のように強い表現になりやすいので、いざというときに使うイメージですね。

練習問題2
あなたの上司はミスが多いです。上司自身がミスをした時は「誰だって失敗はある」と水に流そうとするのですが、あなたがミスをしたときはどんなに小さなことでも強く叱られてしまいます。

・Iメッセージを柔らかく意見を伝えてみましょう。

 

・YOUメッセージを使って強く自己主張してみましょう。

 

解答例
・Iメッセージ
⇒私自身、至らないことが多くあり、改善していかなければならないと考えています。ただ、強く言われ続けると、少し辛いです・・・

・YOUメッセージ
⇒お言葉ですが、あなたもミスについては注意すべきです。さすがに回数が多すぎます。

この解答では、Iメッセージを使ってネガティブな柔らかく伝えています。「私のミス」を受け入れた後に、全体を含めることで、上司のミスについて言及していますね。YOUメッセージでは相手の行動を否定しているので強い表現になっています。

本音を伝えてフラストレーションを解消!

今回の練習問題では、Iメッセージをつかった角の立たない伝え方と、YOUメッセージでキッパリ自己主張する表現を考えていただきました。Iメッセージは、私たちが何気なく使っている表現なのですが、上手く本音を伝えるには改めて意識することが大切です。

また、柔らかく伝えても状況が変わらない時はYOUメッセージをお守り代わりに使うのもOKです。本当に困ったときはハッキリと自分の意見を伝えること重要です。

次回は、フラストレーションコラムのまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。一緒に確認していきましょう!

★フラストレーションを溜めない伝え方「Iメッセージ」を実践しよう!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座



Iメッセージでうまく断る