>
>
>
フラストレーションが限界!

フラストレーションが限界まで達したら3つ方法で解放しよう⑤

フラストレーションを正しく発散!

今回で「フラストレーション」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたフラストレーションが溜まる原因と対処法ついておさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。コラム①では、フラストレーションが溜まる、以下の3つをご紹介しました。

・他責思考
・衝動的に怒ってしまう
・言いたいことが言えない

このようにフラストレーションが溜まり、限界に達すると相手を否定したり、攻撃してしまいます。衝動に駆られて相手に怒りをぶつけてしまうと、人間関係を破壊する可能性が高いので適切にフラストレーションを解解放していく必要があります。また、身体的、心理的にもネガティブな影響が大きく、イライラした時は注意が必要でしたね。

適切に解放するための3つのコツ

コラム③④⑤では、フラストレーションが溜まる原因とその対処方法についてご紹介しました。

1. 他責な考えを和らげる
まず始めにフラストレーションが溜まる1つ目の原因「他人に原因を置いてしまう」の対処法を紹介しました。怒りが溜まった時に、他責な考えが強いと人間関係が険悪なムードになり、風通しの悪い空気が蔓延してしまいます。認知療法で、自分の“とらえ方のクセ”に気づき、柔軟な考え方を見つけていく方法がありました。

自分がどんな思考を持っているのかをまだ把握していない方はコラム②の他責思考の問題にチャレンジして柔らかい思考について考えてみてくださいね。

2. 深呼吸でタイミングをずらす
フラストレーションが溜まる2つ目の原因「衝動的に怒ってしまう」の対処法を紹介しました。

怒りが限界に達すると、自分を抑えられずに暴言、暴力を振るってしまうのことがあります。こうした衝動的な怒りは、人間関係で取り返しのつかない結果を招くことになりかねません。自信のなさや寂しさ、悲しさなどの気持ちを自分を守るための「怒り」にして表現していませんか?

コラム③では、衝動的な怒りに効果的な呼吸方法を3つご紹介しましたね。

・6秒だけこらえる(一呼吸入れる)
・タイミングを変える(腹式呼吸)
・怒ってしまった時の対処法

以上を大事にして衝動的な怒りとうまく付き合っていきましょう。

3:Iメッセージで本音を伝える
最後に、フラストレーションが溜まる3つ目の原因「言いたいことが言えない」を解決する方法として、コラム④でIメッセージをご紹介しました。コツとしては「私は…」を主語にした文章で表現することでしたね。

Iメッセージは、普段私たちが無意識に使っていまる伝え方ですが、柔らかく本音を伝えるためには改めて意識して使っていく必要があります。また、柔らかい表現で伝えても、事態が動かないときや本当に困ったときはYOUメッセージで伝えることも大切です。

フラストレーションを適切に解放しよう!

「フラストレーション」コラムでは、適切な解消方法や怒りとの付き合い方について解説してきました。フラストレーションが溜まった時のコミュニケーションは、誰もが悩むところです。

怒りは自分を守るためにも使えますが、同時に相手を攻撃する武器にもなります。特に限界まで溜まってしまった時は、攻撃的になりやすいです。うまく発散するのは難しいことですが、不可能でありません。“適切に”、自分の中にためず、“外に”出すことが大切です。

当コラムでお伝えした内容を参考に、適切に怒りに対処したり、本音を相手に伝えることで、お互いに尊重し合える人間関係や心地よい関係を構築していただけると嬉しく思います。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、「フラストレーション」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました。自分の状況に合わせて読み進めてくださったなら、嬉しく思います。また、実践していく中で少しでも肩の荷が下りたり、対人関係がスムーズになったと感じていただけたら幸いです。

まずは、ご紹介した技法や練習を参考に日常生活で実践してみてください。そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★フラストレーションを適切に解放して、よりよい人間関係を築こう!



3つの原因と対処法で発散!