>
>
>
不安神経症の原因と解決策のまとめ

不安神経症の原因と解決策のまとめ⑤

今回が不安神経症コラムの最終回です。ここまで4回のコラムでお伝えした内容をおさらいしていきます。一緒に確認しましょう。

不安神経症の問題・3つの原因

コラム①では、不安神経症の3つの原因をご紹介しました。

・破局的にとらえる
・不安のあまり一歩踏み出せない
・緊張が強い

不安神経症は、いつかかってもおかしくはないことを統計データからご紹介しましたね。

3つの原因を解決する具体的な方法

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1.認知行動療法の尺度活用法

不安神経症の原因の1つ目「破局的にとらえる」を解決するのに効果的な方法として認知行動療法の尺度活用法をご紹介しました。

尺度活用法は、自分の考えの極端さに気づき、現実的に状況を捉えなおす事ができる方法です。実践には3つのステップがありましたね。

・尺度と今の状況を書こう
・もっとひどいことを想像しよう
・今の状況を再評価してみよう

コラム②でご紹介した例題を参考にしながら、破局的な考えから冷静さを取り戻し、不安を解消していきましょう。

2:エクスポージャー法で一歩踏み出す

不安神経症の原因の2つ目「不安のあまり一歩踏み出せない」を解決するための対処法は、エクスポージャー法でしたね。不安が喚起される状況に身をさらすことで不安に慣れていき、一歩踏み出すための方法でした。コラム③では、3つの手順をお伝えしました。

手順1:不安階層表を作ろう①
手順2:不安階層表を作ろう②
手順3:段階的に実行していこう

エクスポージャー法は、不安のあまり一歩踏み出せない方におすすめの解決方法です。課題がクリアできたら、大いに自分を褒めることがポイントでしたね。

3:リラクセーションで緊張を緩和

不安神経症の原因の3つ目「緊張が強い」を解消する方法として、リラクセーションのひとつである漸進的筋弛緩法をコラム④でご紹介しました。手順は次の3つでしたね。

・まず60~70%の力を入れてから抜く
・10秒力を入れて10秒抜く
・手と腕、肩、顔をそれぞれ2回ずつ行う

漸進的筋弛緩を行うことで、不安や緊張を自分でコントロールできる感覚も身につけることができますよ。

不安や緊張をコントロールする方法で不安神経症を克服

不安神経症に対処する!

不安神経症コラムを「これなら自分で不安神経症と何とか付き合っていけそう!」と思っていただけたらうれしいです。

また、ご紹介した解決方法を実践する中で、心配性の3つの原因「破局的にとらえる」「不安のあまり一歩踏み出せない」「緊張が強い」が少しずつ解消され、不安神経症が軽減されていくことを実感していただければと思っています。

それでも、どうしてもしんどい、ひとりではうまくいかない、という場合は、ためらわずに精神科を受診することをおすすめします。

専門家の講義を受けたい方へ

専門家から最後に、これまで「不安神経症」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!不安神経症が軽減されれば、物事がスムーズに運ぶようになり、心身の疲労から解放されることでしょう。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの対処法で強い不安を一歩づつ緩和!不安神経症を克服しよう
心理学講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→