>
>
>
元気がないとき対処法「4つのプロセス」

元気がないときの対処法「4つのプロセス」②

コラム①では、元気がないときの原因を3つあげました。具体的には「無理に明るくしてしまう」「認知の歪み」「問題をひとりで抱え込んでしまう」 でしたね。

今回は、元気がないときの原因の1つ「無理に明るくしてしまう」の対処法として「フィンクの危機理論」をご紹介していきます。

フィンクの危機理論とは?

コラム①でもお伝えしましたがとても大切な理論なので復習をしておきましょう。

フィンクの危機理論とは「危機を経験した本人がその状況を受け入れていく過程を支援する」理論で、看護現場などで支援者が学習することが多いのですが、自分自身の支援にも役立ちます。

フィンクの危機理論では、以下の4段階で心理的に回復していくとされています。

段階1:衝撃
危機を経験して、パニック状態になる。
段階2:防御的退行
出来事を受け入れることができず現実逃避する。
段階3:承認
ショックな状態と直面し、徐々に悲しみなどの感情が生じる。そして向き合うことで元気になっていく。
段階4:適応
状況を受け入れて、新しい価値観を見出す。成果をフィードバックする。本人のモチベーションが高まるよう支援する。

このように、4つのプロセスで心の回復が図れるため、落ち込んだ気分がなかなか回復できない…と思っていても焦らなくて大丈夫!心には自然と回復する機能があるのです。4つの過程を大事にしながら、ゆっくり心の回復をしていきましょう。

フィンクの理論は、援助者向け理論ですが「自分で自分を癒す」際にも有効です。具体的な方法を例題と共に見ていきましょう。

援助者を自分の中に創ろう  

フィンクの理論は、援助者向け理論ですが「自分で自分を癒す」際にも有効です。具体的な方法を例題と共に見ていきましょう。

<例題>
花子さんは太郎さんと口げんかになりショックなことを言われてから落ち込んでしまい元気がでません。太郎さんからは「いいたいことがあるなら言ってほしい」といわれるのですが、気持ちを自分の中に押し込めてしまいます。フィンクの危機理論のワーク

この状況を変化させるために、フィンクの危機理論の4つ段階で自分の感情を受け止めていきましょう。

段階1:衝撃
→ショックを受けて悲しくて涙がでる。

段階2:防御的退行
→いつも優しい太郎さんだから私が悪い…、でも傷づいた気持ちはツライ。どうしたらいいのか…と葛藤する。

段階3:承認
→自分の気持ちは伝えるべき。心が整理できてくる。

段階4:適応
→傷ついた気持ちを太郎さんに伝える。自分の行動を振り返り、気持ちを伝えた自分を認めて、主張することも大切だという新しい価値観を得る。

花子さんは、元気がでない状況になると気持ちをいつも抑え込んでいました。しかし自分の気持ちを向き合うことで、言いたいことは我慢せず主張することも大切だという新しい価値観を得ることができ、ショックな出来事を前向きに活かすことができました。

このように4段階で整理すると心の回復がしやすくなります。

4段階で整理!元気がでないときのワーク

例題で、心の回復の手順はわかりましたか。ここからは、自分の感情を受け止める練習をワークを通して行っていきましょう。

元気がでない時は、こんな風に回復できるといいな~と想像する程度でOKです。もし健康的に乗り越えるとしたらどのようなプロセスで回復していくか考えてみましょう。

段階1:衝撃

段階2:防御的退行

段階3:承認

段階4:適応

最後にワークで感じた感覚をしっかり味わいましょう!

感情を受け止めて元気になろう!

ワークはいかがでしたか。元気がなかなかでない…と感じた時には実践してみてくださいね。

Pennebaker (1985)は、思考や感情、行動を意識的に抑制しようとすることは、大変エネルギーを使うため、長期間に及ぶと身体的にはストレスとなり医学的な問題をもたらすことを明らかにしています。

気分が落ち込み元気がでないときは、時間が解決してくれることが多いです。自分の心の回復プロセスを大切に、じっくり解決していきましょう。

次回は、元気がないときを改善する方法の2つ目 「リフレーミングで捉え直す」を解説します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★元気がでないときは、フィンクの危機理論でゆっくり回復を目指そう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

心理学講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献 
小島操子 (2013). 看護における危機理論・危機介入―フィンク/コーン/アグィレラ/ムース/家族の危機モデルから学ぶ, 金芳堂. 
Pennebaker, J. W. (1985). Traumatic experience and psychosomatic disease: Exploring the roles of behavioural inhibition, obsession, and confiding. Canadian Psychology/Psychologie canadienne, 26(2), 82.