>
>
>
幸せになる方法!幸福感が高まる考え方

幸せになる方法!考え方次第で変わる「幸せ認知力」を知ろう②

コラム①では、幸せになる方法として3つご紹介しました。「①幸せ認知力をつける!」「②小さな幸せに気づこう」「③幸せ日記・ロゴセラピー」でしたね。

今回は、幸せになる方法の1つ目「幸せ認知力をつける!」について話をしていきたいと思います。

認知のゆがみに気づく事から

認知という言葉は臨床心理学の世界で重要なキーワードです。認知とは「物事のとらえ方」のことです。

私たちは日常生活を送っていく中でさまざまなものを目にしたり、耳にしたり、感じたりしていますが、それらについてどのように捉えているかということが大事になってくるのです。

コラム①ではコップの水を「あと半分か?」「まだ半分あるか?」という、出来事の受け取り方についての話をしてきましたね。この話を図解するとこのようになります。

幸せになる方法や考え方を解説する認知の例

このように「コップの水が半分」という出来事が、心配や不幸な気持ちをもたらすと考えがちですが、実は違います。

認知の例と隠れた思考から幸せになる方法を考える

実は、この「あと半分しか・・」という「認知」が、心配や不幸な気持ちを生み出していると考えられます。必要以上に不幸な気持ちを生み出してしまう「認知」のことを「不幸認知」と言い替えていいかもしれません。

幸福感低い方は、同じ出来事でもより不幸になるように出来事を認知してしまうのです。それでは、コップの水が半分という事実は変わらず、「まだ半分ある」という考えを持つとどうでしょうか?

認知の修正例から幸せになる方法を考える

コップの水が半分あるという事実は変わりませんが、「まだ半分ある」と「認知」すると冷静でいられたり、幸福感を持っていられるでしょう。幸福感が高い方は、「幸せ認知力」が長けていると言えます。

物事への考え方を修正して幸せになる方法を解説

練習問題にチャレンジ

幸せになる方法の基礎として「幸せ認知力」をUPさせる考え方を練習していきます。これから挙げる2つの出来事に対して、少なくとも3つ幸せな幸せな側面・考え方を見つけてみましょう。

練習問題1
「Aさんは友人の誘いで、苦手な飲み会に参加する事になりました。飲み会では、初対面の人が何人かいたので勇気を出して声をかけましたが、いつの間にか孤立してしまいました。久しぶりに参加した飲み会にも関わらず、相変わらず自分は駄目だな…と自己嫌悪に陥ってしまいました。」

Aさん出来事について、幸せな側面・考え方を3つ書きだしてみましょう。


 

 

解答例
・飲み会に誘ってくれる仲間がいる事
・苦手な飲み会に久しぶりに参加した事

・初対面の人と何人も出会えた事
・初対面の人に自分から話かけられた事

・発話は少なかったけど、傾聴はできた事
・初対面の人から、色々な話を聴けて事

・心から楽しめ無くても楽しむ努力ができた事
・自分の苦手な部分や変えたい部分に気づく気持ちがある事

など

 

練習問題2
「働き方改革ということで、Bさんの職場では「育児休暇制度、短時間勤務制度、フレックスタイム制度、テレワーク(在宅勤務)」などの導入をはじめ、長時間労働を減らすための環境作りが行われています。環境作りの成果から残業は減りましたが、給料も減ってしまったので、Bさんは働き方改革にプラスのイメージを持てません。」

Bさんの出来事について、幸せな側面・考え方を3つ書きだしてみましょう。


 

 

解答例
・働きやすい職場づくりを行ってくれる会社に勤めている事
・自分のライフステージに応じて使える制度がある事

・残業が減ったことでプライベート時間を充実できる事
・やってみたかった働き方が選択できる事

・給料は減ったが、お金の使い方を見直せるいい機会になる事
・働きやすい職場なら、良い人材が増えて会社が活気づきそう

・定着率が上がり人間関係のストレスが減りそう
・これから自分にプラスとなる成果が期待できそう

幸せになる方法!考え方で変えよう

幸せになる方法!捉え方を変えよう

物事のとらえ方である認知を変えることができれば、幸せになりたい願望をかなえやすくなります。

もし人生は不幸だらけだ・・・と感じる場合は、時々「今の物事のとらえ方はどうだったのか?」と考えてみましょう。幸せは「事実」が生み出すのではなく「考え方・捉え方」が生み出すのです。

みなさん状況には幸せな側面が必ずあります。考え方を少し変えてみると、幸せが自然と近づいてくると思いますよ。

次回は、幸せになる方法の2つ目「小さな幸せに気づこう」についてご紹介します。

★幸せになる方法!考え方のクセ「認知の歪み」を直して実現していこう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

 



ポジティブな捉え方をしよう