>
>
>
悲観的な人の特徴・原因・治し方のまとめ

悲観的な人の特徴・原因・治し方のまとめ⑤

今回が、悲観的コラムの最終回です。ここまで4回でお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

悲観的な人の特徴

コラム①では、悲観的な人の特徴や強めてしまう3つの原因についてご紹介しました。

・ネガティブな思考を繰り返す
・認知の歪み
・人に頼ることが苦手

悲観的な考え方に囚われると、人間関係が上手くいかなかたり心のバランスを崩すことにもなりかねません。最悪の場合、うつ病になってしまう可能性もあるため注意が必要でしたね。まずは、悲観的診断で今の心の状態をチェックしてみてくださいね。まだの方はぜひトライしてみましょう!悲観的な性格の特徴・強める原因

3つの治し方を知ろう!

コラム②③④では、悲観的な思考を改善する3つの具体的な方法をご紹介しました。

1:ネガティブ反すうから抜け出す
悲観的になりやすい1つ目の原因「ネガティブな思考を繰り返す」を解消する3つの方法をご紹介しました。

・周囲に気持ちを吐き出す
・自分の気持ちを冷静に眺める
・「今」できる事に取り組む

悲観的な気持ちが強くなり、ネガティブ反すうの症状がでてきたら、この3つの方法で対応していきましょう。コラム②でご紹介した練習問題もぜひトライしてみてくださいね。

2:認知行動療法の反証
悲観的になりやすい2つ目の原因「認知の歪み」の対処法として認知行動療法の反証をご紹介しました。コラム③では、代表的な3つの反証をお伝えしましたね。

反証1:悲観的に捉えている証拠はありますか?
反証2:何%くらいの確率で起こりそうですか?
反証3:同じような状況で、今までどのようなことが起きましたか?

3つの質問に答えながら現実的な捉え方を導いていきましょう。

3:肯定的ストロークを増やす
悲観的になりやすい3つ目の原因「人に頼ることが苦手」の対処法として、充実した人間関係を構築することをご紹介しました。互いに支え合う人間関係を築くには、無条件の肯定的ストロークを増やすことが大切でしたね。

コラム④でご紹介した2つのコツを参考に、肯定的ストロークを無条件に与えてくれる環境づくりをしていきましょう。

悲観的な思考は改善できる

悲観的コラムでは、悲観的な性格を治したい人や改善方法を知りたい人向けに、悲観的の意味や気持ちを強めてしまう原因や治す方法などを正しい知識で解説してきました。

ご紹介した3つの治し方を参考に、悲観的な捉え方による不安や緊張を緩和してくださいね。

悲観的な捉え方を修正しよう

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「悲観的」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!コラムの具体的な治し方を実践して、心と身体の健康状態を保ってくださいね。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの治し方で対処!悲観的な性格の特徴と原因を理解しよう
心理学講座

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→