>
>
>

優柔不断な人に多い特徴を対処する方法を専門家が解説

優柔不断


優柔不断な人に多い特徴を3つのコツで対処しよう④

他人に左右されず優柔不断を克服

優柔不断とは?専門家が解説します

コラム③では、優柔不断の原因のひとつ、「最善の決断を求めてしまう完璧主義」を緩める方法についてお伝えしました。

完璧主義な考え方を「ベストよりベターな決断・選択をする」「情報・選択肢を増やしすぎない」という意識を持って習慣にしていくことが大切でしたね。

コラム④では、他人への配慮や人からの評価を気にしすぎるあまりに優柔不断となってしまう人が、自分の価値判断で物事を決められるようになる方法をご紹介します。

主体性が優柔不断を改善するカギ

まわりを気にして決められないタイプの優柔不断な人は、「主体性」を身に付けることが大切です。「主体性」とは、「自分を律する心構えを持ち“自ら責任を持って行動する態度”」のことを指します。

「7つの習慣」で世界的に有名な経営コンサルタントのスティーブン・R・コヴィー博士も、「主体性を持つ」ということを、「人間として自分の人生に対して自ら選択し、自ら責任をとるということ」と定義しています。

人間は本来、周囲に何が起ころうと、自分自身で判断し、言動を選択できる能力を持っているということです。特別な人や特別なトレーニングを受けた人だけが持っている能力ではなく、全ての人が元来持っている能力、それが「主体性を発揮する力」なのです。

それでは、主体性を持つ、発揮するためにはどうしたら良いのかを考えていきましょう。

自分の決断に責任を持つ!

主体性がなくて優柔不断な人は、最終的に自分の行動の責任をとれるのは自分自身しかいない!と自覚して、選択や決断をしていく訓練をしていきましょう。

他人の評価に依存していると、何か失敗したとしても心の中では、「自分の責任ではない」という逃げの姿勢になってしまいます。

しかし、他人の意見や判断に追従したとしても、自分がその決断・行動をしたことについて、誰かが責任を負ってくれるとは限りません。それならば、自分が思うように決断・行動したほうが、最終的に自分の責任となったときにも納得できるのではないでしょうか。

「全ての責任を自分が引き受ける」と聞くと、重い感じがしてビビってしまう人もいるかもしれませんが、そんなに怖がる必要はありません。

日常生活の中で、自分の決断が他人に及ぼす影響力はそんなに大きくないことの方が大体なのです。責められることになるケースは本当に稀ですし、むしろ決めたことで感謝されることの方が多かったりもします。そのような認識で物事を決める訓練をしていきましょう。

3つの心がけて決断力に自信を!

優柔不断を改善する3つのポイント

ここで、主体性を持って自分の決断に責任を持てるようになるための心掛けを3つお伝えします。

① ベクトルを自分に向ける!
これまで他人の意見や評価ばかりを気にしていたことを即やめて、まずは自分の気持ちを優先しましょう。

自分で評価し、自分で決断するという習慣をつくります。今まで他人に向けていた思考のベクトルを自分の内側に向けて、気持ちや考えにフォーカスしていきましょう。

② 最終的ジャッジは全て自分!
他人の意見に流されたり、人の判断を優先するような態度を改めて、全てを自分で決断するようにしましょう。

自分の知識だけでは分からない事や参考として意見を聞くことはOKです。しかし最終的なジャッジは自分ですることが重要です。「私(自分)はどうしたいんだ?」「何をやりたいんだ?」と、常に自分に質問をしてジャッジする癖をつけましょう。

③ 人と違っても良し!とする
他人の評価を気にする人は、人と違った決断・結論を出すことを恐れます。心の内側に自分の意見があったとしても、それを押し殺して人と同じ結論に乗ってしまいます。

しかし、あくまでも「自分の答え」「自分の人生」なのです。「人と違っても良し!」とする勇気を持ちましょう。

主体性を持つことで得られるメリット

「主体性を持つこと」を意識しながら決断、行動をしていくと次第に以下のような変化にも気づくはずです。

①思考力が鍛えられる!
誰の指示も受けず、自分で考えて動くクセが習慣として身に付くと必然的に思考力が鍛えられます。するとおのずと、「次の対策」も考えられるようになります。「先を読みたい!」「成功するにはどうしたら良いか」という貪欲な欲求は、自然と学ぶ力、考える力を養っていきます。

②自己肯定感が強くなる!
「自分で決めた行動」により、「成功体験」や「勝ち癖」生まれることで「自己肯定感」や「自分に対する信頼感」を持つことが出来ます。己を信じられなければ行動にブレが生じます。自分を信じられることで、仕事のパフォーマンスや決断力が強化されていくのです。

 

主体性を身に付けて優柔不断を改善

主体性で優柔不断を改善このように、「主体的に生きる」ということは、「自己責任」を伴うからこそ、「自己研磨」や「自己成長」する機会も多く得られるようになります。

自分が納得して決めた目標や目的に向かって動き出すことができれば、それは、「自分の人生を自分らしく生きている」ということになるのです。

自分で決める力を身に着けて、気持ちよく生きていける人生を手に入れましょう。すると、停滞していた毎日や人生が、サクサク動き始めるはずです!

次回の優柔不断コラムは、これまで解説した優柔不断に関する事のまとめです。改めて優柔不断の原因と、それぞれの改善策を復習していきましょう!

★優柔不断なら 「主体性」を持って 自分で決める習慣をつけよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

※出典
杉浦義典・杉浦知子・丹野義彦(2007)「日本版不決断傾向尺度の信頼性と妥当性の検討」人文科学論集・人間情報学科編斎藤聖子・緑川晶(2016)「優柔不断尺度の作成と信頼性および妥当性の検討」社会心理学研究 日本社会心理学会吉川雅也(2015)「モチベーション理論における主体性概念の探求 ―組織における主体性獲得のプロセスに着目して―」関西学院商学研究第(70号)Radford, M. H. B.・Mann, L.・太田保之・中根允文(1989)「個人の意志決定行為と人格特性(第 1 報)」実験社会心理学研究和田秀樹(2011)「大切なところで迷わない『1分間決断力』」新講社シーナ・アイエンガー(2010)「選択の科学」文藝春秋刊スティーブン・R・コヴィー(2013)「完訳7つの習慣 -人格主義の回復-」



3つのコツで主体性を身に付けよう