>
>
>

優柔不断な人の3つの原因と対処法で決断力を身に付けよう

優柔不断


優柔不断な人に多い3つの特徴と対処法で決断力を身に付けよう⑤

優柔不断の原因と対処法を確認

コラム④では、優柔不断の解決策をご紹介しました。「主体性を持つ」ことが優柔不断を改善するポイントでしたね。今回が「優柔不断」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます!

優柔不断の問題と3つの原因

コラム①では、優柔不断になってしまう3つの原因をあげて説明しました。

・決断に納期を設定していない
・常に最善の決断を求めてしまう
・他人の評価を気にしすぎる

優柔不断に迷ったり考えすぎてしまうと、タイムロスになることはもちろん、せっかくのチャンスやタイミングを逃してしまう、なんていうことも…。また、一度決めても後悔してすぐに迷いだしてしまう等、優柔不断な人はストレスを感じることも多いとお伝えしました。

そのような優柔不断を自覚している方も、していない方も簡単なセルフチェックテストで確認してみましょう。自分の優柔不断レベル&タイプを診断できますので、まだの方はぜひトライしてみてくださいね!

優柔不断の特徴と改善策

コラム②③④では、優柔不断を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:決断納期
優柔不断を解決するために

・時間制限を設けて
・前向きな自問自答をする

これら2点をコツとしてご紹介しました。コラム②の練習問題なども参考にしながら、少しずつ「決断瞬発力」を高めて、日々決断の成功体験を増やしていきましょう。

2:100%正しい決断は無いと考える
優柔不断になってしまう2つ目の原因「完璧主義」を解決する方法です。常に、「完璧な決断をしないと…」とする考え方を緩めていくための習慣を紹介しましたね。

・ベストよりベターな決断をする

このような考え方やルールを取り入れて、物事を決めるようにしましょう。コラム③の練習問題も参考にしながら、まずは、普段の日常生活でのちょっとした決断の場面で試してみましょう!

3:主体性を持って決断する
優柔不断になってしまう3つ目の原因「他人の評価や見られ方を気にしてしまう」を解決する方法です。優柔不断な人が、主体性を持って自分の決断に責任を持てるようになるための心掛けをコラム④で3つお伝えしました。

・ベクトルを自分に向ける!
・最終ジャッジは全て自分!
・人と違っても良し!とする!

主体性を持つことができれば、他人の意見に左右されたり依存することもなくなり、「自分自身で決める」という責任感と決断力が身についていきます。

優柔不断の克服法

実践!優柔不断を克服しよう!

優柔不断コラムでは、優柔不断でいつも決断や選択が先延ばしになってしまう方、何か決めても後悔してばかりで悩んでいる方に、その解消法や克服方法を解説してきました。

ご紹介した解決方法を実践していく中で、優柔不断がだんだんと解消されてくるはずです。そして決断力が身に付けられると、新しい挑戦や、次のステップに踏み出せたりと、これまでとはまた違った自分に出会えるかもしれません。この優柔不断コラムが、充実した社会生活や人生を送る糸口となれば嬉しいです。

専門家の講義を受けたいへ

最後に、これまで「優柔不断」コラムにお付き合いしていただきありがとうございました!まずはご紹介した方法や練習問題を参考に是非実践してみてくださいね。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^

★優柔不断になってしまう3つの原因を解決策で改善しよう



3つの具体的な対処法で改善を目指そう