>
>
>

劣等感が強い人の特徴「比較癖」ABCシェマで対処

劣等感


劣等感が強い人の考え方の特徴「過剰な比較癖」を認知療法で改善しよう②

劣等感の原因・特徴に対処しよう

コラム①では、劣等感の強い人の原因と解決策をご紹介しました。具体的な解決策は「①ABCシェマで過剰な比較癖を修正」「②リフレーミングでポジティブに」「③アイデンティティを確立する」の3つでしたね。今回は劣等感の解決策の1つ目「ABCシェマで過剰な比較癖を修正」について、紹介していきます。

認知療法で劣等感を克服しよう

認知の歪みを修正して劣等感を克服コラム①で解説したように、劣等感の強い人は「周りが〇〇なのだから、自分がこうあるべき・・・」といった比較癖が強い傾向があります。このような比較癖は認知療法で改善することができます。

認知療法で比較癖を直すには以下の3つのポイントを大事にします。

A:「事実(できごと)」を明確にする
まずは冷静に何があったのか?事実をありのまま受け止めます。

B: 認知の歪みをチェック
「事実の認知」を探します。認知とは、事実をどのように考え判断するかを意味します。認知と事実を分けるのがコツです。さらに認知の歪みとは、全く合理的でない誤った考え方のことをいいます。認知はいつも正しいとは限らず、歪むことがあります。過剰な比較癖も認知の歪みに含まれます。

C:感情をチェック
認知の歪みによって感情がどのような影響を受けているか考えます。本コラムでは劣等感を重視して考えていきます。

認知の歪みが克服のカギ

劣等感を克服するポイント認知療法は慣れるまでは難しいと思います。1つ例を挙げたいと思います。カウンセリングをしていた時に、ある女性が相談にきました。女性は過剰に容姿に拘っていました。

「私は身長155センチ。友達のB子は168センチ。女性はスタイルで価値が決まる。女性は背が高くないと美しくない。私は背が低く、不美人で劣っている。一緒にいると悲しくなる。」

こんな悩みを持っていたのです。

隠された考え方を知ろう

おさらいすると認知療法ではA:できごと」「B:認知・認知の歪み」「C:気分・感情」3つに分けて心の安定を目指します。

ABCシェマの表例えば、「あの人の方がスタイルが良い」というできごと(A)があって劣等感をいただいたとします。この時 、図で表すと・・・

考え方の例

上の図のように考えがちです。しかし実はそうではなく・・認知療法では以下のように「事実」と「認知の歪みを分けて」考えるのです。

隠れた考え方の例

ご覧いただいてお分かりのように、実は「できごと(A)」と「気分・感情(C)」の間には「スタイルの良さが女性の価値だそれに比べて私は・・・」(B)という思考が隠されており、この考えが劣等感を強めている「過剰な比較癖」です。

このように「過剰な比較癖」は「できごと(A)」と「気分・感情(C)」の間に隠れており、自分でも気づかないうちに「劣等感」を生みだす元になっている場合があるのです。自分で自分を苦しめている考え方に気づき、考え直してみることが、劣等感を克服するポイントになります。

付け足し法で劣等感を克服!

それでは、過剰な比較癖を健康的にする練習にチャレンジしましょう。コツは考え方を付け足すという点です。。例えば先ほどの「スタイルが女の価値だ」という考えは、

「確かにスタイルが良い人はモテるが、
 人柄や仕事も、女性の魅力の1つだ」

といったように付け足すことができます。そうすると、今まで気が付かなかった、自分の魅力にも気が付くことができます。もちろんスタイルが良いことを無理に否定する必要はありません。今まで持っている価値観にプラスしていく形で様々な価値を感じる視点を増やしていくと良いでしょう。

これを心理学的に、認知の複雑性と呼びます。要は様々な見方ができる人ほど「劣等感」を抱かずに、「まぁこんなものか」と軽く受け流すことができます。考え方を変えるのは難しいのですが、「付け足すこと」は比較的できると思います。まずは実際にやってみましょう!

劣等感を緩和する練習問題1

では、これからある事例を使って認知療法の実践をしてみましょう。次の例文を読んで②〜③を埋めてみましょう。

練習問題

①(A:できごと)

男性Aさんは過剰に比較する癖があります。職場の飲み会に参加しました。幹事である同期の男性社員のBさんは注文をしたり飲み物を注いだり、上司との会話を盛り上げたりしています。しかし、もともとおとなしいBさんは先輩や上司の話に相槌を打つだけで輪に入ることができない気がしています。だんだんと飲み会自体に気後れするようになってしまいました。

② (B:思考)
Aさんはどんな「過剰な比較」をしていそうでしょうか?

③ (B:思考を楽に感じるものに)
「過剰な比較」にどんな考えを付け足すことができそうでしょうか?

 

解答例
① 同期に比べて自分は輪に入ることができず、Bに比べて劣っている。
②  確かに同期はとても社交的で魅力的だ。ただ、気の利かせ方は1つではないのでは。上司が話しやすい環境をつくることも気を利かせている1つではないか。

 

練習問題2

少し慣れてきましたでしょうか?せっかくなので、今度は自分自身の例で練習してみましょう!

①(A:できごと)
最近あなたが劣等感を抱いたできごとは、どんなような事ですか?

②(B:思考)
そのできごとに対して「過剰な比較」をしていませんか?

③「過剰な比較」にどんな考えが付け足せそうでしょうか?

 

じっくり考えてみましょう!

 

考え方を整理して劣等感を克服

ABCシェマで劣等感を克服今回は、ABCシェマという考え方で整理しました。ABCシェマとは、”考え方を変化させて行動や感情の問題を改善する”認知療法の一つです。なじみがないため、最初は少し難しいかもしれませんが、練習問題を繰り返し行う事で身についていきますので根気よく行っていきましょう!

次回は、劣等感の解決策の2つ目「リフレーミングでポジティブに」を解説します。

★劣等感の強い人に 過剰な比較癖は ABCシェマで克服を

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座



べき思考を対処する認知療法をご紹介します