>
>
>
劣等感が強い人の原因・克服する方法!臨床心理士が解説

劣等感-簡易診断で客観的にチェック⑥

当診断は劣等感-簡易診断です。客観的な状況を知りたい方はご活用ください。

劣等感診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「劣等感診断」をしてみましょう。

劣等感診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
何をやってもダメだと思う
2.
自分は人より劣っていると思う
3.
自分のことが嫌いだ
4.
自分は仕事・勉強ができないと思う
5.
周りと比べ異性とうまく付き合えない
6.
周りよりも友達を作るのが苦手
7.
普通の人より職場になじめない
8.
他の人より人をまとめる自信がない
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は? 
あなたのお住まいは?
診断についての注意

劣等感診断・注意事項

・当尺度は臨床心理士・精神保健福祉士の監修の元作成しました
・当尺度は医療的な診断を行うものではありません
・当尺度は、段階では予備調査の段階となります
・あくまで参考程度にご使用ください

 

以下は尺度作成についての、手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

 

尺度作成の趣旨

現代社会では、主にスマフォーとフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。

そこで弊社では、メンタルヘルスの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

 

尺度作成の条件

尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。

・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける

・学術的な表現は控える

・断定はしない あくまでヒントとして診断をする

・尺度の限界を明示する

 

尺度作成手順

・劣等感の定義

劣等感とは、「自分が劣っているという感覚」のことである。

心理学の世界においては、精神分析学の用語としてフロイトがはじめに用いた。その後、ユングなどの文献にも登場している。劣等感をクローズアップしたのはアドラーである。アドラーは自分が他者に劣っているという「劣等感コンプレックス」が、活動のエネルギーになることや、精神症状の背景に存在していると考えていた。

以上に挙げた精神分析学では、劣等感などの自分自身が認めたくないことの対処として、主に我慢することや、そもそもなかったかのようにすることが精神症状や不適応の原因であると考えられている。しかし、劣等感とは一般的な人間としての感情であり、どのように付き合っていくかという点も共通として述べられている。

・劣等感についての研究

劣等感についての研究は様々な側面でなされている。尺度においては、高坂・佐藤(2008)の尺度が存在する。これらは具体的な他者と能力や学業面、人付き合いなど様々な側面(8場面)についてが各因子となっているものである。高坂は、その後も劣等感についての研究を進め、劣等感の規定因モデルなどを提唱している。それ以外の研究者においても、「劣等感」を「自己受容」や「自己愛」のマイナス側面を現す一因子として位置付けられているものが多数存在している。その尺度を用いた研究において、自己受容と学校適応や社会適応の関連などについて研究がなされている。

 

・劣等感とコンプレックスの意味の違いについて

劣等感とコンプレックスはかなり近接した概念であると言えるが、意味の違いを明確に示した論文はなく、現在あいまいなまま用いられている概念と言える。その理由として、いずれにしても、現在一般の人々にとっては、劣等感とコンプレックスはほぼ同じような意味としてとらえられている印象である。コンプレックスとの意味の違いを検討すると。学術上の位置づけとして、劣等感は「青年期の重要なテーマ」と言われるように、他者と比較の上で生じる可能性がコンプレックスよりも高いととらえられているようである。コンプレックスは比較的に本人に内在する対人関係の表象内で生起するという見方や時間のスパンが長い印象があると解釈される。このように若干のニュアンスが存在するようである。今回の定義は、劣等感を「具体的な他者、または他者を意識した時に感じる、自己卑下的な感情」と定義する。

以下、それに基づき項目を検討しています。

 

① 尺度抽出について

関連する7つの論文と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目のブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。

 

参考文献

高坂康雅・佐藤有耕(2008) 青年期における劣等感と競争心の関連 筑波大学心理学研究 35 41-48

高坂康雅・佐藤有耕(2009) 青年期における劣等感の規定因モデルの構築  筑波大學心理学研究 37 77-86

高坂康雅(2009)青年期における内省の取り組み方の発達的変化と劣等感の関連 青年心理学研究 21 83-94

遠藤 辰雄・安藤延男・冷川昭子・井上祥治(1974) SelfEsteemの研究 九州大学教育学部 紀要,18,53-65

小塩真司(1998)青年の自己愛傾向と自尊感情,友人関係のあり方との関連 教育心理学研究 46 280-290

伊藤美奈子(1991)自己受容尺度作成と青年期自己受容の発達的変化  ‐ 2次元から見た自己受容発達プロセス‐ 発達心理学研究 2巻2号 70-77

宮沢秀次(1987) 青年期の自己受容性の研究 青年心理学 1号 2-16

 

その結果、以下の項目が抽出されました。

異性との付き合いがうまくできない

頭が良くない方だと思う

運動が不得意だ

スタイルに自信がない

人をまとめるのが苦手

自分は性格が悪いと思う

友達を作るのが苦手

自分はダメだと思う

何をやってもダメだと思う

自分は人より劣っていると思う

自分は仕事ができないと思う

自分には価値がないと思う

自信がない

周りに迷惑をかけている気がする

自分は場違いだと思う

自分は仲間に入ることができないと思う

自分は職場になじめないと思う

自分の家庭環境は悪い

経済的に豊かではない

人よりつまらない人生を送っていると思う

自分は嫌な人間だと思う

リーダーシップがない

自分のことが嫌いだ

異性と親密な関係が作れない

 

② KJ法でグルーピング

⇒意味のまとまりを考慮し、2因子に分類した。

・自己感としての劣等感

頭が良くない方だと思う

運動が不得意だ

スタイルに自信がない

自分は性格が悪いと思う

自分はダメだと思う

何をやってもダメだと思う

自分は人より劣っていると思う

自分には価値がないと思う

自信がない

自分の家庭環境は悪い

人よりつまらない人生を送っていると思う

自分は嫌な人間だと思う

自分のことが嫌いだ

自分は仕事・勉強ができないと思う

 

・社会的場面での劣等感

異性との付き合いがうまくできない

人をまとめるのが苦手

友達を作るのが苦手

周りに迷惑をかけている気がする

自分は場違いだと思う

自分は仲間に入ることができないと思う

自分は職場になじめないと思う

リーダーシップがない

異性と親密な関係が作れない

以上に分類された。

 

③ WEB対応簡易型尺度とするため

  8つの質問に削った。

  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に

   採用するが今回は弊社の判断で選択した

  • 社会的場面においては「周りと比べ」「人よりも」

など劣等感を強調する文言を加えた

 

・自己感としての劣等感

何をやってもダメだと思う

自分は人より劣っていると思う

自分のことが嫌いだ

自分は仕事・勉強ができないと思う

 

・社会的場面での劣等感

周りと比べ異性とうまく付き合えない

周りよりも友達を作るのが苦手

普通の人より職場になじめない

他の人より人をまとめる自信がない

 

④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず

  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した

  ・5件法

  ・32~40

  ・26~31

  ・21~25

  ・8~20

の4段階とする。劣等感の強さを示す尺度となっているため、一般的に得点が低い方が精神的に健康的とされている。そのため結果については、現在の状態と今後に向けての2つの側面から記述し、読者が参考になるような記述を心掛ける。その一方で診断結果については提案程度にとどめ、自己理解のきっかけとなるような結果を提供する。

 

 

診断結果

・劣等感 (かなり強い) 32~40

*長所  

あなたの劣等感はかなり強い状態にあると言えます。劣等感は上手く活用できれば何かに取り組んでいく上で、モチベーションになることもあります。もし今あなたが仕事や勉強などに前向きに向かわれている時は、劣等感をうまくエネルギーに活用できていると思います。これを心理学では、「昇華」と言います。ネガティブな感情の対処方法の1つですが、とても適応的な対処方法なので、良い状態と言えます。

*注意

場合によっては、日常生活でなかなかお辛いこともあるのではないでしょうか。劣等感は誰しも少なからず持っている部分があると思います。しかし、強すぎる劣等感は自己肯定感の低下などをもたらし、精神的な健康を乱してしまうリスクがあります。そのため、仕事・勉強などへのモチベーションに変えられない場合などは、気を付けてください。この後コラムは、劣等感の付き合い方が書かれていいます。ぜひ読んでみてください。

 

・劣等感(やや強い)26~31

*長所  

あなたの劣等感はやや強い状態にあると言えます。劣等感は上手く活用できれば何かに取り組んでいく上で、モチベーションになることもあります。もし今あなたが仕事や勉強などに前向きに向かわれている時は、劣等感をうまくエネルギーに活用できていると思います。これを心理学では、「昇華」と言います。ネガティブな感情の対処方法の1つですが、とても適応的な対処方法なので良い状態と言えます。

*注意

日常生活で時々辛いこともあるのではないでしょうか。劣等感は誰しも少なからず持っている部分があると思います。しかし、劣等感にとらわれることが多くなると、上記のようにモチベーションに変えることが難しくなります。自己肯定感の低下などをもたらし、精神的な健康を乱してしまうリスクもあります。この後コラムは、劣等感の付き合い方が書かれていいます。ぜひ読んでみてください。

 

・劣等感 (中程度)21~25

*長所

あなたの劣等感は、中程度で一般的な正常レベルの範囲ではありますが、少し強い状態にあるといえます。少しの劣等感は上手く活用できれば何かに取り組んでいく上で、モチベーションになることもあります。実際に私たちは、「悔しいので、何かをよくしたい」という気持ちは大きなモチベーションにしていますよね。心理学者アドラーもほぼ同様のことを指摘しています。そのような状態であれば、バランスが良いですので、継続してください。

 

*短所

何か気になるできごとなどはありませんか?もしかしたら少し心の中で引っかかってしまっていることもあるのではないかと思います。劣等感は誰しも少なからず持っている部分があると思います。しかし劣等感にとらわれていると、精神的健康に支障をきたすことがあります。ここに該当した方は、より劣等感との付き合い方を自分の中で身につけてみてください。あと一息です。この後コラムは、劣等感の付き合い方が書かれていいます。ぜひ読んでみてください。

 

・劣等感 (少ない)8~20

*長所

あなたの劣等感は、少な目です。劣等感をご自身の中で上手く処理できていたり、ごく自然体で毎日を過ごされておられると思われます。そのため現時点ではおおむね劣等感を意識することなく過ごせているのではないでしょうか。劣等感が少ないということは、精神的な健康を乱すリスクが少ないともいえます。これからも劣等感の少ない生活を送れるように意識してみてください。

*短所

短所はほとんどないといえます。しかし、劣等感は誰しも少なからず持っている部分があると思います。今後ちょっとしたきっかけや環境の変化などで劣等感が生じることもあります。また劣等感を上手くモチベーションに代えることで、上手く仕事や勉強のモチベーションに変化させていくこともあります。この後コラムは、劣等感の付き合い方が書かれていいます。ぜひ読んでみてください。

 

⑤ 今後の予定

  →回答数が充分集まった段階で

   因子分析と他の尺度との関連を精査し、

   精度を高めていく予定である

*長所  
あなたの劣等感はかなり強い状態にあると言えます。劣等感は上手く活用できれば何かに取り組んでいく上で、モチベーションになることもあります。もし今あなたが仕事や勉強などに前向きに向かわれている時は、劣等感をうまくエネルギーに活用できていると思います。これを心理学では、「昇華」と言います。ネガティブな感情の対処方法の1つですが、とても適応的な対処方法なので、良い状態と言えます。

*注意
場合によっては、日常生活でなかなかお辛いこともあるのではないでしょうか。劣等感は誰しも少なからず持っている部分があると思います。しかし、強すぎる劣等感は自己肯定感の低下などをもたらし、精神的な健康を乱してしまうリスクがあります。そのため、仕事・勉強などへのモチベーションに変えられない場合などは、気を付けてください。この後コラムは、劣等感の付き合い方が書かれていいます。ぜひ読んでみてください。

 

*長所  
あなたの劣等感はやや強い状態にあると言えます。劣等感は上手く活用できれば何かに取り組んでいく上で、モチベーションになることもあります。もし今あなたが仕事や勉強などに前向きに向かわれている時は、劣等感をうまくエネルギーに活用できていると思います。これを心理学では、「昇華」と言います。ネガティブな感情の対処方法の1つですが、とても適応的な対処方法なので良い状態と言えます。

*注意
劣等感は誰しも少なからず持っている部分があると思います。しかし、劣等感にとらわれることが多くなると、上記のようにモチベーションに変えることが難しくなります。自己肯定感の低下などをもたらし、精神的な健康を乱してしまうリスクもあります。自分に自信がない・・・という方はこの後コラムは、劣等感の付き合い方が書かれています。ぜひ読んでみてください。

*長所
あなたの劣等感は、中程度で一般的な正常レベルの範囲です。劣等感を過剰に持つことなく、結構的な範囲内で自己肯定感を持つことが出来ているでしょう。また健康的な範囲内での劣等感は何かに取り組んでいく上で、モチベーションになることもあります。「悔しいので何かをよくしたい」という気持ちは大きなモチベーションになりますよね。心理学者アドラーもほぼ同様のことを指摘しています。あなたがそのような状態であれば、その劣等感をうまく処理できていると言えます。

*注意
劣等感は健康的な範囲内ですが、今後劣等感にとらわれることが多くなると、上記のようにモチベーションに変えることが難しくなります。自己肯定感の低下などをもたらし、精神的な健康を乱してしまうリスクもあります。興味がある方は予防として、劣等感との付き合い方を学習することをおすすめします。

*長所
あなたの劣等感は、「ない~少ない」状況です。劣等感をあまり持つことなく、自分の価値をしっかりと認め、ごく自然体で毎日を過ごされておられると思われます。自己肯定感が高く、自信をもって人と関わることができているのではないでしょうか。劣等感が少ないということは、精神的な健康を乱すリスクが少ないともいえます。これからも劣等感の少ない生活を送れるように意識してみてください。

*短所
劣等感がほとんどない状態ですと、過剰に自己主張をしたり、必要以上のリーダーシップを取ると場合によっては相手の主体性を奪ってしまうこともあります。自信があることは持続しつつも、場面に応じて謙虚さを持つように注意しましょう。

劣等感(MAX 40)

劣等感(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど劣等感が強いことを表しています。以下の基準を参考にしてみてください。

・33~40 劣等感 かなり強い
・27~32 劣等感 強い
・23~26 劣等感 中程度
・8~22   劣等感 ない~少ない


劣等感は男性の方がやや強い傾向にあるようです。男性は競争社会に巻き込まれることが多く、年収や学歴など比較されやすい状況にあると言えるかもしれません。また、男女問わず24点以上の方は注意が必要です。

劣等感(MAX 40)

劣等感(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。

若年層ほど劣等感を持ちやすく、年を取るにつれて減少することが分かります。劣等感はうまく扱えば前向きな行動エネルギーになります。是非前向きなモチベーションとして活用していきましょう。

あなたが所属する群

以下の2群に当てはまった方は注意しましょう。

・33~40 劣等感 かなり強い
・27~32 劣等感 強い

  • 総合

    順位都道府県平均値回答数
    1鳥取県33.5424
    2大分県32.9248
    3岩手県32.25139
    4愛媛県31.9770
    5香川県31.8547
    6高知県31.6149
    7徳島県31.536
    8岡山県31.43105
    9滋賀県31.36103
    10栃木県31.3141
    11福井県31.2749
    12岐阜県31.25126
    13山形県31.06108
    14宮城県30.98203
    15広島県30.92150
    16青森県30.89135
    17沖縄県30.78126
    18京都府30.77211
    19新潟県30.71142
    20茨城県30.68186
    21奈良県30.6487
    22島根県30.6436
    23佐賀県30.5435
    24山口県30.5359
    25埼玉県30.44602
    26大阪府30.3675
    27北海道30.3762
    28長野県30.24138
    29長崎県30.2152
    30群馬県30.21140
    31兵庫県30.18305
    32山梨県30.1356
    33神奈川県30.11828
    34富山県30.0787
    35愛知県30.03571
    36秋田県30.01100
    37千葉県29.97504
    38三重県29.84107
    39熊本県29.7869
    40東京都29.721791
    41福島県29.7169
    42静岡県29.67198
    43和歌山県29.5946
    44福岡県29.49298
    45鹿児島県29.3566
    46石川県28.8488
    47宮崎県28.558
  • 男性

    順位都道府県平均値回答数
    1鳥取県35.297
    2沖縄県33.4427
    3岐阜県33.3743
    4岡山県33.2540
    5香川県33.1916
    6愛媛県33.0520
    7和歌山県3310
    8栃木県32.9249
    9島根県32.6712
    10山口県32.4717
    11岩手県32.3345
    12山形県32.2434
    13秋田県32.129
    14長野県32.0258
    15高知県31.9330
    16大分県31.7114
    17茨城県31.761
    18兵庫県31.5298
    19福井県31.3517
    20佐賀県31.254
    21徳島県31.2313
    22青森県31.230
    23富山県31.1436
    24新潟県30.962
    25京都府30.8966
    26広島県30.845
    27滋賀県30.747
    28神奈川県30.63275
    29熊本県30.5721
    30埼玉県30.54198
    31三重県30.5242
    32北海道30.39248
    33大阪府30.34173
    34愛知県30.34185
    35福岡県30.2893
    36群馬県30.2134
    37宮城県30.1963
    38東京都30.18557
    39静岡県30.1664
    40奈良県29.9315
    41長崎県29.7617
    42山梨県29.7117
    43千葉県29.62180
    44石川県28.2326
    45福島県27.8475
    46宮崎県27.5723
    47鹿児島県24.7621
  • 女性

    順位都道府県平均値回答数
    1大分県33.4134
    2鳥取県32.8217
    3滋賀県32.1354
    4岩手県32.0792
    5徳島県31.6523
    6愛媛県31.648
    7鹿児島県31.4743
    8福井県31.2232
    9宮城県31.21137
    10香川県31.1631
    11福島県31.1492
    12高知県31.1119
    13広島県30.97105
    14奈良県30.7972
    15京都府30.69142
    16青森県30.65101
    17新潟県30.5680
    18佐賀県30.4531
    19栃木県30.491
    20山形県30.3972
    21埼玉県30.35398
    22岡山県30.3165
    22山梨県30.3139
    24北海道30.27507
    25大阪府30.25494
    26長崎県30.2434
    27茨城県30.21122
    28群馬県30.21106
    29岐阜県30.0982
    30千葉県30.07320
    31沖縄県30.0599
    32愛知県29.96382
    33山口県29.9541
    34神奈川県29.89546
    35兵庫県29.67203
    36島根県29.6324
    37東京都29.521217
    38熊本県29.4448
    39三重県29.4264
    40静岡県29.4132
    41富山県29.3151
    42宮崎県29.2433
    43秋田県29.1571
    44福岡県29.14205
    45石川県29.162
    46長野県29.0679
    47和歌山県28.6436

2018年6月から集計を開始しました。現在集計中です。ご協力ありがとうございます。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

いかがでしたか、自分の状態を客観的に知ることで、悩みの解決策が見つかったり、悩みそのものが小さくなることあります。もっと心理学を学習したい!という気持ちを持たれた方は、これから当コラムでご紹介する対処法を学んで一緒に対策していきましょう。

もし公認心理師,精神保健福祉士など専門家の元でしっかり心理学を学習したい方場合は、私たちが開催しているコミュニケーション講座をオススメしています。講座では

・心理療法の基礎
・対人不安の改善
・暖かい人間関係を築くコツ
・無条件の肯定のコツ

など練習していきます。興味がある方はお知らせをクリックして頂けると幸いです。お知らせ失礼いたしました。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「劣等感」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!劣等感を感じなくなる事はあなたの心と体を健康にしてくれます。そして、日々の生活の視野が広がり、ちょっとした幸せに気づきやすくなり幸福を実感できる機会が増えると思います

まずは、ご紹介した技法や自主トレを使って実践してみてください。そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション能力講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

助け合い掲示板

1件のコメント

コメントを残す

    • くまくまお
    • 2020年2月29日 11:34 AM

    まずまずかな

    1+
    返信する

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→