>
>
>
内向的な人の思考や性格を活かす方法まとめ

内向的な人の思考や性格を活かす方法まとめ⑤

今回が「内向的」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

内向的な思考の問題・原因

コラム①では、内向的状況を解消できない問題と3つの原因をご紹介しました。

・内向的が悪いという思い込み
・他人を気にしすぎてしまう
・内向的を活かし切れていない

内向的は、抑うつなどの問題を重くする隠れた因子であることから強すぎる場合には、注意が必要ということでしたね。内向的診断でセルフチェックで自分の状況をまずは確認できましたか?まだの方はぜひトライしてみて下さい。

内向的が強い時の問題や原因を解説

3つの原因を解決する具体的な方法

コラム②③④では、3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:内向的でもOKという認知を鍛える
コラム②では、1つ目の原因である「内向的が悪いという思い込み」を解決することが目的でした。物事を白と黒で判断する認知の偏りを認知療法を使用して緩めていく方法をお伝えしました。具体的な手順は次の通りでしたね。

・白黒思考探し
・内向的OKの思考探し

誰もが持っている 白黒思考に飲みこまれ追い詰めてしまわないように思考の修正をすることが目的でした。自分の内向的がだめだと感じたら、この先どのように行動していきたいかに目を向けて、できることを始めてみましょう!  

2:アサーションで自己主張
コラム③では、2つめの原因である「他人を気にしすぎてしまう」を解決することが目的でした。他人を気にしすぎてしまい自己主張ができない人に「アサーション」という効果的なコミュニケーション方法をご紹介しましたね。

アサーションは、自分も相手も大切にするコミュニケーション技法です。 他人を気にしすぎて自己主張ができない内向的の強い人にとって 最適なコミュニケーション方法です。

相手の気持ちも大切にしながら、自分の意見もしっかり主張して円滑なコミュニケーションを目指しましょう。

3:リフレーミングで特徴を活かす
コラム④では、3つめの原因である「内向的を活かしきれていない」への対処方法をご紹介しました。

内向的で悩んでいる人は、自分の内向的を活かし切れていないと考えるので、内向的性格を直すのではなく特徴をつかんで活かしていく方法としてリフレーミングという方法をご紹介しましたね。

物事にはこれ以外にどんな意味があるだろうか?どんな価値があるのだろうか?などひとつの物事から内容や意味の枠組みを捉えなおすものでした。リフレーミングで内向的な性格を活かしてくださいね。

内向性をプラスにと捉えていこう

内向的状況を解消して前向きに!

この「内向的」コラムでは、内向的状況を解消できないことでお悩みの方を対象に内向的状況を解消できない問題や原因、解消法などを全5回のコラムで解説してきました。

コラムを読み終えて「明日から1つやってみよう」と思って頂けると嬉しいです。また、ご紹介した解決方法を実践する中で、あなたが悩んでいた内向的状況を解消できない3つの原因 「内向的が悪いという思い込み」「他人を気にしすぎてしまう」「内向的を活かし切れていない」が少しずつ解消されることを実感して頂けたら幸いです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「内向的」コラムにお付き合いして頂き、ありがとうございました。新しいことを生活に取り入れ、これまでの習慣を変えるのはなかなか大変なことです。焦らず、できそうなことから根気強く取り組んでみて下さい。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★内向的の特徴を理解して自分の魅力を活かそう
心理学講座



3つの方法で自分の特徴を長所にしよう