>
>
>
イライラする原因と解決法を専門家が解説!ストレスを上手く付合おう

イライラする原因と解消法を臨床心理士が解説!⑥

イライラする気持ちを今回が「イライラする」コラムの最後です。ここまで5回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

イライラする4つの原因と解消法

コラム①では、イライラする3つの原因をご紹介しました。

・怒りで自分を見失う
「頑なな正しい価値観」は危険
・感情のコントロールが苦手
・原因は”投影”にあり

イライラする状態が続くと、仕事や生活に集中ができずストレスがたまり様々な病気を引き起こしてしまいます。

また、周囲にイライラする気持ちを発散し理解を求めすぎると人間関係を悪化させてしまう場合もあるため、イライラする気持ちにしっかりと向き合う事が大切でしたね。

具体的な方法で解消

コラム②③④⑤では、イライラする4つの原因を抑える具体的な方法をご紹介しました。

1:怒りの火種を見つけよう
イライラを抑えられない原因の1つ目「怒りで自分を見失う」の対処法を紹介しました。

本来を湧き上がるモヤモヤ、不快、イライラを認識しないと、心の中で火種が成長し続け、いつか大きな爆発が起きてしまいます。そんなときは、まずは自分の感情に気が付くことが大切でした。今の感情を、立ち止まって観察する姿勢を大切にしましょう。

自分のイライラに気づくことができると、その解決方法も理解できます。コラム②で練習問題を交えてイライラを抑えるコツをご紹介しています。

イライラする原因を解消するABCシェマ

2:ABCシェマ法
2つ目の原因「「頑なな正しい価値観」は危険」を抑える論理療法をご紹介しました。

イライラする気分のキーワードは「自分なりの期待や公平さ・道理」でしたね。自分の考えを整理し理解を深めることで「正しい前提・正しい価値観」を持つ事で解決していきましょう。

イライラする時にはABCシェマの「A:できごと」、「B:思考の癖」、「C:感情」、にあてはめて緩和させていきましょう。コラム③でご紹介した練習等を繰り返し実践してみてくださいね。

3:感情のコントロール法
3つ目の原因「感情のコントロールが苦手」の対処法です。

コラム④でご紹介した簡単手順を元に、日常にある感謝の場面を繰り返し見つけ、言葉を伝えるようにしていきましょう。イライラする気持ちが抑えることができますよ。

イライラの原因は投影

4:”投影”への対処
4つ目の原因「イライラする原因は”投影”にあり」の対処法をご紹介しました。心理学の世界でいう投影とは投影とは、自分が思っていることを、相手が思っていることとして見てしまう事でしたね。

対処のポイントは「そういえば、このイライラはいつものパターンだ」と気付く事でしたね。

コラム⑤でご紹介した練習問題を実践して、自分のイライラするパターンを確認していきましょう。イライラする気持ちを抑えるとともに自己理解も深めてみてくださいね。

イライラする気持ちを抑えて

イライラするを抑えて毎日をハッピーに

「イライラする」コラムでは、イライラする気持ちで悩んでいる方・イライラする気分を抑える方法を知りたい方向けに、対処法を解説してきました。コラムを読み終えて「イライラする気持ちと向き合えそう!」と思っていただけたら嬉しいです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「イライラする」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!イライラする気持ちと向き合えることができたならば、ネガティブな感情や怒りもコントロールできるようになります。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。

みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★ イライラする原因と解消法で マイナスの気持ちを抑えていこう



3つの解消法で感情と上手く付合おう