>
>
>
嫉妬の意味や心理学的な定義を理解しよう②

嫉妬の意味や心理学的な定義を理解しよう②

コラム①では、嫉妬について概観していきました。コラム②以降は、1つ1つ深くお伝えしていきます、今回は、嫉妬の意味や定義について解説していきます。

嫉妬とは?

私たちの日常生活には会社や学校、近所づきあいなど、さまざまな人間関係が存在しています。人間関係の中では、どうしても自分に不利な状況になったり、他者と比較をしてしまう時もあります。

たとえば、恋愛関係の事で次のように思った経験はありませんか。

「あの人と話ができて
 うらやましいなぁ・・・」

「あの人ばかりと関わって
 イライラする・・・」

恋愛や友人に嫉妬してしまう状況

このような経験があると「自分は嫉妬が強いな」と感じている人もいるのではないでしょうか。心理学上、嫉妬とは
「『今、保持している価値ある関係が誰かに奪われてしまうのでは』という自己防衛的な恐れを内包する。恋愛関係のように、当人に価値ある人間関係の喪失は、関係からの恩恵の喪失と自尊心の喪失につながる(White & Mullen,1989)。」
と定義されています。ちょっと難しいですね・・・(^^;簡単に表現すると、

親密な関係の中で第三者によって
その関係が脅かされたときに起こる感情

です。嫉妬が強いと、さまざまな出来事に対してイライラしてしまい、人間関係を作っていくことが難しくなってしまいます。そして親密な人間関係を築けないことで、どんどん孤独になってしまう可能性もあります。

また嫉妬が強い人は、自分が相手から見捨てられてしまうのではないかと不安になったり、相手に依存してしまったり、自分に自信が持てないことが多くなっています。

コラムだけでなく、実際に心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は心理学講座、実践練習をしたい!という方は人間関係講座をお勧めしています。私たちが講義をしている講座となります。それでは次のコラムへ進みましょう!

次回は、「嫉妬と事件」についてご紹介します。お楽しみに!(次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります)

★嫉妬を意味を理解しておこう!
心理学講座

目次

①嫉妬しない方法-概観
②心理学的な定義を理解
③嫉妬と事件の関係!
④種類と心理学研究
⑤「現実検討力」で改善
⑥「限界設定」とは
⑦「マインドフルネス瞑想」

 

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
Hazan, C. & Shaver, P.R. 1987 Romantic love conceptualized as an attachment process journal of Personality and Social Psychology,52,511-524.
牧野真由子 2016 高校生における愛着スタイルと感情抑制の関連 金城学院大学大学院人間生活学研究科論集 16, 21-26.