>
>
>

妬みや嫉みの対処法!比較クセをプラスの力に

妬み,嫉み


妬みや嫉みの心理への対処法!他人と比較する癖を3つの方法で③

妬みの原因に対処しよう

コラム②では、妬みや嫉みを抱きやすくなる原因の1つ、「自分に自信がない」の対策を考えました。自分の足りない部分に気付き、自分で自分を認めてあげることで、自尊心を高めることが大切だと分かりましたね。

今回は、妬みやすくなる原因の2つ目「他人と比較してしまう」について解説します。

 

妬みや嫉みの意味と比較する理由

他人と比較してしまうここで「妬み」「嫉み」の意味を改めて確認しましょう。「妬み」や「嫉み」の心理は他人と自分の状況を比べた時に生じるもので、自分の置かれている状況が他者よりも“劣っている”と感じた時に、沸き起こってくる心理の事です。

このように「妬み」「嫉み」は、他人と比較する事で湧きでる心理のため、比較をしない事は心理を引き起こさない最良の方法かもしれません。

しかし、私たちは、人と人とのつながりや、コミュニケーションを通して、お互いの言動に影響を受けながら生活しています。そんな中で、自分の立ち位置を知るためには、どうしても他人と比べざるをえません。

他人と比較することで、自分を省みることができ、劣等感を抱くこともあれば、優越感に浸ることもあるでしょう。それが、「自分という存在を把握すること」につながるのです。つまり、他人と比較すること自体は、誰もが自然と行っていることなのです。

3つの対処法で比較癖を軽減

妬みや嫉みの対処法問題は、他人と自分を比べすぎてしまう場合です。自分より劣っている人を見つけては優越感に浸る、ということを繰り返せば、理想と現実のギャップは広がり、自己愛ばかりが強くなってしまいます。

逆に、他人の優れている点ばかり目についてしまうと、激しい劣等感を抱き、妬みの感情が強くなります。他人と自分を比べすぎてしまうと、自分の立ち位置を把握するどころか、自分を見失う原因にもなってしまいます。

そうならないために、他人と自分を比べすぎない3つの対処法をご提案します。ぜひ、参考にしてみてください。

① 勝ち負け思考をなくす
認知行動療法という有名な心理療法では「勝ち負け思考」が強い方はメンタルヘルスが悪化しやすいことがわかっています。勝ち負け思考とは、なんでも勝負にしてしまい、勝った、負けたと上下に人間関係を考える心の癖です。

勝ち負け思考はスポーツなどでは強く持つ必要がある場面もありますが、日常的な人間関係に持ち込むと妬みや嫉妬などマイナスの影響が大きくなります。勝負事が好きで、人間関係に上下関係を作りたがる方は気をつけましょう。

② 自分の絶対的な価値を探す
判断の仕方には「相対的価値判断」と「絶対的価値判断」の2種類があります。

・相対的価値判断
相対は周りと比べて価値があるかどうかを判断するやり方です。例えば「Aさんは、Bさんよりもイケメンだ!」

・絶対的価値判断
それぞれの良さを比較せずにそのまま探していくやり方です。例えば「Aさんは活発でおしゃれ。Bさんは温厚で清潔感がある」

このように他人と比較せず、絶対的に考えていくと比較癖は軽減できます。それではここで練習問題をやってみましょう。

練習問題
嫉妬してしまう相手と、自分の長所を3つ挙げてください。もちろん、時間があれば何個あげてもかまいません。その時「○○に比べて・・・」という言葉を使わないよう意識してくださいね。

相手の長所

私の長所

解答例
相手の長所
→①経済的に豊か
→②コツコツ努力できる
→③頑張り屋さん

私の長所
→①継続した努力
→②やる気が無くてもやる事はやる
→③友人が多い

③ 妬み→尊敬に変えよう
妬みの感情があるときは、どうしても相手に対してイライラしてしまいます。そして妬みは「ずるい」という感情と結びつくことがあります。例えば、収入が高い人や綺麗な人を見たとき、自分と比較するととてもキラキラしてみえることがあります。

しかし、多くの場合その収入の影には人知れない努力や、積み重ねがあるのです。決して楽をしてきたわけではなく、本人の努力や頑張りを見つけると、妬みは尊敬というプラスの感情に変わると言えます。妬みや嫉妬は尊敬に変える!と意識してみるのも良いでしょう。

 

このように3つの対処法を意識して考えると、他人と自分を比べすぎることはなくなるはずです。妬みや嫉みの強い感情も抑えられ、克服への糸口となるでしょう。

 

妬みや嫉みの感情を成長の力に!

妬みや嫉みを力にかえよう日頃から比べすぎないための3つの対処法を日頃から意識できるようになると、過度に優越感や劣等感を感じることが少なくなり、沸き上がる妬みや嫉みの感情に振り回されることもなくなります。

そして、コラム②でもお伝えしたように、妬みには悪い面だけでなく良い面もあります。それは、他人と自分を比較することで発生する妬みや嫉みにも当てはまります。

「人のふり見て我がふり直せ」ということわざがあるように、他人の言動から学ぶべきことはたくさんあります。他人と比べることで抱いた妬みや嫉みの感情を、自己成長の力に変えて、悪い妬みや嫉みを克服していきましょう!

次回は、妬みやすくなる原因の3つ目「感情に流されやすい」の対処法をご紹介します。

★ 比較癖を修正して 妬みや嫉みの感情を コントロールしよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座


比較癖を自己成長の力に変えよう