>
>
>

妬みや嫉みに対処!深呼吸法

妬み,嫉み


強い妬みや嫉みの感情を抑える!深呼吸法④

妬みの感情をコントロールしよう

コラム③では、妬みやすくなってしまう原因の1つ「他人と比較してしまう」の解決方法をご紹介しました。「他人を過大評価しない」「自分を過大評価しない」「自分なりの目標を考える」を、日頃から意識してみてくださいね。今回は、妬みや嫉みの感情を改善する方法の3つ目「瞬間的な強い妬みをマネジメント」について考えていきます。

怒りのコントロールが妬みに対処するカギ

妬みのコントロールが妬み克服のカギ

これまでにもお伝えしてきましたが「妬み」「嫉み」の意味とは、他人と自分の状況を比べた時に生じるもので、自分の置かれている状況が他者よりも“劣っている”と感じた時に、沸き起こってくる心理の事でしたね。

強い妬みは人間の攻撃性を高め、対人関係を壊してしまいます。そんな事態に陥らないためには、妬みのマネジメント力が必要です。妬みをコントロールするための手法として参考になるのが「アンガーマネジメント」です。

アンガーマネジメントは、医療、教育、一般企業の場でも注目を集め、「怒りのコントロール」をテーマに研修が行われることも多くなってきています。怒りに近い、妬みにのコントロールにも有効です。

妬みや嫉みのピークは「6秒間」?

アンガーマネジメントにおいては、怒りを感じてから「6秒が怒りのピーク」であるということです。逆に言えば、この6秒間は危険な時間で、瞬間的に強い妬みを感じた時に、暴言を吐いてしまったり、取り返しのつかない行動をとってしまう危険性があります。そのため6秒間を乗り切る手法を覚えておくことをお勧めします。

怒りのピークは6秒

2つの対処法で妬みや嫉みを抑える

①呼吸法
強い妬みを鎮める方法の1つとして「呼吸法」があります。この呼吸法は、気分を落ち着かせたい時、リラックスしたい時にもおすすめです。呼吸にリラックス効果があるのは、人間の自律神経と深い関係がり、自律神経の「副交感神経」が働く、体をリラックスさせる物質が出るという効果があります。それでは練習してみましょう!

呼吸法で妬みに対処

① まずは5秒程度空気を吸います。
おなかで空気を吸うような感覚で吸ってみてください。ポジティブなイメージの空気が入っていく感覚で吸うと良いでしょう。尊敬、モチベーションと言った空気が入ってきます。

② 次に空気をはきます。
その際は10秒ぐらいかけてゆっくり吐くことを心がけてください。逆にネガティブな妬み、比較癖が出ていくイメージです。

*過呼吸になりやすい人は「吐く」動作にばかり意識が集中すると、症状があらわれてしまいますので注意をしてください。

おまじないで妬みに対処②おまじないワードを用意
怒りを感じた時に心の中で唱える「おなじないワード」を決めておくだけで、強い妬みをやり過ごすことができます。

人は強い妬みを感じると、その出来事に頭が支配され、冷静でいられなくなります。6秒を待てずに爆発してしまうこともあるでしょう。そんな時、少しでも別のことを考えられたら…いつの間にかピークの6秒間は過ぎているかもしれませんね。

そのためには、あらかじめ心の中で唱える言葉を考えておくことがポイントです。どんな言葉でも良いのですが、あまり長すぎない方がいいですね。

例をいくつか挙げてみましょう。

「僕は冷静になれる大丈夫 大丈夫」
「変えるためのチャンス」
「これも修行だ」
「耐えれば何とかなる」

こんな感じで、自分なりのおまじないを用意しておくといいでしょう。それでは、怒りが生じた時に唱えるおまじないを10文字以内で考えてみましょう!

怒りや嫉みの心理をプラスの力に

嫉みをコントロールしてプラスの力に!

妬みのピークである「6秒間」を、呼吸法やおまじないでやり過ごすことができれば、怒りの感情に巻き込まれることもなくなります。すぐにはうまくできないかもしれませんが、少しずつ意識することで身についていくものです。諦めずに取り入れてみてくださいね。

次回は、妬みコラムのまとめとしてお伝えしてきたポイントをご紹介していきます。妬みにくくなる方法を一緒に確認していきましょう!

★ 2つの対処法「呼吸法」「おまじない」で妬みや嫉みを抑えよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
・日本アンガーマネジメント協会



怒りのコントロールでプラスの力に