>
>
>

妬みや嫉みの原因・対処法・意味とは?再確認しよう!

妬み,嫉み,意味とは


妬みや嫉みの原因・対処法・意味とは⑤

今回が妬みコラムの最後です。ここまで4回でお伝えしたことをおさらいしていきます。一緒に確認していきましょう。

妬みや嫉みの問題と3つの原因

コラム①では、妬みやすくなる3つの原因をご紹介しました。

・「自分に自信がない」
・「他人と比較してしまう」
・「感情に流されやすい」

妬みや嫉みの心理には、不安や恐怖といった不快な感情にさらされることが多いため、うつ症状やパーソナリティ障害の症状を強めてしまう可能性があります。特に、対人関係に深刻な問題を引き起こす事があるため、早めの対処が必要でしたね。

妬みや嫉みの心理をもちやすいかどうかを簡単にチェックできる「妬み傾向テスト」で、自分の状況をまずは確認できましたか。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

 

3つの対処法で妬みや嫉みを克服!

コラム②③④では、妬みや嫉みの心理を強めている3つの原因を解決する具体的な方法をご紹介しました。

1:自分を認めて、自尊心を高めよう
妬みや嫉みの1つ目の原因「自分に自信がない」の対処法として、自分の自信の無い部分に「気づく事」の大切さをお伝えしましたね。まずは、自分の苦手な事・得意な事に気づいて、自分で自分を認めることからはじめて、自尊心を高め自信を付けていきましょう。

コラム②の練習問題に取り組みながら、少しづつ自分を認めて自信を付けていきましょう。

2:他人と比較するのを控えよう
妬みや嫉みの2つ目の原因「他人と比較してしまう」を解決する対処法として3つのコツをご紹介しましたね。

① 他人を過大評価しない
② 自分を過大評価しない
③ 自分なりの目標を考える

この3つのコツを日頃から意識できると、湧きあがる妬みや嫉みの感情に振り回されることがなくなります。ぜひコラム③でご紹介した練習問題に取組みながら、身に付けていきましょう!

3:怒りをコントロールしよう
妬みや嫉みの3つ目の原因「感情に流されやすい」を克服するためには、怒りのコントロールが欠かせない事をお伝えしました。一般的に「6秒が怒りのピーク」であることから、この6秒間をいかにしのぐかが、怒りをうまくコントロールするポイントでしたね。

コラム④では6秒間をしのぐ方法として2つの対処法をご紹介しました。

①「吐く」を意識した呼吸法
② 怒りを抑えるおまじない

意識する事で少しづつ怒りの感情に巻き込まれる事がなくなり、妬みや嫉みを抑えることができるようになります。諦めずに取り組んでみてくださいね。

 

良い妬み・嫉みを体感しよう!

これまでもお伝えしてきましたが、妬みや嫉みの意味とは、自分の置かれている状況が他者よりも“劣っている”と感じた時に、沸き起こってくる心理の事でしたね。様々なネガティブな感情が含まれているため、マイナスの意味合いが強く思われがちです。

しかし、見方を変えればある意味自分を成長させる「チャンス」とも言えます。妬みという名のチャンスをものにして人生を豊かなものにしていきましょう!これこそが妬みや嫉みの克服といえるかもしれません。

最後に、これまで「妬み」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!妬みや嫉みの感情は、個人差はありますが誰にでも起こりうるものです。コラムでお話しした内容は、克服への糸口であり克服への第一歩となります.

まずは、ご紹介した技法や自主トレを使って実践してみてくださいね。今までよりは妬みによる悪影響を抑え、良い面も実感できると思います。

そして、もう少し深く学びたい!という方は、弊社のコミュニケーション講座への参加してみませんか。弊社では年間500人が参加されるコミュニケーション講座を開催しています。気軽な気持ちで足を運んでみてくださいね、お待ちしております。

地方の方は通信講座で頑張っている方もたくさんいらっしゃいます(^^) みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!

★ 妬みや嫉みには3つの原因がある
★ 対処法を使って妬みや嫉みの心理を克服しよう
★ 妬みの意味とは“劣っている”と感じた時に沸き起こる心理
★ 妬み・嫉みをプラスに変えていこう!

コミュニケーション講座


プラスのパワーに変えて克服しよう!