>
>
>

情緒不安定傾向が分かる診断!症状や解決策を専門家が解説

情緒不安定,症状


情緒不安定の症状を診断・チェック!原因・改善策-臨床心理士が解説①

情緒不安定を専門家が解説します

みなさんはじめまして!臨床心理士の兵働・橋爪です。私は臨床心理士として精神疾患を抱える方へのカウンセリングや交流分析の講義を行っています。

当コラムは「情緒不安定」をテーマに専門家が解説をしています。全部で5コラムあります。しっかりとお伝えしたいので全部で8分程度かかります(^^;ちょっと大変ですが。是非お付き合いください。

 

情緒不安定と深刻な問題

情緒不安定の原因とは

みなさんは情緒不安定だと感じることはありますか?急に泣き出してしまう…急に怒り大声をあげる…かと思えば、すごくハッピーな気分になる・・・気分の波が大きい自分自身に疲れてしまっている方もいるかもしれません。

メールを何度も送ってしまったり、返信がないとすごく怒ってしまう、昨日まで大好き!と言っていたのに、次の日は大嫌いになる・・・感情が行ったり来たりする方もいます。

・連絡を頻繁に取ろうとする
・交際相手といつも不安定 
・急に絶縁したりする
・見捨てられるかも?と不安になる

上記のような傾向がある方は情緒不安定になりやすいと言えるでしょう。情緒不安定は自分の気持ちが安定しないだけではなく、身体の調子にも影響します。気分が落ち込んだから食べ過ぎてしまう、買い物し過ぎてしまう…など日常の自分の行動に影響していたら注意が必要です。

情緒不安定とは何か

心理学の世界では「情緒不安定」を比較的強い感情の揺れ動きとして研修していきます。動悸や血圧の上昇などを伴い、怒ったり、悲しい気持ちになったり、そうかと思えば相手のことをとても好きになったりする・・・このような状態は情緒不安定と言えるでしょう。

人生、誰でも気分がハイになったり、落ち込んだりすることはあると思います。この上げ下げは人間の基本的な性格として誰しもが持っていいるものです。心理学においては現在正確には5つの代表的な指標(ビックファイブ)があると言われています。その中の1つが情緒不安定性です。

情緒不安定な方は共感性がある?!

情緒不安定性は誰しもが多かれ少なかれ持っている基本的な心理です。情緒不安定だからすぐさまNGというわけではありません。むしろ人間関係に必要な精神でもあります。

例えば、情緒不安定な方は感情への感度が高いとも言い換えられます。谷・天谷(2009)の研究では、情緒不安定な傾向がある方は同時に共感性が高いと統計的に明らかにしています。感情の上げ下げがある分、他の方の心情を理解しやすいともいえるのです。

情緒不安定と抑うつ・躁状態

情緒不安定の症状ただし、症状が強くなると緊急性が出てくることもあります。特に病的なレベルの情緒不安定は「精神疾患」として特に注意が必要となります。

気持ちや精神状態が安定せず不安になったり落ち込むことを精神医学や臨床心理学では「抑うつ」と呼びます。反対に気持ちが高ぶったりハイテンションになることを「躁状態」と呼びます。このようなプラスとマイナスの気分の幅が多い方は、双極性障害という診断を受けることがあります。

双璧性障害は世界保健機構のMental disorders – Factsheetsによると6000万人以上が罹患していると統計が出されます。情緒不安定も過剰にならないように注意が必要です。

 

情緒不安定診断

ここで、自分の心の状態を知るための、簡単な診断・チェック「情緒不安定傾向診断」をしてみましょう!以下の項目から最も当てはまるものを一つ選んでください。回答が終わったらすべての項目の得点を合計してくださいね。尺度の使用上の注意点や、作成プロセスはこちらで解説しています。

全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
不安になりやすい
2.
心配性である
3.
感情の起伏が激しい
4.
好きな人を急に嫌いになる
5.
興奮して心拍数が上がる
6.
気分が落ち込み身体的なだるさを感じる
7.
気分によって行動が左右される
8.
衝動を抑えられない
あなたの生年月日は? 年 月 
あなたの性別は?  
診断についての注意
注意事項
・当尺度は臨床心理士・精神保健福祉士の監修の元作成しました
・当尺度は医療的な診断を行うものではありません
・当尺度は、段階では予備調査の段階となります
・あくまで参考程度にご使用ください

以下は尺度作成についての、手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。
あなたの合計
総合診断

あなたの診断結果を友達にも伝えよう!

*長所 情緒不安定が強いと言えます。情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。また感情豊かであるため、周りの注目を浴びやすい方が多いと言えるでしょう。 *注意点 気分の浮き沈みがあり、人間関係で行き詰まりを感じることがあるかもしれません。身体的な影響でだるさなどを感じることもあるので注意が必要です。心理療法の学習をお勧めします。かなり苦しい方は心療内科や精神科の受診も視野に入れても良いかもしれません。
*長所 情緒不安定はややあります。情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。また感情豊かであるため、周りの注目を浴びやすい方が多いと言えるでしょう。 *注意点 気分の浮き沈みが若干あります。たまに人間関係で行き詰まりを感じることがあるかもしれません。身体的な影響でだるさなどを感じることもある場合は注意が必要です。現段階では大きな問題はないですが、予防のため心理療法の学習をお勧めします。
*長所 情緒不安定は中程度で健康的な範囲内です。感情の起伏は健康的な範囲内であり、安定している方が多いでしょう。冷静過ぎず、感情的すぎずバランスが良いと言えます。 *注意点 現段階では問題はありませんが、将来的に人間関係で行き詰まりを感じ、情緒不安定になることがあります。情緒不安定な状況を、予防したい方は心理療法の学習をお勧めします。
*長所 情緒不安定な傾向はほぼありません。穏やかで、安心した人柄の方が多いでしょう。衝動的になることや、怒ることが少なく感情のコントロールに長けていると言えます。 *注意点 情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。その意味では冷静になりすぎて、感情移入ができないという悩みを持つ方もいます。共感についてのコラム(https://www.direct-commu.com/chie/relation/kyoukan1/)もありますのでよかったら参考にしてみてください。

あなたの診断結果を友達にも伝えよう!

定期的にチェックしてみよう

気をつけてほしいのは、これはあくまで「今の」あなたの状態ということです。時間と共に、心の状態は常に変化します。できれば月に一度ほど情緒不安定の診断・チェックを行い、自分を見つめ直しましょう。自分を知ることで、情緒不安定が大きくなる前に対処できるようになります。下記対処法を記載しています。

情緒不安定を改善する3つの方法

情緒不安定の3つの原因と改善方法情緒不安定傾向の診断・チェックをして、今の情緒不安定傾向を知ったところで、今度は原因と対処方法を考えていきましょう。

情緒不安定になってしまう原因と解決策は、大きく分けると3つあります。全部読むのは大変なので、当てはまる項目についてリンク先をチェックしてみてくださいね♪

①マインドフルネスで感情を客観視

冷静になれない
情緒不安定になりやすい人は、自分自身の感情に巻き込まれ、右往左往してしまう傾向があります。感情の赴くくまま行動してしまう・・・一度感情的になるとおさまらない・・・という方は要注意です。自分を客観視することが苦手だと、感情の赴くままに行動してしまうことになります。

グーグルでも採用!マインドフルネス
そこで、本コラムでは情緒不安定な気持ちとうまく付き合っていくために「マインドフルネス認知療法」という技法を紹介させて頂きます。マインドフルネス認知療法は、心に浮かぶ考えや気持ちを、一歩離れて観察することで冷静になる心理療法です。グーグル社でも研修に導入されたこともあり、現在注目されている心理療法の1つです。

マインドフルネス認知療法では、否定的な考え方や、ネガティヴな考えが浮かんだら、その考えにとらわれるのではなく、「観察」する訓練をしていきます。感情に巻き込まれやすい…という方はコラム②で対処法をご紹介していきます。

②柔軟な考え方を身に着ける

極端な考えが強い
情緒不安定になりやすい人は、周囲の人からの評価や言葉にとても過敏なところがあります。相手の言動を気にしすぎて、自分の感情が大きく揺さぶられてしまうのです。特に物事を極端に考えることを「白黒思考」と言います。

認知療法で柔軟に
認知行動療法という心理療法では、必要以上に極端な考え方をしていないかチェックする訓練をします。柔軟な思考を身に着ける、感情が極端に揺さぶられることが少なくなり、気持ちを安定させることができます。

情緒不安定な方は、失敗や矛盾点に人一倍敏感です。想定していた結果が出ないと情緒不安定になってしまいます。情緒不安定を改善するには「曖昧さ耐性」が必要です。曖昧さ耐性とは、白黒つけるのではなく“グレーゾーンで良しとする”心の心理です。

極端な考え方をしてしまう…という方はコラム③で対処方法を学ぶことをお勧めします。

③安全基地で情緒不安定を防ごう

不安定な環境が多い
気持ちが安定するためには、家族関係や人間関係の安定、ほっとできる場所、物の存在が必要になります。自分の周りにそうした“安心できる”ものが少ないと必然的に情緒不安定になりやすくなってしまいます。特に、幼少期の母親との信頼関係は、子供にとっていわば「安全基地」で、その後の対人関係の基礎となります。それがうまく形成されないと、不安を感じやすくなり、情緒不安定になりやすいとされています。

安全基地を捜そう
ただ大人になると現実問題として、母親の愛情を受けなおすということは難しいのが現実です。しかし、あきらめることなかれ!今の家族関係、友人関係でも、充分安全基地を見つけることはできます。

安心できる場所がない…という方はコラム④で、安心できる場所はどこか?一緒に対処方法を考えてきましょう。

 

情緒不安定は改善できます!

情緒不安定を克服するために知ること情緒不安定傾向の診断・チェックの結果はいかがでしたか。情緒不安定になると対人関係もうまくいかなくなり、思い悩んでばかりで必要以上にエネルギーを使い心も身体も疲れてしまいます。「情緒不安定なのは自分の性格だから仕方ない」と諦めないでください。気持ちを安定させるコツを知ることで、情緒不安定は少しずつ改善できます。

1日では難しいと思うのでブックマークしてゆっくり取り組んでみてくださいね(^^)

次回のコラムは、情緒不安定を改善する1つ目「マインドフルネス認知療法」をご紹介します。お楽しみに!(もう少し下に次のコラムボタンがあります)

★ まずは情緒不安定傾向の診断でチェック!3つの解決策を実践しよう
コミュニケーション講座

*出典・参考文献
・『パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床』林 直樹,日本評論社(2007)
・『人格障害の臨床評価と治療』林直樹,金剛出版(2002)
・抑うつの鑑別を極める 野村総一郎(編)医学書院(2014)
・谷伊織 ・天谷祐子(2009)「性格特性の5 因子と共感性および孤独感の関連」
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 (18) pp.132-133.



まずは診断で今の状態を確認しよう