>
>
>
情緒不安定な症状や対処法①

情緒不安定な症状や対処法とは①

みなさんはじめまして!精神保健福祉士の川島です。当コラムは「情緒不安定」をテーマに主に心理面から解説をしています。

  • 精神疾患の問題
  • エストロゲン不足
  • 見捨てられ不安
  • 実は長所もたくさん
  • 情緒不安定の3つの対策
  • 情緒不安定診断

について解説します。ちょっと長いコラムですが、是非お付き合いください。それではさっそく解説させて頂きます!

まず情緒不安定な状況は様々な原因によって起こります。大きく分けると、
①精神疾患(双極性障害)
②女性ホルモンなど生理的な問題
③心理的な問題
に分けられます。まずは、以下のコラムを概観して、あてはまると感じる場合はリンク先を辿ってみてください。

①精神疾患(双極性障害など)

精神疾患とは、心に問題を抱えることで、思考や感情に障害が生じることを言います。精神疾患になると情緒不安定な状態になりやすいため注意が必要です。情緒不安定になりやすい精神疾患は複数ありますが、まずは双極性障害について解説していきます。

・双極性障害(躁うつ病)
活発でハイテンションな躁状態と、気分が落ち込むうつ状態をくりかえします。躁状態になると、次々にアイデアが浮かんだり、睡眠しなくても疲れを感じない、自分は偉大な人間だと感じられるなどの状態になります。その分、うつ状態の時は布団から出ることができないほど気分が沈んでしまいます。

・楽しい気分、辛い気持ちが交互にやってくる
・楽しい気分の時、大きな買い物などしてしまう
・辛いときは消えてなくなりたくなる
こんな症状が思い当たる方は下記をご参照ください

・双極性障害とはなにか
・短期的に気分が良いは危険
情緒不安定の症状「双極性障害」とは②

情緒不安定 男女

②女性に多いエストロゲン不足

・エストロゲン不足
女性ホルモンの1つであるエストロゲンは、気持ちを高めるセロトニンという脳内物質と関連するホルモンであり、エストロゲンの不足はうつ状態を引き起こす原因になります(野田、2018)

PMS(生理前症候群)に注意
理由女性ホルモンの大きな変動があります。これによって生理の1~2週間ぐらい前から、イライラ、腹痛、眠気、頭痛などのさまざまな症状が起こることがあります。こうした生理前から生理中にかけておこる症状の総称をPMS(プレ・メンストラル・シンドローム=生理前症候群)といいます。

・女性である
・生理周期で情緒不安定になる
・生理が終わった
・出産などがあった

情緒不安定は女性に多い!について詳しく知りたい方は下記をご参照ください。
・生理前や更年期に注意
・PMSの詳しい解説
・薬物療法での治療
情緒不安定の症状とは?女性に多い理由③

③心理的問題‐見捨てられ不安

・心身ともに悪影響
髙橋・山本(2016)によれば、情緒不安定傾向があると、憂鬱になりやすく、集中力が欠如し、怒りやすく、身体症状が出る・・・という傾向が示唆されています。

・見捨てられ不安とは
見捨てられ不安が大きい方は、親友や交際相手ができても、深いな関係が築けずに、一人ぼっちになるケースがかなりあります。大切な人がいるのに孤独感があるという方は要注意です。

*親しくなるとなぜか不安になる
*対人関係で焦りや不安に駆られる
*相手の愛情が本物か確かめたくなる
*仲良くなると辛い・・・1人の方が楽だ

これらの項目に心当たりがある方は、情緒不安定の根っこに見捨てられ不安があるかもしれません。

見捨てられ不安についてさらに詳しく知りたい方は下記をご参照ください。
・情緒不安定で集中力⇩
・愛着障害とは何か
・察してほしい!は危険
情緒不安定と「見捨てられ不安」の関係④

実は長所もたくさん

・主要な性格特性の1つ
心理学の世界では比較的強い感情の揺れ動きとして「情緒不安定」が研究されてきました。心理学における5つの代表的な感情の指標(ビックファイブ)として、かなり重要視されています。

・感受性が高い!
情緒不安定ということは、ドラマチックな映画のワンシーンで涙をながすことができたり、自分と関わりのあった人と別れる時に寂しい気持ちでいっぱいになります。また、周囲の人が辛い顔していると気づいたら、率先して助けてあげたりと、相手の気持ちを汲み取る能力に優れています。

情緒不安定のメリットについて詳しく知りたい方は下記をご参照ください。
・感情表現が豊か
・不安は強み!?
・共感力の研究
情緒不安定の長所!共感性高い?⑤

情緒不安定への心理的対応

ここからは心の面で対処可能なものについて紹介させて頂きます。取り組んでみたいものがありましたら、チャレンジしてみてくださいね。

①「心の安全基地」を創ろう

・不安定な環境が多い
情緒不安定な方は、家族関係や人間関係で問題を抱えていることが多い傾向にあります。自分の周りの人間関係が“安心できる”ものが少ないと、不安なことが多くなり必然的に情緒不安定になりやすくなってしまいます。

特に、幼少期の母親との信頼関係は、子供にとっていわば「安全基地」で、その後の対人関係の基礎となります。それがうまく形成されないと、不安を感じやすくなり、情緒不安定になりやすいとされています。

・安全基地を捜そう
ただ大人になると現実問題として、母親の愛情を受けなおすということは難しいのが現実です。しかし、あきらめることなかれ!今の家族関係、友人関係でも、充分安全基地を見つけることはできます。

心から安心できる安全基地は無条件の愛情で満たされています。無条件がキーワードです。「どんな人でもあなたと私は肯定されている」という感覚がある関係性ですね。どんな時でも・・・というのがポイントですね。特別でなくても良いのです。〇〇だから・・△△だから・・・という理由はいらないのです。

無条件に「人と自分は同じく愛される存在だ」という気持ちを育てることが安全基地を捜すうえで大切になります。

安全基地について詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

・安全基地と愛着
・安全基地でメンタル安定
・自分から愛着を示そう
情緒不安定の対処法「安全基地」を作ろう⑥

情緒不安定な人

②柔軟な考え方を身に着ける

・極端な考えが強い
情緒不安定になりやすい人は、周囲の人からの評価や言葉にとても過敏なところがあります。相手の言動を気にしすぎて、自分の感情が大きく揺さぶられてしまうのです。

何でも過剰に解釈してしまう考え方の癖を臨床心理学では「認知の歪み」と呼びます。認知の歪みが起きると、「自分はダメだ…」と自分を責めて落ち込んでしまったり、「アイツはとんでもない奴だ!」と激しく怒ったりし情緒不安定になります。

・認知療法で柔軟に
認知行動療法という心理療法では、必要以上に極端な考え方をしていないかチェックする訓練をします。柔軟な思考を身に着ける、感情が極端に揺さぶられることが少なくなり、気持ちを安定させることができます。

情緒不安定な方は、失敗や矛盾点に人一倍敏感です。想定していた結果が出ないと情緒不安定になってしまいます。情緒不安定を改善するには「曖昧さ耐性」が必要です。曖昧さ耐性とは、白黒つけるのではなく“グレーゾーンで良しとする”心の心理です。

情緒不安定な人は、物事を0か100か、白か黒か、はっきりさせたい傾向があり、グレーゾーンを好みません。この考え方を「白黒思考」と言います。例えば「絶対に」「全部」など、自分自身に全ての責任を押し付けていないか確認しましょう。

認知療法について詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

・認知の歪みとは?
・極端な考え方が原因
・情緒不安定を治す方法3つ
情緒不安定の改善法「認知の歪みを修正」⑦

③マインドフルネスで感情を客観視

・情緒不安定な方は自動操縦される
情緒不安定になりやすい人は、自分自身の感情に巻き込まれ、右往左往してしまう傾向があります。感情の赴くくまま行動してしまう・・・一度感情的になるとおさまらない・・・という方は要注意です。自分を客観視することが苦手だと、感情の赴くままに行動してしまうことになります。

このように感情に振り回されることを「自動操縦」と言います。自分の意志ではなく、感情によって自分が自動的に操縦されてしまうイメージですね。

・グーグルでも採用!マインドフルネス
そこで、本コラムでは情緒不安定な気持ちとうまく付き合っていくために「マインドフルネス認知療法」という技法を紹介させて頂きます。

マインドフルネス認知療法は、心に浮かぶ考えや気持ちを、一歩離れて観察することで冷静になる心理療法です。グーグル社でも研修に導入されたこともあり、現在注目されている心理療法の1つです。

マインドフルネス認知療法では、否定的な考え方や、ネガティヴな考えが浮かんだら、その考えにとらわれるのではなく、「観察」していきます。

流されない

マインドフルネスについて詳しく知りたい方は下記をご参照ください。

・自動操縦と脱中心化とは?
・情緒不安定を観察する
・”今ここ”に集中する呼吸法
情緒不安定の治し方「感情の客観視」とは?⑧

薬物療法による改善

・SSRIとは?
SSRI(選択的セロトニン取り込み阻害薬)は精神を安定させるセロトニンのみを阻害する働きがあります。阻害すると聞くと、かえって情緒不安定は悪化しそうな感じがしますが、一時的に分泌量を抑えることで、脳に「もっとセロトニンを出さなきゃ!」と促す働きがあります。

情緒不安定と薬物療法について詳しく知りたい方は下記をご参照ください。
・SSRIとSNRIは定番
情緒不安定の「薬物療法」による改善⑨

診断・チェックをしてみよう

現在の自分の状況を把握したい方はこちらの診断をご利用ください。症状が重たいか軽いかによって、対応が異なりますので、一度診断してみることをお勧めします。情緒不安定診断!心の安定をチェックしよう⑩

情緒不安定は「安全基地」「認知療法」「客観視」で克服しよう!

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①症状の原因・改善策
②「双極性障害とは」
③症状とは?女性に多い理由
④見捨てられ不安との関連
⑤実は長所もたくさんある
⑥対処法「安全基地」を作ろう
⑦改善法「認知の歪みを修正」
⑧治し方「感情を客観視」
⑨「薬物療法」による改善
⑩診断とチェック

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・レジリエンスを高めるダンスの有効性に関する研究:―大学生および教員を対象として―髙橋 和子 山本 光 日本女子体育連盟学術研究 32(0), 1-16, 2016
・野田順子(2018) 女性のうつ病(よく分かる最新医学) 主婦の友社