>
>
>
情緒不安定診断!心の安定をチェックしよう⑩

情緒不安定診断!心の安定をチェックしよう⑩

情緒不安定の方は自分がどこまで感情に飲まれやすいのか、客観的に把握していないことがあります。そこで、情緒不安定の度合いをチェックする診断項目を作成しました。

定期的にこちらの赤面症簡易診断で自己チェックしておくことをお勧めしています。客観的な状況を知りたい方はご活用ください。

情緒不安定診断

それではここで実際に今の状況を知るために、「情緒不安定診断」をしてみましょう。*医療行為ではありません。あくまで参考程度に検討してみてください。

情緒不安定診断
全くそう思わない あまり思わない どちらでもない ややそう思う とてもそう思う
1.
不安になりやすい
2.
心配性である
3.
感情の起伏が激しい
4.
好きな人を急に嫌いになる
5.
興奮して心拍数が上がる
6.
気分が落ち込み身体的なだるさを感じる
7.
気分によって行動が左右される
8.
衝動を抑えられない
あなたの生まれた年は?
あなたの性別は?  
あなたのお住まいは?
診断についての注意

情緒不安定尺度・注意事項
・当尺度は臨床心理士・精神保健福祉士の監修の元作成しました
・当尺度は医療的な診断を行うものではありません
・当尺度は、段階では予備調査の段階となります
・あくまで参考程度にご使用ください

以下は尺度作成についての、手順や趣旨が明示されています。尺度について疑問を持たれた方、専門家の方、興味がある方はご一読ください。

尺度作成の趣旨

現代社会では、主にスマフォーとフォンでの検索やアプリが入り口となっており、多くの方がメンタルヘルスに関わる疑問や、問題解決の糸口をWEB検索から模索を始める傾向があります。当該入り口において方向性を誤ると、メンタルスの改善の迷路に迷い込む恐れがあるため、限られた時間の中で、ある程度簡易的に自分の状態を把握するコンテンツや診断が必要と考えています。

そこで弊社では、メンタルヘルスの問題につながりやすい種々の感情に焦点を当て、簡易的な自己判断ができる尺度を作成することとしました。医療行為、学術的な研究を目的とした診断ではなく、予防機能、メンタルヘルスに興味をもって頂くことを趣旨として作成します。

尺度作成の条件

尺度を作成するにあたっては以下を意識して作成する。
・電車や喫茶店で簡易的に読める文章を心掛ける
・学術的な表現は控える
・断定はしない あくまでヒントとして診断をする
・尺度の限界を明示する

尺度作成手順

① 尺度抽出について
情緒不安定に近接する4つの論文と、臨床心理士・精神保健福祉士・社会心理学の大学院を卒業した者が協力し質問項目をブレーンストーミングを行い、質問項目を網羅した。

参考文献
ICD‐10 精神および行動の障害―臨床記述と診断ガイドライン 単行本 ? 2005/11/1
融 道男 (翻訳),? 小見山 実 (翻訳),? 大久保 善朗 (翻訳),?

心理学研究 2012 年 第 83 巻 第 2 号 pp. 91-99
Big Five 尺度短縮版の開発と信頼性と妥当性の検討1
並川 努2 新潟大学 谷 伊織 東海学園大学 脇田 貴文 関西大学
熊谷 龍一 東北大学 中根 愛 NTT サイバーソリューション研究所

心理学研究 第 67巻 第 1
The Japanese Journal of Psychology
1996, Vol. 67, No. 1, 61-67
性格 特 性 用語 を用 い たBig Five尺 度 の作 成1

第66回日本体育学会予稿集、359 高橋和子 2015 ダンス必修化に対応する即興表現の影響をレジリアンス尺度からみる

その結果、以下の項目が抽出された。

気分によって行動が左右される
怒りを抑えられない
飽きっぽい
気分転換が下手である
不安になりやすい
心配性である
弱気になる
緊張しやすい
憂鬱である
強い怒りが突発し、行動が爆発する
衝動を抑えられない
他人から批判されたときに暴力的になる
心情が安定しない
興奮して心拍数が上がる
気分が落ち込み身体的なだるさを感じる
感情の起伏が激しい
落ち込んだと思ったら急に元気になる
好きな人を急に嫌いになる
理想化とこけおろしが極端である

② KJ法によりグルーピングを行い
  4グループにまとめ、ラベリングを行った

・不安感
不安になりやすい
心配性である
弱気になる
緊張しやすい
憂鬱である

・躁鬱
飽きっぽい
気分転換が下手である
飽きっぽい
心情が安定しない
感情の起伏が激しい
落ち込んだと思ったら急に元気になる
好きな人を急に嫌いになる
理想化とこけおろしが極端である

・身体
興奮して心拍数が上がる
気分が落ち込み身体的なだるさを感じる

・衝動性
気分によって行動が左右される
怒りを抑えられない
強い怒りが突発し、行動が爆発する
衝動を抑えられない
他人から批判されたときに暴力的になる

③ WEB対応簡易型尺度とするため
  4グループ質問項目をそれぞれ2つの質問に削った
  *通常であれば予備調査で説明変数から多い順に
   採用するが今回は川島の判断で選択した

不安になりやすい
心配性である
感情の起伏が激しい
好きな人を急に嫌いになる
興奮して心拍数が上がる
気分が落ち込み身体的なだるさを感じる
気分によって行動が左右される
衝動を抑えられない
他人から批判されたときに怒りを覚える

④ 診断結果については、因子ごとの評価は行わず
  総合点について4段階で注意事項を200文字程度で作成した

  ・5件法
  ・35~40
  ・31~34
  ・26~30
  ・8~25

の4段階とする。感情について優劣はないため、結果については長所と注意点の2方面からバランスよく記述することを心掛ける。診断結果については提案程度にとどめ、自己決定できるように記述を行う。

⑤ 今後の予定
  →回答数が充分集まった段階で
   因子分析と他の尺度との関連を精査し、
   精度を高めていく予定である

診断結果

・情緒不安定(強)32~40
*長所
情緒不安定が強いと言えます。情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。また感情豊かであるため、周りの注目を浴びやすい方が多いと言えるでしょう。

*注意点
気分の浮き沈みがあり、人間関係で行き詰まりを感じることがあるかもしれません。身体的な影響でだるさなどを感じることもあるので注意が必要です。心理療法の学習をお勧めします。かなり苦しい方は心療内科や精神科の受診も視野に入れても良いかもしれませんん。

・情緒不安定(ややある)22~31
*長所
情緒不安定はややあります。情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。また感情豊かであるため、周りの注目を浴びやすい方が多いと言えるでしょう。

*注意点
気分の浮き沈みが若干あります。たまに人間関係で行き詰まりを感じることがあるかもしれません。身体的な影響でだるさなどを感じることもある場合は注意が必要です。現段階では大きな問題はないですが、予防のため心理療法の学習をお勧めします。

・情緒不安定(中程度)16~21
*長所
情緒不安定は中程度で健康的な範囲内です。感情の起伏は健康的な範囲内であり、安定している方が多いでしょう。冷静過ぎず、感情的すぎずバランスが良いと言えます。

*注意点
現段階では問題はありませんが、将来的に人間関係で行き詰まりを感じ、情緒不安定になることがあります。情緒不安定な状況を、予防したい方は心理療法の学習をお勧めします。

・情緒不安定(ほぼない)8~15
*長所
情緒不安定な傾向はほぼありません。穏やかで、安心した人柄の方が多いでしょう。衝動的になることや、怒ることが少なく感情のコントロールに長けていると言えます。

*注意点
情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。その意味では冷静になりすぎて、感情移入ができないという悩みを持つ方もいます。共感についてのコラム(https://www.direct-commu.com/chie/relation/kyoukan1/)もありますのでよかったら参考にしてみてください。

情緒不安定(MAX 40)

情緒不安定(MIN 8)

あなたのライン

男性
女性

点数が高いほど情緒不安定な傾向があります。以下の点数を参考にしてみてください。

・35~40 かなり強い
・31~34 強い
・25~30 ややあり
・8~24   ない~弱い

*男女比について
不安定な傾向は女性の方が強く、また圧倒的に女性が診断されている方が多いようです。男性は比較的、感情の浮き沈みは少ないと言えそうです。男女問わず27点以上の方は注意が必要です。

解説者;精神保健福祉士 川島達史

情緒不安定(MAX 40)

情緒不安定(MIN 8)

あなたのライン

年代別の比較となります。ご自身の年代と比較してみましょう。特に10~30代の情緒不安定傾向が高いと言えます。また年を取るごとに自分の感情のコントロールができるようになり、情緒不安定傾向が下がると言えそうです。人生経験を積んでいくことが重要であることが示唆されます。

あなたが所属する群

以下の2群に当てはまった方は注意しましょう。

・35~40 かなり強い
・31~34 強い
・25~30 ややあり

当診断ではもともと情緒不安定に興味がある方が診断をしているため、健康群は少ない傾向がありました。25点以上の方は予防的にコラムの対策を一読されることをお勧めします。

  • 総合

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 群馬県 32.36 476
    2 和歌山県 32.28 179
    3 鹿児島県 32.2 282
    4 高知県 32.14 151
    5 熊本県 32 285
    6 滋賀県 31.96 269
    7 茨城県 31.95 654
    8 福島県 31.91 395
    9 三重県 31.84 384
    10 愛媛県 31.82 265
    11 岐阜県 31.8 414
    12 岩手県 31.8 289
    13 岡山県 31.76 405
    14 大阪府 31.75 2320
    15 神奈川県 31.75 2280
    16 長崎県 31.74 216
    17 千葉県 31.73 1576
    18 愛知県 31.72 1813
    19 埼玉県 31.7 1882
    20 山形県 31.68 265
    21 兵庫県 31.67 1101
    22 福岡県 31.66 1064
    23 大分県 31.63 199
    24 長野県 31.63 408
    25 島根県 31.62 100
    26 石川県 31.61 270
    27 京都府 31.59 663
    28 佐賀県 31.58 132
    29 静岡県 31.58 824
    30 広島県 31.55 597
    31 青森県 31.54 411
    32 東京都 31.53 4080
    33 新潟県 31.52 462
    34 栃木県 31.48 489
    35 香川県 31.42 185
    36 沖縄県 31.39 357
    37 富山県 31.39 231
    38 宮崎県 31.33 155
    39 山梨県 31.33 192
    40 鳥取県 31.29 97
    41 奈良県 31.27 297
    42 北海道 31.27 1936
    43 宮城県 31.25 746
    44 徳島県 31.16 138
    45 秋田県 30.7 265
    46 山口県 30.28 247
    47 福井県 30.11 211
  • 男性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 福島県 32.37 51
    2 山形県 31.87 31
    3 富山県 31.62 34
    4 和歌山県 31.4 25
    5 奈良県 31.37 35
    6 岐阜県 31.3 63
    7 沖縄県 31.24 41
    8 千葉県 31.18 190
    9 静岡県 31.09 91
    10 大分県 31.05 22
    11 山梨県 31.04 27
    12 神奈川県 31 341
    13 長野県 30.98 53
    14 香川県 30.89 18
    15 大阪府 30.86 275
    16 広島県 30.81 74
    17 兵庫県 30.79 117
    18 宮城県 30.77 83
    19 愛知県 30.69 261
    20 鳥取県 30.68 19
    21 熊本県 30.63 43
    22 京都府 30.58 71
    23 新潟県 30.52 62
    24 三重県 30.51 57
    25 徳島県 30.45 11
    26 栃木県 30.38 71
    27 埼玉県 30.36 242
    28 宮崎県 30.31 16
    29 鹿児島県 30.3 37
    30 秋田県 30.25 40
    31 青森県 30.23 81
    32 滋賀県 30.11 38
    33 岩手県 30.05 38
    34 石川県 30 40
    35 東京都 29.98 518
    36 愛媛県 29.94 33
    37 北海道 29.92 238
    38 茨城県 29.92 78
    39 長崎県 29.82 22
    40 島根県 29.63 16
    41 福岡県 29.53 133
    42 岡山県 29.48 56
    43 佐賀県 28.71 17
    44 群馬県 28.19 57
    45 高知県 27.83 12
    46 福井県 27.48 90
    47 山口県 26.19 36
  • 女性

    順位 都道府県 平均値 回答数
    1 群馬県 32.97 412
    2 鹿児島県 32.47 241
    3 高知県 32.47 138
    4 和歌山県 32.47 153
    5 滋賀県 32.24 229
    6 熊本県 32.24 242
    7 茨城県 32.24 570
    8 岡山県 32.18 346
    9 三重県 32.14 325
    10 愛媛県 32.1 229
    11 岩手県 32.08 249
    12 佐賀県 32.07 113
    13 福井県 32.07 121
    14 島根県 32.04 82
    15 長崎県 31.95 194
    16 福岡県 31.95 922
    17 石川県 31.9 223
    18 岐阜県 31.9 346
    19 愛知県 31.89 1536
    20 青森県 31.89 326
    21 大阪府 31.89 2024
    22 神奈川県 31.88 1925
    23 埼玉県 31.88 1617
    24 福島県 31.84 343
    25 千葉県 31.82 1370
    26 兵庫県 31.79 974
    27 東京都 31.76 3525
    28 新潟県 31.72 390
    29 長野県 31.72 350
    30 栃木県 31.71 415
    31 京都府 31.69 580
    32 大分県 31.68 173
    33 静岡県 31.65 726
    34 山形県 31.65 234
    35 広島県 31.63 512
    36 香川県 31.48 167
    37 徳島県 31.46 123
    38 沖縄県 31.44 310
    39 鳥取県 31.44 78
    39 北海道 31.44 1677
    41 宮崎県 31.43 138
    42 富山県 31.32 193
    43 宮城県 31.3 656
    44 山梨県 31.28 162
    45 奈良県 31.24 259
    46 山口県 30.99 208
    47 秋田県 30.76 222

2018年6月8日から調査を開始しました。ご協力ありがとうございます。

*長所
情緒不安定が強いと言えます。情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。また感情豊かであるため、周りの注目を浴びやすく、ドラマチックな方が多いと言えるでしょう。情緒不安定は言い換えれば感情豊かとも言えます。泣いたり笑ったり、人を引き付ける魅力的な部分も多く持っているでしょう。

*注意点
気分の浮き沈みがあり、人間関係で行き詰まりを感じることがあるかもしれません。身体的な影響でだるさなどを感じることもあるので注意が必要です。また落ち込んでいるときは重要な判断をしないなど気を付けましょう。対策としては、心理療法の基本的な学習をお勧めします。以下のコラムも参考にしてみてください。消えてなくなりたいというような感覚がある方は、心療内科や精神科の受診を検討しましょう。

*長所
情緒不安定があります。情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。またドラマチックで感情豊かであるため、周りの注目を浴びやすい方が多いと言えるでしょう。情緒不安定は言い換えれば感情豊かとも言えます。泣いたり笑ったり、人を引き付ける魅力的な部分も多く持っているでしょう。

*注意点
気分の浮き沈みがあります。たまに人間関係で行き詰まりを感じることがあるかもしれません。身体的な影響でだるさなどを感じることもある場合は注意が必要です。また落ち込んでいるときは重要な判断をしないなど気を付けましょう。対策としては、心理療法の基本的な学習をお勧めします。以下のコラムも参考にしてみてください。

*長所
情緒不安定はややあります。情緒不安定な方は共感性が高いという研究があります。またドラマチックで感情豊かであるため、周りの注目を浴びやすい方が多いと言えるでしょう。また情緒不安定な傾向は少しありますが、健康的なレベルで、比較的冷静に判断する力もあると言えます。

*注意点
健康的な範囲内ですが、気分の浮き沈みが若干あります。たまに人間関係で行き詰まりを感じることがあるかもしれません。身体的な影響でだるさなどを感じることもある場合は注意が必要です。現段階では大きな問題はないですが、予防のため心理療法の学習をお勧めします。

*長所
情緒不安定はほとんどないか中程度で健康的な範囲内です。感情の起伏はゆるやかで、安定している方が多いでしょう。冷静過ぎず、感情的すぎずバランスが良いと言えます。人間関係も平穏で、安心して関係性を築くことができます。

*注意点
情緒不安定傾向は少ないですが、今後、身体的な影響でだるさなどを感じることもある場合は注意が必要です。現段階では大きな問題はないですが、予防のため心理療法の学習をお勧めします。

この診断を友達に伝える


あなたの診断結果

いかがでしたか、思った以上に情緒不安定だったという方もいれば、気にするほどでもないのかもと感じた方もいらっしゃると思います。自分の状態を客観的に知ることで、悩みの解決策が見つかったり、悩み自体が小さくなることあります。

診断を受けて情緒不安定を克服したい!という気持ちを持たれた方は、これから当コラムでご紹介する対処法を学んで一緒に対策していきましょう。

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①症状の原因・改善策
②「双極性障害とは」
③症状とは?女性に多い理由
④見捨てら不安との関連
⑤実は長所もたくさんある
⑥対処法「安全基地」を作ろう
⑦改善法「認知の歪みを修正」
⑧治し方「感情を客観視」
⑨「薬物療法」による改善
⑩診断とチェック

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→