>
>
>
情緒不安定の症状とは?女性に多い理由③

情緒不安定の症状とは?女性に多い理由③

情緒不安定は女性の方がなりやすい傾向にあります。症状の性質を理解しておくことで、対策も取りやすくなるため知識として取り入れておきましょう。

情緒不安定はなぜ女性に多い?

情緒不安定は、精神医学の世界では基本的には、全般性不安障害に分類されます。厚生労働省のホームページに記載されているNCS調査(1990-92、2001-02)によると、全般性不安障害は女性がなりやすい精神疾患であることが分かっています。具体的には男性の約2倍の女性が全般性不安障害を患っています。

発症原因は多岐に渡りますが、その1つとしてホルモンバランスが挙げられています。

例えば女性ホルモンの1つであるエストロゲンは気持ちを高めるセロトニンという脳内物質と関連するホルモンであり、エストロゲンの不足はうつ状態を引き起こす原因になります(野田、2018)。エストロゲンが不足すると、イライラや不安といった心の不調として現れるのです(黒住・佐田、2016)。

イライラする人

図のように女性は生理前や更年期になるとエストロゲンが減少します。ホルモンバランスが崩れている時期は、環境の変化やストレスが無くても情緒不安定になりやすく、日常生活に支障が出ることもあります。女性の方で情緒不安定に心当たりがある方は注意が必要です。

情緒不安定と人間関係

生理中・生理前の症状への対策

情緒不安定は女性の方が多いのですが、その理由女性ホルモンの大きな変動があります。これによって生理の1~2週間ぐらい前から、イライラ、腹痛、眠気、頭痛などのさまざまな症状が起こることがあります。こうした生理前から生理中にかけておこる症状の総称をPMS(プレ・メンストラル・シンドローム=生理前症候群)といいます。PMSの対処法としては、以下の3つです。

・排卵抑制療法
排卵のより、女性ホルモンに大きな変動があることが原因なので、排卵を止めてしまうことで、女性ホルモンの変動をなくし症状を和らげる方法です。主に以下の薬が用いられます。

低用量経口避妊薬(OC、低用量ピル)
低用量エストロゲン・プロゲスチン配合薬(LEP)

これらの薬は少ないホルモン量で排卵を止めることができ、薬は副作用が少ないです。さらに服用している期間だけ一時的に排卵を止めるものなので、服用を控えるとすぐに排卵が戻ります。その後の妊娠には悪影響を及ぼすことはありません。

・痛み・不安を抑える薬
神経症状や自律神経症状に対しては、「SSRI(精神安定剤や選択的セロトニン再取り込み阻害薬)を使用します。心を安定させるホルモンであるセロトニンの分泌を促すことで情緒不安定を和らげます。痛みに対してはロキソニンなどの鎮痛剤を用いて対処していきます。

・漢方療法
症状によっては漢方を使うことがあります。PMS治療によく使われるのが、

帰芍薬散(とうきしゃくやさん)
⇒体温を上げて水分代謝を高め、
むくみを解消する働きがあります

桂枝茯苓丸(けいしぶくりょうがん)
⇒血液の循環を良くして、
のぼせ・足冷えなど感じる方の生理痛を和らげます。

加味逍遥散(かみしょうようさん)
⇒不足している血液を補うことで、
精神を安定させる効果があります。

などがあります。むくみや冷え、情緒不安定などの症状によって、漢方を使い分けることでPMSを和らげることができます。これらの漢方薬はすべて市販でも販売しているので、ドラックストアでも購入することができます。

上記のように、情緒不安定は女性に多く現れます。特に生理中や更年期になりやすいため、必要であれば薬物つかって和らげることやクリニックを受診することも視野に入れておきましょう。

★情緒不安定が深刻になると病気に!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①症状の原因・改善策
②「双極性障害とは」
③症状とは?女性に多い理由
④見捨てら不安との関連
⑤実は長所もたくさんある
⑥対処法「安全基地」を作ろう
⑦改善法「認知の歪みを修正」
⑧治し方「感情を客観視」
⑨「薬物療法」による改善
⑩診断とチェック

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・NCS調査(National Comorbidity Survey) (1990-92、2001-02)
・黒住紗織・佐田節子(2016) わたしのカラダは、私が守る 女性ホルモンの教科書 日経ヘルス
・野田順子(2018) 女性のうつ病(よく分かる最新医学) 主婦の友社
・参考サイト(茶屋町レディースクリニック心斎橋)
https://shinsaibashilc.com/guide/pms