>
>
>

情緒不安定の症状を強める「不安を感じやすい」の改善策を解説

情緒不安定,症状


情緒不安定の症状を改善!不安を強く感じやすい人の原因と解決策④

情緒不安定の症状の改善を目指そう

コラム③では、情緒不安定の改善策として「考え方を柔軟にする3ステップ」をご紹介しましたね。極端な考えがある場合は、別の視点やグレーゾーンを意識することを大事にしましょう。今回は情緒不安定を改善する3つめの対策として「安全基地の創り方」を紹介します。

「愛着」と情緒不安定の関係

人間関係が不安定で感情の揺れ動きが大きい場合、臨床心理学では「愛着」という視点から問題を考えることがあります。愛着とは、成長する過程でつくられる情緒的な特別な感情のことです。少し難しく書いてしまいましたが、「〇〇さんがいるとホッとする」といった感情です。健康的な愛着形成はホッとっする気持ちと結びついているので、情緒不安定な気持ちを和らげる効果があります。

安全基地と愛着

健康的な愛着形成は幼少期からはじまります。赤ちゃんは世話をしてくれる母親に甘え懐きます。自分のことを守ってくれる存在だと安心し信頼するのです。そしてその健康的な愛着で満たされた環境を「安全基地」にして赤ちゃんや子どもはさまざまな冒険を始め成長します。

1人で立って歩いたり、公園デビューをしたり、はじめてのお遣いをしてみたり…親の安心と信頼をゲットした子どもたちは、「自分は大丈夫」という自信を身に着け、力強く成長していくのです。

世話をしてくれる母親やその家族、関わってくれた人などにポジティブな感情で信頼することができれば、同じように他人を信頼することができます。そうすれば、自由に自分を表現し、人と健康的に付き合っていけるのです。情緒不安定の症状に影響する安心感とは

情緒不安定の症状には安全基地が必要

人は「安全基地」があると、落ち着いて人間関係を構築するができます。幼い子供にとっては母親の存在、大人にとっては家族や恋人、親しい友人といる時に安心を感じるかもしれません。

カウンセリングをしていると情緒不安定な人は、このような安全基地を持っていないことがとても多いです。安全基地がないと、不安を強く感じやすい状態になり、情緒不安定が高まります。

安心をみつけて情緒不安定を緩和

安全基地がないと・・・

逆に自分にとっての安全基地がないと、愛着の形成が不安定になり、情緒不安定になりやすくなります。

*心を許せる友人がいない

*自分らしく振舞える場所がない

*いつも演技的である

*家族と話している時でも落ち着かない

上記の傾向がある方は要注意です。嫌われていないか?変な言動がないか?と考えることが多い方は、以下のコラムも参考にしてみてください。

安全基地と条件付きの愛情

もう一度、おさらいをすると、情緒不安定な気持ちを安定させるには、「安全基地」が大事になります。では安全基地はどうすれば得られるのでしょうか?安全基地を創る条件として、愛情に満たされた関係性を構築することが挙げられます。

ここで注意が必要です。愛情は、「条件付き愛情」「無条件の愛情」の2つにわけることができます(ストロークとも言います)。条件付きの愛情とは、〇〇をしたからもらえる愛情です。

例えば、

100点を取ったからお父さんがほめてくれた!これは条件付きの愛情です。

年収が良いから、異性が好きになってくれた!これも条件付きですね。

条件付きの愛情は不安定

条件付きの愛情でも、愛情は愛情です。ないよりはもちろんもらったほうが嬉しいですね。しかし、条件付きには実は弱点があるのです。それは「その条件がなくなった時に、愛情をもらえない」という点です。条件付きの愛情しかもらえない状況は「不安定な基地」なのです。

先ほどの例ですと、成績が下がった、年収が下がったら・・・どうでしょう。途端に愛情をもらえなくなってしまいます。条件付きの愛だけをもらうと、条件を失なわないように頑張らなくてはならないので、いつも不になってしまうのです。

無条件の愛情こそ安全基地

逆に、心から安心できる安全基地は無条件の愛情で満たされています。無条件がキーワードです。「どんな人でもあなたと私は肯定されている」という感覚がある関係性ですね。どんな時でも・・・というのがポイントですね。特別でなくても良いのです。〇〇だから・・△△だから・・・という理由はいらないのです。

無条件に「人と自分は同じく愛される存在だ」という気持ちを育てることが安全基地を捜すうえで大切になります。

まずは自分から愛情を示そう

ここで皆さんの心の声が聞こえてきそうです。「無条件の肯定」なんてもらえないよ。という声です。確かにそうかもしれません。大人になると子供のように何もしなくてもかわいがってくれるという環境はありません。

しかし、少なくとも、無条件の肯定に近い関係性を築くことは可能です。毎日お互いを認め合い、感謝をし合う関係性です。べったりとした愛着は得られないかもしれませんが、これでも充分安全基地になります。

そして大事なことは、誰かからそのチャンスをもらうのではなく、まずは自分からアクションを起こしてみることです。人間関係に条件を求めず、無条件で愛情をもって接するようにしましょう。

・小まめにお礼をいう
・目があったら軽く会釈をする
・肩書やスペックで人を判断しない
・無視せず意見をしっかり聞く

そうしたあなたの行動の積み重ねが、他者にも伝染して、段々とお互いを信頼して、安全基地が出来上がっていくのです。そうした積み重ねなくして、感情の赴くままに人間関係を創ろうと思っても、大概が不安定になってしまいます。人間関係に条件を付けず、無条件に愛情を出してみる。これだけで随分、日々の感情の揺れ動きは安定してくるでしょう。

次回のコラムでは、これまで解説してきた情緒不安定コラムのまとめをしていきます。一緒に確認していきましょう!

★ たくさんの安心を見つけて情緒不安定の症状に対処しよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
情動への評価と愛着への関連 奥村 弥生,山梨英和大学紀要(11, 18-26, 2012)
よくわかる臨床心理学 山口 創著 川島書店
心理臨床大事典(改訂版)培風館



たくさんの安心をつくろう