>
>
>

情緒不安定の症状・原因・対処法!心理の専門家が解説

情緒不安定,症状


情緒不安定の症状・原因・対処法を臨床心理士が専門解説⑤

情緒不安定の症状を緩和していこう

緒今回が情緒不安定コラムの最後です。ここまで4回の情緒不安定コラムでお伝えしたことをおさらいします。一緒に確認していきましょう。

 

情緒不安定になる3つの原因と解決策

情緒不安定になる3つの原因

コラム①では、情緒不安定になってしまう3つの原因をご紹介しました。

・感情のコントロールが下手
・考え方が極端すぎる
・安心感が少ない

情緒不安定になると、人間関係がうまくいかなくなり疲れてしまいます。最悪の場合、自分や他人を傷つけてしまう、うつなどの精神疾患を患ってしまうなど、深刻な症状に陥ってしまいます。

今の情緒不安定傾向が確認できる「情緒不安定傾向の診断・チェック」で、定期的に自分の心の状態・症状を知り情緒不安定になる前に対策を打って行きましょう。

実践!情緒不安定の症状を改善しよう

コラム②③④では、情緒不安定を引き起こす3つの原因の対処法をご紹介しました。

1:マインドフルネス認知療法
情緒不安定を引き起こす1つ目の原因「感情のコントロールが下手」を解決するために効果的な技法です。

ポイントは、“いま”を客観的に感じることで自分と「距離をとること」、そして気持ちを「切り替えること」でしたね。

コラム②でご紹介した呼吸に集中するトレーニングで、マインドフルネスな状態を作りやすくして、情緒不安定の症状を軽減していきましょう。


2:極端すぎる考え方を柔軟にする
情緒不安定を引き起こ2つ目の原因「考え方が極端すぎる」の対処法。考え方を修正するポイントは4つありました。

・極端な考えをしていないか?
・「〜すべき」と決めつけていないか?
・他の人ならどう思う? 
・「でも」「しかし」を使う

白黒つけるのではなく、グレーゾーンもあるのだと意識することが大切とコラム③で紹介しましたね。

普段から、自分の極端すぎる考え方のクセを見つけ、別の視点で考える練習をして情緒不安定の症状を緩和させていきましょう。

3:安心をたくさん見つけよう!
情緒不安定を引き起こ3つ目の原因「“安心感が少ない”」の対処法。自分の周りの安心できる「人、場所、物」を考えて意識するだけでも、情緒不安定の症状は和らぐとコラム④でお伝えしました。

ぜひ、自分の周りに安心できるものをたくさん見つけて情緒不安定を解決していきましょう。

柔軟な思考で情緒不安定の症状を改善

情緒不安定の症状を改善策で緩和しよう

「情緒不安定」コラムでは、情緒不安定の症状に悩む人、気持ちを安定させるコツを知りたい人に、情緒不安定になる原因やその症状の対処法を詳しくお伝えしてきました。このコラムを読んで、情緒不安定に悩んでいる人の気持ちが少しでも楽になれば嬉しいです。

情緒不安定の症状は、自分の考えを決めつけずに、柔軟な思考、楽な気持ちを持つことで徐々に改善されていきます。ご紹介した考え方のコツを意識しながら、情緒不安定の症状に悩まされることなく、落ち着いた気持ちで生活していただけたら幸いです。

 

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「情緒不安定」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!情緒不安定になる原因をしり対策を実践することで症状が楽になると思います。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。

みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★ 情緒不安定な症状は 柔軟な思考で 改善しよう



3つの原因と対処法で改善しよう