>
>
>
情緒不安定の方の長所とは?共感性が高い⑤

情緒不安定の人は長所もたくさんある⑤

自分は気分の浮き沈みが激しくて・・・という悩みを抱えた方は、どうしても情緒不安定の短所ばかりに目が行きがちです。

しかし、見方は変えれば情緒不安定は長所の1つでもあるのです。例えば、感情の起伏があるということは「人間味」があると置き換えることができます。ロボットのように無感情な人に比べて、周りから好まれやすいはずです。

今回は情緒不安定も使い方によっては武器になるという解説をさせていただきます。

情緒不安定 メリット

情緒不安定のメリット

代表的なメリットとしては、以下のものが考えられます。

1.感情表現が豊か
気分の浮き沈みが激しいということは、はたから見て感情の揺れ動きが分かるということです。そのため、人間味があると考えることができます。ロボットのように自分の感情を消すのではなく、外に出すことができるので、周りが助けてくれたり、人の心を動かすことができます。

2.感受性がある
情緒不安定ということは、ドラマチックな映画のワンシーンで涙をながすことができたり、自分と関わりのあった人と別れる時に寂しい気持ちでいっぱいになります。また、周囲の人が辛い顔していると気づいたら、率先して助けてあげたりと、相手の気持ちを汲み取る能力に優れています。

谷・天谷(2009)が大学生221名を対象にした研究では、情緒不安定な傾向がある方は同時に共感性が高いと統計的に明らかにしています。情緒不安定と共感性

情緒不安定である分、様々な感情を知っているので、相手の感情に敏感に気が付き、他の方の心情を理解しやすいともいえるのです。そういったドラマチックな一面が情緒不安定な方にはあるのです。感情が豊かであると言い換えてもいいかもしれません。何も感じない人生より、喜怒哀楽を元に、力いっぱい人生を生きているとも言えるでしょう。

3.あらかじめ対策できる
情緒不安定な人は不安感が強いことがあります。不安はリスク回避に役立ちます。障害を予測して、あらかじめ対策を練ることができると捉えることができます。

不安感が強いと弱みに捉えがちですが、最近ではネガティブシンキングの強みも注目されていて、何かを達成するためには欠かせない思考だと言えます。

上記のように、情緒不安定は喜怒哀楽がハッキリし、相手の気持ちに共感でき、失敗に対して対策しておけるというメリットもあります。適度な範囲であれば、プラスに働くことも多いため自分がどれくらい心が安定しないのか考えてみましょう。

他の人に良い印象を持ちやすい

情緒不安定な人は、情緒が安定している人よりも他の人に対して良い印象を持つ傾向があります。戸塚ら(2011)は大学生130名を対象にして、情緒不安定が対人魅力に及ぼす効果を調べました。

この研究では、対人魅力に関して8つの要因が取り上げられています。研究の結果、情緒が安定している人よりも情緒不安定な人のほうが他人に好意的な印象を抱くことが分かりました。

情緒不安定 長所

最初に明るさを見てみます。男性では、情緒不安定な人のほうが他人を明るいと捉えていることが明らかになりました。情緒不安定な人のほうがい他人を好意的に見る傾向がありそうです。

感情の起伏が激しい

それでは、女性はどうでしょうか。上図のようにこちらも情緒不安定な人の方がグラフが伸びていることがわかります。つまり、男女ともに感情の起伏が大きい人の方が、他人を明るいと捉える傾向があるといえます。

 

情緒不安定 メリット

次に大らかさを見てみます。男性では、情緒不安定な人のほうが他人をおおらかであると捉えていることが示されました。やはり情緒不安定な人は他人のプラス面を見る傾向が強そうです。

気分が安定しない

次に女性を見ていきましょう。同様に情緒不安定の方がグラフが伸びています。男性と比べると、女性のほうが相手をおおらかに捉える傾向が強いですね。

私たちには、情緒が不安定であるよりも安定しているほうが良いという固定観念があります。しかし、情緒不安定であることが必ずしも対人魅力を下げるとは言えません。今回はご紹介したように、健康的な範囲内であれば、感情の起伏はプラスに働くこともあるため、上手に活用していけるとgoodですね。

★ 情緒不安定も「適度」であれば、武器になる

目次

①症状の原因・改善策
②「双極性障害とは」
③症状とは?女性に多い理由
④見捨てら不安との関連
⑤実は長所もたくさんある
⑥対処法「安全基地」を作ろう
⑦改善法「認知の歪みを修正」
⑧治し方「感情を客観視」
⑨「薬物療法」による改善
⑩診断とチェック

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

出典・参考文献
・谷伊織 ・天谷祐子(2009)「性格特性の5 因子と共感性および孤独感の関連」
日本パーソナリティ心理学会大会発表論文集 (18) pp.132-133.
・戸塚唯氏・上北彰・狩野勉(2011)情緒不安定性の類似が対人魅力に及ぼす効果より改変して図示 千葉科学大学紀要 (4), 45-53, 2011-02 千葉科学大学