>
>
>

孤独感を感じる人の特徴と改善法を臨床心理学視点から解説

孤独感


孤独感を感じる人の特徴と改善方法-臨床心理学視点から解説②

コラム①では、孤独感の解決策として4つ提案させて頂きました。具体的には「①コミュニティへの所属」「②見捨てられ不安とうまく付き合う」「③無条件の肯定的ストローク法」「④会話力を付けるSST」でしたね。今回のコラムでは「コミュニティへの所属」について解説をしていきます。

孤独感の原因

コミュニティの所属から改善を目指す

孤独感を改善する上で第1に考える必要があるのが、「コミュニティへの所属」です。もし以下のような状況にある方は要注意です。

・1人暮らしで話し相手がいない
・休日一言も話さない終わる
・家族と話す時間が取れない
・業務内容に会話が不要
 
このような状況にある方は、孤独感が高くなりやすい環境にあると推測されます。

ソーシャルサポートで不安が和らぐ

ソーシャルサポートとは、周りの方からの心理的・道具的な援助を意味するもので、コミュニティに所属することで得ることができます。そのため、適切な範囲内でコミュニティに所属することが大切です。

大坪(2017)は、大学生254名に対して、ソーシャルサポートと心理的な問題について調査を行いました。その結果、大切な人、友人などからサポートを得られやすい方は孤独感と近い不安感などの指標においてポジティブな関連があることがわかりました。

始めに、大切な人のサポートを見てみましょう。上図の(-)マイナスの意味ですが、大切な人からサポートを得られやすい人は、特に不安感の減少に大きく関係していることが分かりますね。大切な人が側にいてくれる安心感というのは孤独感を和らげてくれます。

次に友人のサポートですが、こちらも不安感が減少していることがわかります。大切な人からのサポートよりも不安感も減少は少ないものの、疲れやすさ、自立神経症状は友人のサポートの方が軽減する傾向にあります。

このように、ソーシャルサポートを受けることで、メンタルへルスに良い影響をもたらします。孤独感を和らげるためには、友人や大切を増やすためにいくつかのコミュニティ所属しておきたいところです。

コミュニティの数は?

ここで、あなたがいくつの継続したコミュニティに 所属しているかをカウントしましょう。ここで言う”コミュニティ”とは以下のように定義します。

<コミュニティの定義>
①3人以上の複数人の集まり

②最低月1回、1時間以上の集まりがある
③会話をする時間がある
 
これらを満たす集団に属している場合は1とカウントしてください。

例えば、家族(実家ぐらしor既婚者子供有り)・職場・習い事・サークル・大学の同期・幼馴染の集まり・PTA・学生は学校の友達・麻雀仲間・SNSの定期的なOFF会・行きつけのバーなどですね。

コミュニティに所属している数は何個?

あなたが所属しているコミュティはいくつありますか?

最低3つ・理想は5つ以上

あなたが所属しているコミュニティはいくつでしたか?もしあなたが所属しているコミュニティが5つ以上でしたら、充分だと思います。ソーシャルサポートを得やすく、孤独感はそこまで高くない方が多いです。

5個以上:青色信号
3~4つの方:黄色信号
2個以下の方:赤色信号

と考えると良いと思います。

コミュニティは3か所あれば、1か所失敗してもまだ2か所所属していることになるのでフォローが効きます。しかし、2か所ですと、1か所のミスがあまりにも大きいため、依存的になりやすく、人間関係の問題が深刻化しやすくなります。そのため、最低でも3か所のコミュニティへの所属をお勧めしています。

コミュニティの探し方

それでは実際にコミュニティを増やすにはどうすればいいのでしょうか?現代社会はこれだけたくさんの方がいるのに意外と所属できるコミュニティを探すのに苦労される方が多いと言えます。理想はお仕事や家庭が円満であれば、かなり孤独感は軽減されるとされるとおもいますが、なかなかそうはいかないのも現実だと思います。そこで講師からいくつか提案させていただきます。

1:健康的なコミュニティの条件
流動性が高く、集まる頻度が3か月に1回のようなコミュニティは人間関係がかなり浅いまま終わってしまうのでお勧めできません。無理をして所属してもストレスが増してしまうだけです。同じ趣味や目的などを共有できるコミュニティを探すと良いでしょう。
 
2:コミュニティの探し方
コミュニティを探す方法ですが、3点ほど提案させていただきます。

①ネット利用
王道としては、趣味のサークルなどが挙げられると思います。現在はインターネットで検索すると、様々な趣味サークルを検索することができます。まずは自分の趣味などを土台として、一度参加してみると良いでしょう。趣味の社会人サークルやコミュニティ付きのSNSなどお勧めです。

②アクセスしやすい地元コミュニティ
またアクセスのしやすい地元の居酒屋やボランティア活動などもおすすめです。ネット経由のコミュニティはアクセスのしやすさが弱点となりやすいですが、地元のコミュニティは足を延ばしやすいのが魅力ですね。私自身は麻雀が好きなので、行きつけの雀荘によく顔を出しています。ちなみに弊社のコミュニケーション講座もかなりコミュニティとしてアクセスしやすいのでぜひいらっしゃってください笑 宣伝するな!と言われそうですが(^^;

③目的ベースのコミュニティ

目的ベースのコミュニティとは仕事や社会的活動を通したコミュニティです。例えば、現在では副業が発展している時代です。かつ残業時間が少なくなってきています。あなたの特殊技能は意外とポイントで欲しがっている起業家や会社は存在すると思います。

例えば、SNSに登録して、関連しそうな会社様に自分を売り込んでみたり、自分が持っている専門的な知識をブログを書いてみて、お仕事募集中!と記載するなど様々なやり方があると思います。

またビジネス以外でも、社会的な問題を解決しようと奮闘している団体は意外と多いものです。そのような活動を通して切磋琢磨できるようなコミュニティもいいかもしれないですね。
 
3:勇気を出そう!
新しいコミュニティに所属するというのはとても神経を使うと思います。特に孤独感が大きい状態のときは、人間慣れしていないことが多く、緊張の連続だと思います。しかし、最初にこの緊張を乗り越え、新しい人間関係を築くことができると、結果的に孤独感の問題は改善していくでしょう。

コミュニティに所属して孤独感を緩和しよう

環境を整えて孤独感を軽減しよう

今回のコラムでは、孤独感の原因の1つ「ソーシャルサポートの不足」の解決策としてコミュニティへの所属についてご紹介しました。ご紹介した3つのコツを参考に最低3つは所属できるように環境を整えていきましょう。最初は新しい人間関係に緊張を感じると思いますが、勇気をもって乗り越えれば、孤独感の改善につながります。まずは実践してみてくださいね。

次回は、孤独感に対処する「見捨てられ不安とうまく付き合う」をご紹介します。

★まずはコミュニティに所属を!周囲の支援を得られる環境で孤独感を軽減

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



周囲の支援が得られる環境づくりを