>
>
>

孤独感やを強める「条件付きの愛情」とは?対処法を解説

孤独感


孤独感や寂しさを強める愛情とは?問題・解消法を臨床心理士が解説③

孤独感を強める愛情に対処

コラム②では、孤独感を強めている原因となる「見捨てられ不安」についてご説明しました。

今回は孤独感を強めている原因の2つ目「条件付きの愛」に対して、対処方法を紹介していきたいと思います。今回はやや抽象度が高いコラムですが、大事なことなので、せひ最後まで読んでみてください。

 

愛情と孤独感の関係

愛情と孤独感の関係孤独感は愛情と深い関係にあります。愛情をもらえていると感じる方は孤独を感じることは少ないです。逆に愛情を感じることができていないと、孤独を感じることが多くなってきます。

そのため、愛情を感じる感度を上げていくことが孤独感を軽減するうえで大事になってきます。

条件付きの愛とは 

ここで心理学的には、同じ愛情でも、「条件付き愛情」「無条件の愛情」の2つを考えることがあります。条件付きの愛情とは、〇〇をしたからもらえる愛情です。

例えば、いい成績を取ったからお母さんがほめてくれた!これは条件付きの愛情です。営業成績が上がったから上司がほめてくれた!これも条件付きの愛情です。大手の会社だから、異性が好きになってくれた!これも条件付きですね。

条件付きの愛は不安定 

条件付きの愛は嬉しいものです。もらえるものはもらっておきましょう笑。しかし、条件付きの愛は、実は弱点があるのです。それは、「その条件がなくなった時に、愛情をもらえない」という弱点があるのです。

例えば、先ほどの例ですと、成績が下がった、営業成績が下がった、大手の会社をクビになったら・・・どうでしょう。途端に愛情をもらえなくなってしまいます。条件付きの愛だけをもらうと、いつも条件を失なわないように頑張らなくてはならないのです。

条件付きの愛を求めるとイライラする

「条件付きの愛を求める癖」を付けると、終らない愛情探しのたびに出るようなものになってしまいます。

しかし、絶えず頑張り続けることは人間ですからなかなか難しいものです。その結果、人と接することに疲れしまい、人と関わる事にも消極的になってしまうのです。

無条件の愛が孤独感を減らす

無条件の愛が孤独感を緩和コラム②でもご説明しましたが、心理的に安定するためには、中学生以降〜20歳前後に成長する過程で健康的な自己愛を持つことが求められます。

健康的な自己愛とは、周りよりも特別に優れているから愛されるという自己愛ではなく「どんな人でもあなたと私は愛されている」という感覚です。

どんな時でも・・・というのがポイントですね。特別でなくても良いのです。〇〇だから・・△△だから・・・という理由はいらないのです。条件付きの愛は、条件がなくなれば途端に孤独になってしまいます。条件付きの自己愛は、不安定で孤独感を生みやすくなるのです。

無条件に「人と自分は同じく愛される存在だ」という気持ちを育てることが大切です。無条件の自己愛を育てていけば、人は安心して人間関係を築いていくことができます。なかなかそう思えないかもしれません。それでも今日から始めてみてください。

どんな人でもあなたと私は愛されている

これがキーワードですね。

 

適切に自己愛を育てよう!

適切な自己愛が孤独感を軽減

それでは、不健康な特別感ではなく健康的な自己愛を育てるにはどうすればいいでしょうか。ここで健康的な自己愛を持つポイントをご紹介します。

①できたこと・できなかったこと
現状の自分を素直に認めたり、褒めてあげることで少しづつ自己愛を修正しましょう。

まずは、今日1日の中でできた事を思い出して、できたこと、できなかったことを挙げていきます。

<できたこと>
苦手な飲み会に参加できた 
<できなかったこと>
上手に話すことができなかった

このように、まずはできたこと、できなかったことを挙げましょう。特別感がある方は、視野が狭くなりがちなので、多角的に物事をみる習慣をつけていきます。ナルシストになることを予防し、また過度に劣等感を持つことも予防できます。

②評価してみよう
今度は、先ほど挙げた自己評価を「どんなときでも人と自分は愛される」という価値観の元にもう一度評価をしてみましょう。

” 飲み会が苦手でも参加できた。ただ、謙虚さを忘れないようにしよう。そして、話せなかったことは、特別おかしいことではない。飲み会が苦手でも、誰しもそのキャラクターを愛される価値がある。”

このように、評価を入れていきましょう。大事なことは、どんな行動や生き方でも、一定の愛される価値はあることに気が付くことなのです。〇〇から、△△だから・・・ではなく、どんな時でも、愛される価値はある!がキーワードですね。

 

特別感を無くして孤独感を緩和

自分も他人も特別なものではなく、同じ空気を吸って、ご飯を食べて、泣いて、わらって、うんちもしますし、おこったり、わらったり、そこに特別なものなどないのです。そうした人間のありようをお互い愛せるようになれば、人間関係は安定していきます。

そして穏やかな心を持っているあなたの周りには自然と人が集まってくるでしょう。実際の人間関係の豊かさにもきっとつながっていくと思います。

次回は、孤独感を強めている原因の3つ目「会話力の不足」についての対処法を紹介していきたいと思います。

★ 愛情の理解と特別感を無くす事が孤独感を緩和するカギ

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。その前にちょっとだけお知らせです・・・申し訳ありません。(^^;コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コミュニケーション講座

*出典・参考文献
・『パーソナリティ障害とむきあう―社会・文化現象と精神科臨床』林 直樹,日本評論社
・よくわかる臨床心理学  山口 創著 川島書店



愛情の理解を深めて対処しょう