>
>
>
堪える状況を減らす「ソーシャルサポート」

堪える状況を減らす「ソーシャルサポート」⑥

コラム①では、堪える状況を乗り越える意味や心の柔軟性を表す「レジリエンス」の解説、そして心が折れそうな時に役立つ5つの方法を紹介しました。具体的には、「①フィンクの危機理論」「②リフレーミング技法」「③ABC理論」「④正のストローク法」「⑤ソーシャルサポート」でしたね。今回は「⑤ソーシャルサポート」についてご紹介していきます。

ソーシャルサポートとは

皆さんは、苦しさや悲しみなどの悩みを相談できる人は周囲にいますか?もし悩みを一人で抱え込むことが多い場合は、注意が必要です。心理学の研究では、コミュニティに所属しソーシャルサポートを得られる方は精神が安定することが判明しています。ソーシャルサポートとは、周囲からの心理的・道具的な援助を指します。ソーシャルサポートはコミュニティに所属することで得られるため、健康的な範囲内でコミュニティに所属することで、堪える状況を減らすことができます。

ソーシャルサポートで堪える力を伸ばす

ソーシャルサポートとレジリエンス

大坪(2017)は、大学生254名に対して、レジリエンスとソーシャルサポートの関係について調査を行いました。その結果、親友、恩師などの大切な人のサポートと獲得レジリエンス(後天的に高まるレジリエンス)は関係が深いことがわかりました。

青少年のコミュニケションとソーシャルサポートつらさが堪えるときには、自分をよく知っている人との時間を過ごすことで立ち直ることができると言えそうです。

ソーシャルサポートは様々なコミュニティから受けることで、精神面で大きくな効果をもたらします。家族だけ、友人だけではなく交流の幅を広げていけると堪える機会が増えても柔軟に対応できそうです。

最適なコミュニティ数とは?

ここで、自分が所属しているコミュニティがいくつあるかを考えてみましょう。今回は”コミュニティ”とは以下のように定義します。

・3人以上のの集まり
・少なくとも月1回、1時間以上の会合がある

これらの条件を満たすグループに所属している場合は1と数えてください。

たとえば、
・家族、職場、学校
・サッカー同好会
・会社の同期会
・ママ友の会
・合唱サークル など

質問:ご自分が所属しているコミュニティは何か所ありますか?
コミュニティは「  」箇所

堪える力とコミュニティ数

5~7か所
青信号:満足できるコミュニティ数です。辛さに堪える状況を一人で辛抱することは、ほとんどなくなるでしょう。

3~4か所
黄色信号:コミュニティ数は許容範囲内ですが、少な目です。少し増やせると堪える状況は減らせるでしょう。

1~2か所 
赤信号:コミュニティ数は少ないでしょう。精神的にトラブルが起きやすい状況です。

いかがでしたか。所属するコミュニティは最低でも3つは持っているといいですね。1つだけのコミュニティでは人間関係が広がらず、トラブルも発生しやすいためです。3つあれば、1つのコミュニティで問題が起きても、残り2つのコミュニティがサポートしてくれるため、堪える状況が減らせます。コミュニティを増やそう

堪える場面を減らそう

コミュニティを増やすために、何をすればいいかわからないという方も多いかと思います。そこでコミュニティを増やすためのコツをお伝えします。

①趣味をベースに参加する
コミュニティを探すときには、「好きなこと、趣味」を基準にすると良いでしょう。まずは興味のあることにまつわるコミュニティを探して、気軽にはじめてみましょう。「堪える状況を減らせたらいいな~」くらいで考えて始めましょう。たとえば、好きなことならコミュニケーションをとりやすいので比較的長続きしやすいです。グルメ好きであれば、食事にまつわるコミュニティ、スポーツのコミュニティ、音楽のコミュニティなど交流が深められるかもしれません。

コミュニティに所属するコツ

②会話スキルを抑える
どのようなコミュニティに所属する場合でも、最低限の会話スキルは必要です。会話力が少ないと孤独感や人間関係が乏しくなってしまうことが心理学の研究で分かっています。逆を言えば、会話スキルがつくと人間関係が楽しくなり、交流を広げることができるのです。堪える状況を減らすために会話力は必須です。会話の参考リンクを張っておきますので参考にしてみてください♪傾聴トレーニング発話トレーニング初対面力 少し宣伝になってしまいますが、私たちも講座を開催しています(お知らせはページ下部)

③雑談を楽しもう
コミュニティに参加できたら、堪える状況を減らすために周囲の人と積極的に関わっていきましょう。なかなか馴染めずに孤独のループに陥る前に、まずは何気ない雑談をしてみることが大切です。幸せな人間関係を構築している人は日常生活で起こるポジティブな出来事を積極的に利用する傾向があります(Gable et al, 2004)。まずはどんなきっかけでもいいのでコミュニティでの人間関係を広げていきましょう。

雑談で人間関係を広げる

支援を増やそう

堪える状況を減らすには、周囲からのサポートがとても有効です。まずは、長く続けられそうなコミュニティから参加してみて最低3つ以上所属できるようにしていきましょう。落ち込んだ時や辛さが堪える状況では、周りのサポートと求めることが有効です。社会的サポートをしっかり受け取りましょう。

★コミュニティは最低3つ以上!堪える状況を減らそう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

心理学講座

目次

苦しさが堪える人へ
フィンクの危機理論
5つのリフレーミング
ABC理論で堪える場面を減らす
ストローク法で自分応援!
3つのコツでコミュニティを増やす
ストレス耐性をチェック

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・引用文献
・大坪岳 追手門学院大学心理学論集;Otemon Gakuin University Psychological Review 2017 青年期のコミュニケーション・スキルとソーシャル・サポートがレジリエンスに及ぼす影響
・レジリエンスの資質的要因・獲得的要因の分類の試み――二次元レジリエンス要因尺度(BRS)の作成
平野 真理 2010 パーソナリティ研究