>
>
>
幸福論「認知と幸福感」

幸福論「認知と幸福感」幸せになる考え方⑥

コラム⑤では、幸福論「幸せと感謝には深い関わりがある」を元に、幸せになる方法の1つ目「ありがとう発見法」について解説していきました。3つの手順で、日々の生活に幸せの場面を増やしてくださいね。今回は、幸福論「認知と幸福感」から「幸せ認知力UP」の方法を解説していきます。

幸福論「認知と幸福感」

皆さんは「認知」という言葉をご存知でしょうか?認知とは「物事のとらえ方」のことで、臨床心理学の世界では重要なキーワードです。

日々の生活では、さまざまな出来事に遭遇します。それらの出来事をどのように捉えているかが幸せになるキーポイントになってきます。

たとえば、
コップに半分だけ水が入っていたとします。

この時にみなさんならどのように考えますか。

A「あと半分しかない」
B「まだ半分もある」

どちらの捉え方になるかで心の在り方は大きく変わります。

このコップの話を、図解すると以下のようになります。幸福論コップの水の捉え方

「コップの水が半分」という出来事が、心配や不幸な気持ちをもたらすと考えているように思うかもしれませんが、実は違います。

「あと半分しか・・」という「認知」が、心配や不幸な気持ちを生み出していると考えられます。

コップの水から考える捉え方

このような、必要以上に不幸な気持ちを生み出してしまう「認知」のことを「不幸認知」と言い替えていいかもしれません。幸福感が低い人は、同じ出来事でもより不幸な事として、認知してしまうのです。

それでは、コップの水が半分という事実は変わらず、「まだ半分ある」という考えを持つとどうでしょうか?

認知の修正例と幸せになる捉え方

コップの水が半分あるという事実は変わりませんが、「まだ半分ある」と「認知」すると冷静でいられたり、幸福感を持っていられるでしょう。幸福感が高い方は、「幸せ認知力」が長けていると言えます。

 

練習:幸せ認知力を高める!

ここからは、「幸せ認知力」をUPさせる考え方を練習していきます。練習問題では、少なくとも幸せな側面・考え方を3つは見つけてみましょう。

練習問題1
Aさんは友人の誘いで、飲み会に参加する事になりました。初対面の人と話すことが苦手なAさんですが、今回の飲み会では勇気を出して声をかけました。また話かけてくれる人もいました。しかし、いつの間にか孤立してしまい、飲み会を楽しめませんでした。久しぶりに参加した飲み会にも関わらず、相変わらず「自分は駄目だな…」と、自己嫌悪に陥っています。

Aさん出来事について、幸せな側面・考え方を3つ書きだしてみましょう。


 

 

解答例
・友人がいつも誘ってくれる事
・久しぶりに飲み会に行けた事

・初対面の人と自分から話せた事
・初対面の人と少なからず話せた事

・話しかけてくれる人がいた事
・楽しい場面もあった事
など

 

練習問題2
Bさんの職場では、長時間労働を減らすための環境作りとして「育児休暇制度、短時間勤務制度、フレックスタイム制度、テレワーク(在宅勤務)」などの導入をはじめました。Bさんの残業は減りましたが給料も減ってしまいました。そのため、Bさんは今回の環境づくりに、プラスのイメージが持てないでいます…。

Bさんの出来事について、幸せな側面・考え方を3つ書きだしてみましょう。


 

 

解答例
・働生きやすい環境がある事
・いろいろな制度がある事

・プライベートの時間が増えた事
・働き方を選択できる事

・良い人材が増えてよい仕事ができそう
・人材の定着率が上がり人間関係のストレスが減りそう

幸福論認知を変えると幸せに近づく

幸福論「幸せは捉え方・考え方で決まる」

今回は、幸福論「認知と幸福感」について解説しました。物事のとらえ方(認知)が幸せの感じ方大きく影響していることがお分かりいただけましたか。

「人生は良いことが全くない・・・」と感じる場合は、「今の捉え方はどうだったのか?」と時々考えてみましょう。幸せは「事実」が生み出すのではなく「考え方・捉え方」が生みだします。ポジティブな側面に目を向けて、幸せに近づいていきましょう。

次回は、幸福論「ソーシャルサポートの充実」についてご紹介します。

★幸福論「幸せは捉え方・考え方で決まる」幸せな側面を見つけよう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

人間関係講座

目次

①幸福論・幸せになる方法-概観
②お金で人は幸せになれる?
③人間関係が充実すると幸せ?
④ブータンから学ぶ幸せの指標
⑤感謝と幸せの関係
⑥認知と幸福感
⑦ソーシャルサポートの充実がカギ

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→