>
>
>

後悔しない人生にするために知っておきたい3つの方法を解説

後悔しない生き方・人生


後悔しない人生にするためにー心理士が解説⑤

今回が「後悔」コラムの最終回です。ここまでの4回のコラムでお伝えしたことをおさらいしていきます。ご一緒に確認していきましょう。

後悔しやすい3つの原因と問題

コラム①では、後悔しやすい3つの原因をご紹介しました。

・過去が足かせになり行動に移さない
・自信をもって決断していない
・過去の失敗に焦点を当てすぎる

「あれもこれもやっておけば良かった」と後悔することが多いと、メンタルの不調を引き起こす可能性があることも触れました。簡単診断できる後悔の度合いチェックで、ご自分の状態を確認できましたか。まだの方はぜひトライしてみてくださいね。

後悔しやすい問題と原因

コラム②③④では、後悔しない生き方のための具体的な方法をご紹介しました。

1:決断力Up!行動活性法
1つ目の原因「過去が足かせになり行動に移さない」を解決するのに効果的な技法です。何事にも回避的になっている状態から、スモールステップを作ってまずは1歩踏み出すことが大事です。コラム②でご紹介したワークを実践することで、後悔しにしない生き方を目指しましょう!

2:損得勘定→実行法
2つ目の原因「自信を持って決断していない」を解決するための方法でした。自信を持って行動するために、その行動のメリット・デメリットを論理的に整理することが大切でしたね。

実践のための手順を、コラム③でご紹介しました。手順を元に、普段からやろうか迷っていることを数値化して整理し、自信を持って行動に移していきましょう。

3:失敗を糧に未来イメージ技法
3つめの原因「過去の失敗に焦点を当てすぎる」への対処法でした。ネガティブな出来事があっても、過去にとらわれるより、未来志向になったほうが後悔を活かすことができます。

コラム④では未来志向になるための技法をご紹介しました。失敗を糧に未来イメージ技法を使うことで、後悔の念にとらわれて辛くても、何とかできると思えるようになります。手順を元にまずは試してみましょう!

後悔しない自分を実感

後悔しにくい自分になる!

「後悔」コラムでは、後悔したくない方、後悔の気持ちを晴らしたいという方向けに、後悔について解説してきました。コラムを読み終えて、「これなら後悔しない生き方ができそう」と思っていただけたら嬉しいです。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「後悔しない生き方」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!コラム中でご紹介したワークや手順を試し、実践してみてください。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの対処法で後悔しない・後悔しにくい自分を目指そう



3つの技法を活用しよう