>
>
>
苦しい時に助けてと言えない時の対処法

苦しい時に助けてと言えない時の対処法「ソーシャルサポート」④

コラム③では、苦しい気持ちの対処法として「リフレーミング」をご紹介しました。2つのリフレーミングを活用して、物事のマイナス化思考を修正して苦しい気持ちを改善していきましょう。今回は、苦しい状態から抜け出す方法「ソーシャルサポート」について解説していきます。

ソーシャルサポートの意味

ソーシャルサポートとはその名の通り、「社会的関係の中でやりとりされる支援」のことを意味します。たとえば、家族・友人・会社の同僚・専門家の援助、など自分を身近にある環境の中でサポートしてくれる人やものをさします。

ソーシャルサポートは、ストレス反応を抑制するという結果を示す研究もあるので( 石毛・無藤, 2005)、苦しい状態が深刻化する前の予防や回復にも役立つ重要なキーワードです。

細田ら(2009)の研究では、中学生305名を対象に以下の3つのソーシャルサポートと自己肯定感の関係について調査しました。

  1. 道具的サポート ・・・・住まいや衣服など物を支援する
  2. 情緒的サポート ・・・・励ます、背中を押すなど気持ちの面を支援
  3. 共行動サポート ・・・・ノウハウを教えるなどの知識面で支援する

    その結果が下図となります。数字は相関係数と言われて、数値が大きいほど影響が強いことを意味します。せっかくなので下図の中から数字が大きいものを探してみましょう。

その結果、上図のように、父親、母親、友人、教師のいずれも情緒的なサポートが自己肯定感を強めている傾向がわかります。

特に教師や友人の情緒的サポートが.40**で、父親や母親よりも大きくなっていますね。両親に匹敵するぐらい影響があることがわかります。仮にご家庭からのサポートが得られなくても、教師や友人など周りの方の援助を仰ぐと回復しやすいといえそうです。

苦しい時はお互い様

周囲からのサポートを受けたいと考えても「相手に悪いから」と悩みを打ち明けられない人がいます。しかし、いざ悩みを相談してみると想像以上に親身になって話を聞いてもらえるものです。逆の立場になってみればイメージしやすかと思いますが、友人や知り合いが深刻な悩みを相談された時、どんな対応をするでしょうか。

おそらく、相手の状況を聞いてあげる人がほとんどだと思います。もちろん、知り合って間もない悩み相談を持ちかけることのは、好印象ではありませんが、ある程度関係が築けていれば、十分にあなたをサポートしてくれるはずです。

意外と人は助けてくれる♪

このような助けてほしい時「感覚のズレ」は、心理学の研究でも確認されています。ヴァネッサ・ボーンズ(2008)の研究では、大学生53名を対象に町中で見知らぬ人に「携帯電話を貸してください」とお願いしてもらいました。被験者たちは、10人に声をかけても1人しか応じてくれないだろうと予測していたのですが、実際は平均6人に1人のペースで携帯電話を貸してくれたのです。

想像以上に相手はサポートしてくれるものです。助けてと言えない、悩みを一人で抱え込んでしまう・・・という人は「苦しい時はお互い様!」という意識を持って、身近に少しずつでも相談を持ち掛けてみましょう。

サポートがあるのに不安な原因

ソーシャルサポートが得られているとは言え「友人だけ」は信頼できるという偏ったサポートは望ましくありません。その理由は、1人に対して何度も悩みを相談すると相手に強く負担がかかり、トラブルに発展しやすいからです。例えば、会う度にネガティブな発言をしている人がいたらどうでしょうか。

1度や2度であれば、相手の悩みを聞いてあげようという気持ちになりますが、頻繁に相談されると不快に思う人が多くいます。また、何度か相談に乗ったにもかかわらず、前回と同じ悩みを相談され、ストレスを感じてしまう人もいるでしょう。

そこで、複数の人間関係からソーシャルサポートを少しずつ受けるのが理想です。1つの関係でトラブルが起きても、他の人間関係が支えてくれるため、どの関係でも余裕を持って接することができます。最低でもサポートが人間関係を3つ以上持っておくgoodです。

苦しい状態はソーシャルサポートで解決!

ソーシャルサポートを活用した問題解決を読んでみていかがでしたか?少し視野を広げればソーシャルサポートはあなたの周りに多く見つかります。問題を一人で抱え込まず苦しい時には周囲のサポートを利用して複数の角度から問題を観察してみましょう!

今回で、苦しい状態から抜け出せない原因や解決策のご紹介はおしまいです。お疲れ様でした。ここまで読んでみていかがでしたでしょうか? 次回はこのコラムのまとめになります。お楽しみに!

★ソーシャルサポートで苦しいを解決! 意外と人は助けてくれる!

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献        
If You Need Help, Just Ask: Underestimating Compliance With Direct Requests for Help  Journal of Personality and Social Psychology 95(1) · August 2008 with 139 Reads Vanessa Bohns
細田ら(2009)中学生におけるソーシャルサポートと自他への肯定感に関する研究 教育心理学研究,57,309-323