>
>
>
虚無感は放置するとうつ病に!人生を充実させよう

虚無感はうつ病などの病気の原因!3つ方法で人生を充実させよう⑤

虚無感と上手く付き合っていこうに!

今回が「虚無感」コラムの最後です。ここまで4回のコラムでご紹介したことの振り返りをしていきます。一緒にチェックしていきましょう。 

「虚無感」の特徴と問題点は?

コラム①では、虚無感の特徴とデメリットについてご紹介しました。

「虚無感」とは感情の一種です。『何事もなく虚しい』『価値や意味を認めない』という意味がありました。そして虚無感は、青年期(10代~20代)の若い人から、中高年の人まで幅広い方に当てはまる感情です。

虚無感の最も大きなの問題は、うつ病などの精神疾患にかかるリスクがあるところです。「虚無感」自体が、うつ病の症状として現れることも多くあるのです。「虚無感」が長く続いたり、何回も虚無感に襲われる感覚がある人は要注意です。

虚無感が起こる原因と対策

コラム②③④では、「虚無感」が起こる原因と、対策についてご紹介しました。

1.価値の見いだし方知る
虚無感が起こる原因の1つ目「無価値感」の対処法をコラム②でご紹介しました。

無価値観とは、「どうせ何をやっても意味がない」と思ってしまう考え方です。「無価値観」の感じやすさには、その人の物事のとらえ方が大きく影響している部分もあります。過剰に「無価値観」を持っていると虚無感を抱く機会が増えてしまったり、「虚無感」が長期化しやすくなってしまうのです。この過剰に「無価値観」を持つ考え方を「認知の歪み」と言いましたね。

無価値感へ対処していくには、「認知の歪み」に気づき、修正していくことが大切でした。ご紹介した修正方法の2つのコツを踏まえてを認知を変えてみましょう。

2.小さな幸せを感じよう
虚無感が起こる原因の2つ目「些細な幸せが感じられない」の対処法についてコラム③で解説しました。小さな幸せは一つ見つかると、数珠つなぎで他の幸せにも気づけるようになります。

コラム③でご紹介した練習問題を参考に、小さな幸せを発見して、幸せを増やしていくテクニックを身に付けてくださいね。自分はだけではなく周囲の人にもたくさんの幸せが見つかると思います。

3.目指すべきものを作る
虚無感が起こる原因の3つ目「毎日に目的や目標が見つからない」の対処法をコラム④でご紹介しました。

毎日目標を持って、それに向かって突き進んでいる人は「虚無感」とは縁のない生活を送れることが研究で報告されていました。理想の自分を考えて目標を立てることと、達成に必要なことを1つ1つ、毎日実行に移してみてください。いまは「虚無感」を感じていても、理想をイメージすればわくわくしてきたり、モチベーションが上がりますよ。コラム④でご紹介した具体的な方法を実践してみてくださいね。

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「虚無感」コラムにお付き合いいただき、ありがとうございました!「虚無感」と感じることは生きて入れば、一度は経験することですが、必ずしも悪いことばかりではありません。その虚無感は人生を充実させるための身体からのメッセージであるとも言えます。ぜひこのコラムを読んで少しでも充実感のある毎日を送っていっていただけると幸いです。

まずはコラム中でご紹介したワークを試し、一つでも実践してみてください。そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち臨床心理士・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション講座への参加をおススメしています。コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★3つの対処法で虚しい気持ちを軽減していこう



虚無感に3つ方法で対処しよう