>
>
>
入門②-寂しい時はコミュニティを見直そう

寂しい時はコミュニティを見直そう

今回は「コミュニティへ所属」について解説していきます。寂しい気持ちは、大きく分けて以下の2つがあります。

・人間関係がほとんどなくて寂しい
・人間関係はあるけど寂しい

入門②では、人間関係がほとんどなくて寂しい問題を考えていきたいと思います。

コミュニティが不足していませんか?

話し相手がいない問題

寂しい時を改善する上では「コミュニティへの所属」が重要です。特に以下のような状況にある方は注意が必要です。

・同居人がおらず話し相手がゼロ
・一言も話さずにまま一日が終わる
・友人や家族との会話がない
・事務的な会話しかない
 
このような状況にある方はソーシャルサポート不足の環境にあると推測されます。

ソーシャルサポートの重要性

ソーシャルサポートとは、周りの方からの心理的・道具的な援助を意味します。コミュニティに所属していない方は、周りの支えがなく、寂しい気持ちが増幅しやるくなります。

そのため、まずは根本的な問題として、暖かい人間関係を築く土台を環境が必要になってくるのです。

不安感が軽減する

大坪(2017)は、大学生254名を対象に、ソーシャルサポートと精神的な健康について調査を行いました。その結果、家族、大切な人、友人のサポートを受けやすい方は寂しいに近い不安感などの指標にプラスの結びつきがあることがわかりました。

はじめに、家族のサポートから見て見ましょう。上図の(-)マイナスとありますが、家族からのサポートを受ける傾向にある方は、特に自立神経症状が少ないことがわかりますね。

そして友人のサポートですが、こちらも不安感の減少に関わっていることがわかります。 

ソーシャルサポートは1つのコミュ二ティだけではなく、様々な人間関係から得るこで、多くの寂しさの改善につながります。家族だけ、恋人だけなどではなく幅広いコミュ二ティに参加できるといいですね。

コミュニティの数は?

ここで、あなたがいくつの継続したコミュニティに 所属しているかをカウントしてみましょう。”コミュニティ”とは以下のように定義します。

①3人以上の複数人
②最低月1回集まる
③1時間以上の会話

上記を満たす集団に属している場合は1とカウントしてください。

例 家族、職場、飲み友達、将棋サークル、大学の同期、幼馴染の集まり、ママ友コミュニティ、職場のサークル、同期会、麻雀仲間等

→コミュニティは「  」箇所

5~7
青信号です!充分なコミュニティ数 ソーシャルサポート得やすい状況です

3~4
黄色信号です!コミュニティ数はやや少ないが 健康的な範囲内ですが注意は必要です。

1~2
 
赤信号です!コミュニティ数が少ない 心理的に問題が起きやすい状況です。

所属するコミュニティは最低3つは必要であると考えています。なぜなら1つだけのコミュニティでは人間関係が閉鎖的となり、お互いに過剰に依存するなどの問題になりやすいからです。

また1つのコミュニティで失敗したとしても後の2つのコミュニティで支えてくれるなど安定する傾向があります。もし所属しているコミュニティが2つ以下の方は要注意です。

寂しい気持ちの原因と解決策

コミュニティの増やし方

ここでコミュニティに所属した方が言われても・・・と感じる方もいらっしゃると思います。そこでコミュニティを探すコツについて4つのポイントをお伝えします。

①ゆるめコミュニティ

コミュニティはそれこそ人間が集まればそれだけ無数にあります。できれば1つは緩めのコミュニティがおススメです。上限関係がなく、競争が少ないコミュニティがあると、とても安定します。

例えば、歌のサークル,ボランティアサークル,ボードゲーム,スナックなどオススメです。詳しくは動画で解説したのでよかったら参考にしてみてください。

②インターネットを利用

現在は、自分の趣味が合う方をネットで探しやすい社会になっています。ツイッターやフェイスブックで検索すると実にたくさんのコミュニティがあることがわかります。

最近ではYOUTUERの方が定期的にオフ会をしていることも多いです(^^)自分の興味などを土台として、一度参加してみるのもオススメです。

③通いやすい地元コミュニティ

通いやすい地元のバー、喫茶店などもおすすめです。ネット経由のコミュニティはアクセスのしやすさが欠点となりやすいですが、地元のコミュニティは足を運びやすいのが魅力ですね。

私自身は麻雀が好きなので、行きつけの雀荘によく顔を出しています。ちなみに弊社のコミュニケーション講座も、かなりコミュニティとしてアクセスしやすいのでぜひいらっしゃってください笑 宣伝するな!と言われそうですが(^^;

④目的に即したコミュニティ

目的に即したのコミュニティとは仕事や社会的活動を通したコミュニティです。例えば、現代では副業が発展しています。さらに残業時間が少なくなってきています。

あなたのスキルは意外とポイントで欲しがっている起業家や会社は存在すると思います。

例えば、SNSを活用して、関連しそうな企業様に自分を売り込んでみたり、自分が持っている専門的な知識をブログに書いてみて、お仕事募集中!と記載するなど様々なやり方があると思います。

またビジネス以外でも、社会的な問題をクリアしようと奮闘している団体は意外と多いものです。そのような活動を通じて切磋琢磨できるようなコミュニティもいいかもしれないですね。

*注意点

流動性が高く、集まる頻度が3か月に1回のようなサークルは人間関係がかなり浅いまま終わってしまうため、お勧めできません。無理に参加してもストレスが増えてしまうだけです。同じ趣味や目的などを共有できるコミュニティを探すと良いでしょう。

些細な交流が寂しい気持ちを改善

入門②補足コラム

コミュニティについてより深く考えたい方は、関連するコラムや動画を紹介させて頂きます。入門編が終わったら参考にしてみてください。

親友は求めない

所属したコミュニティで親友までもとめないことも重要です。理由については動画を作成しました。良かったら参考にしてみてください。

ソーシャルサポートの重要性

本コラムではソーシャルサポートの重要性を考えていきました。より深く、支え合うことの大事さを理解したい方はこちらのソーシャルサポートコラムも参考にしてみてください。

寂しい時は些細な交流を

いかがでしたでしょうか。寂しいという気持ちの基本的な解決策はまずはコミュニティへの所属になります。

過剰に人間関係を求める必要はないですが社会的に孤立しないように気を付けましょう(^^)

次回は、「見捨てられ不安に対処」を解説していきます。

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 公認心理師
  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

*出典・参考文献
・Gable, S, L., Reis, H, T., Impett, E, A., Asher, E, R. (2004). What do you do when things go right? The intrapersonal and interpersonal benefits of sharing positive events.          Journal of personality and social psychology, 87, 228-245.
大坪岳 追手門学院大学心理学論集;Otemon Gakuin University Psychological Review 2017 青年期のコミュニケーション・スキルとソーシャル・サポートがレジリエンスに及ぼす影響