>
>
>
寂しい時にも価値はある?メリットを解説③

寂しい時にも価値はある?メリットを解説③

ここまで寂しい感情についてネガティブな情報をお伝えしてきました。今回はメリットをお伝えします。孤独であることは100%悪いわけではありません。孤独にもメリットがあることがわかっています。それは「短期間の選択的な孤独」です。

寂しいときにはメリットもあり?

例えば人生で、自分らしさを確立するため自分の内面と向き合う時間を大切について「考えること」に没頭するような寂しい時です。

自分自身の考えを成熟させるには、寂しい時間が必要です。「今の時期は自分の時間を大事にしてとりくみたい」と自分の意志で孤独な状況になっている方はそこまで深刻な問題ではないと言えます。

受験勉強に打ち込んでいる、起業して仕事に没頭している、明確な目標がある場合は、これからの将来においてプラスに働くことでしょう。

私自身も人生を通して寂しい時間がありその時期に自分と向き合い、特定の分野に没頭することで今の仕事に巡り会えました。 孤独であってよかったなと考えています。

★寂しい時は短期的であればOK!自分と向き合える時間

コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。

目次

①寂しい気持ちを専門解説​
②寂しい気持ちのデメリット
③意外と価値はある?メリット
④コミュニティを見直そう
⑤見捨てられ不安を解消
⑥「無条件の愛」に甘えてみよう
⑦改善法SST-会話力を伸ばそう

コメント

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→