>
>
>

寂しい時の原因「条件付きの愛情」の対処法

寂しい


寂しい気持ちが強い時は「無条件の愛」に甘えてみよう③

コラム②では、寂しい時の対処法として「コミュニティを見直す」について解説しました。ご紹介したコツを参考に、気軽な活動を増やしてくださいね。

今回は、寂しい気持ちの対処法として「無条件の愛に甘える」を紹介していきたいと思います。

寂しい気持ちと肯定の関係とは?

寂しい気持ちが強くなると、次のような悩みを持つ傾向があります。

「誰も褒めてくれない」
「暖かい声をかけてもらえない」
「悩みを聞いてもらえない」

このような悩みを持つ方に話を聞いてみると「誰も頼ってはいけない」「悩みを相談することは恥ずかしいことだ」「厳しい環境で耐えるのが人生だ」このような価値観で対人関係を築いている方が多いように感じます。

寂しい時に抱きやすい感情を解説このような価値観は間違いではありません。しかし、不安な時や寂しい時、孤独を感じてツライ気持ちになったときには、周囲にSOSを出して誰かの愛情を頼ってみてもいいのではないでしょうか。

人間は助け合う中で、厳しい社会を乗り越えてきた生き物です。困ったときには、甘えたり頼ったりしてOK!寂しい気持ちが緩和された時には、あなたが誰かを助ければいいのです。

2つのストロークを知ろう

寂しい気持ちを本当の意味で解消するために、ここで心理療法の1つであるストロークという概念をご紹介します。

ストロークとは、「関わり方」「人との接し方」という意味で、「おはよう」という挨拶や泣いている人をさすってあげたりなど、日常の何気ない交流でストロークは行われています。

ストロークにはさまざまな種類がありますが、社会生活でメンタルヘルスを良好に保つには、肯定的なストロークが欠かせません。そして肯定的なストロークは、2つに分けることができます。

条件付き肯定的ストローク
無条件の肯定的ストローク

それぞれについて詳しく紹介していきますね。

2つの肯定的ストロークから寂しい気持ちを解説

条件付きの肯定的ストロークとは、
〇〇をしたからもらえる愛情です。

例えば、
いい成績を取ったから
 お母さんがほめてくれた!

大手の会社だから
 異性が好きになってくれた!

いずれの肯定についても、条件が付いています。

一方無条件付きの肯定的ストロークとは、
どんな状況で受取ることができる愛情です。

例えば、
どんな時も僕を
 お母さんがほめてくれる!

どんな時の私も
 彼は好きでいてくれる!

どんな時でも・・・というのがポイントですね。

条件付き肯定「寂しい時を増やす」

ご紹介した2つの肯定的ストロークは、どちらを受け取ってもうれしいものです。

しかし、条件付きの場合

「条件がなくなった時に、愛情が受け取れない」

という弱点があります。先ほどの例の場合、成績が下がった、大手の会社をクビになったら・・・条件がなくなった途端、愛情が受け取れなくなります。

このような条件付きの愛情で対人関係を築いていくと、愛情を失わないために努力をするなど、不安定な愛情であふれてしまい、不安や寂しい気持ちが強くなる機会が増えてしまいます。

□肩書は周囲に認められるため
□スペックが無いと不安だ
□見た目にこだわり注目を集める

このような項目が多い方は注意が必要です。条件付きの肯定のストロークでは、本当の意味で寂しい気持ちが解消されることはありません。

無条件の肯定は「寂しい時を減らす」

心理的に安定するためには「無条件の肯定的ストローク」を増やすことが大切です。

どんな時でもあなたと私は肯定されている」という感覚です。特別でなくても良いのです。〇〇だから・・△△だから・・・という理由はいりません。

無条件に「人と自分は同じく愛される存在だ」という気持ちを育てることが、寂しい気持ちを緩和する上で大切です。

無条件の肯定ストロークが寂しい気持ちを緩和する

無条件の愛を2つのポイントで探そう

寂しい気持ちを減らすために、可能であれば無条件の肯定的ストロークをもらえるような人を周囲で探してみましょう。

例えば

・褒めることが上手な人
・前向きな言葉が多い人
・励ましてくれる人

寂しい気持ちが強い時には、無条件の肯定的ストロークが得意な人の親切な気持ちに甘えるのがいいでしょう。

寂しい気持ちを緩和してくれる人を探すときのポイントは2つありますよ。

①うれしい気持ちになる人を見つける
肯定的ストロークを受け取ると、うれしい気持ちや生きる意欲がわいて寂しい気持ちが緩和されます。そんなうれしい気持ちを無条件で与えてくれる人を見つけましょう。

第一候補は「家族」がいいと思います。たまには、父親や母親に話を聴いてもらったり、兄弟姉妹に相談するのもよいでしょう。会社なら優しい上司や同僚、幼少期からつながりのある友達でもいいかもしれませんね。まずは話をきいてもらい、無条件の肯定で愛情を受け取りましょう。

なお、インターネットのお悩み相談室や公的機関に相談するのもいいでしょう。話を聞いてくれる人もたくさんいますよ。寂しい気持ちが強い時には、親切な人の愛情に甘えてみましょう。

②イヤな気持ちになる人は距離を置く
身近な人に無条件の否定的ストロークをする人がいるようなら、その人とはなるべく距離を置くようにしましょう。寂しい気持ちを軽減するために関りを減らすことが大切です。

否定は自分の成長につながることもあります。しかし、寂しい気持ちや孤独感が強い時に無理をして交流する必要はありません。自分の気持ちが安定するために、少しづつ減らしてみるのもいいかもしれませんね。

肯定名人を探して寂しい気持ちを緩和しよう

無条件の愛が寂しい気持ちを緩和

どんな行動であったり、どんな障害を持っていても、誰しも肯定できる何かはもっているものです。人間の自然なありようを、お互い愛せるようになれば、人間関係は安定していきます。

まずは身近な人から、無条件の愛を与えてくれる人を見つけ、無条件の肯定的ストロークを増やしていきましょう。環境が整うことで、寂しい気持ちが緩和されていきますよ。

次回は、寂しい気持ちの対処法の1つ「見捨てられ不安とうまく付き合う」についてご紹介していきたいと思います。

★ 寂しい気持ちの緩和は「無条件の肯定」親切な気持ちを増やそう

次のコラムへ進むボタンはもう少し下にあります。コラムだけでなく心理の専門家の講義を受けてみたい!という方は下のお知らせをクリックして頂けると幸いです。私たちが講義をしている講座となります。



うれしい気持ちを与えてくれる人を探そう