>
>
>
寂しいを改善するSST-会話力を伸ばそう

寂しいを改善するSST-会話力を伸ばそう

今回は寂しい時を改善する発展編として「会話力を高めよう」について解説していきます。

1日の会話量

会話力は、円滑な人間関係を構築するうえで大変重要です。会話力が低いと、人と関わる事が消極的になり、寂しい気持ちを強めてしまいます。ここで皆さんに質問です。

1日にどれぐらい会話をしていますか?

会議、雑談、SNS、電話、メールこみこみです。

国立国語研究所の統計によると、1日の会話量の平均は6時間という結果になっています。この数字を見て多いと感じますか?少ないと感じますか?

f:id:direct-comm:20180520151705p:plain

特筆すべきはその内訳です。なんと雑談が60%を占めています!

f:id:direct-comm:20180520151915p:plain

国立研究所の研究では大体、3.5時間程度は雑談に費やしていることになるのです。寂しさを改善する上では、相手との会話が重要であると推測できます。 

孤独感を緩和するSST

SSTで寂しい気持ちを緩和

ソーシャルスキルトレーニングとは

会話力をつけるにはSSTをするのがおススメです。SSTとはSocial Skill Training の略称です。ざっくりと言うと、人間関係を築くための会話法と考えると良いでしょう。

実は執筆者の川島達史は大学院で研究していただ分野で、15年現場も含め指導をしてきました。現段階で私よりもこの分野で、トレーニング回数が多い人はないと思うので、日本では第一人者だと考えています。

もしかしたら世界一かも?いいすぎかな笑

孤独感を緩和するSST

SSTは何をすればいいのか?

ソーシャルスキルを高めるには、大きく分けて、
・傾聴力
・発話力
を反復練習すると身について行きます。最初は大変なのですが、一度マスターすると一生使える技術になります。練習すると、仕事や恋愛がすごくスムーズにいくので、オススメです。

傾聴スキルをつけよう

傾聴スキルとしては、基本として

・事実のオウム返し
・感情のオウム返し
・言い換えのオウム返し
・肯定返し 人間性肯定
・自己開示
・2つの質問スキル

をマスターすることをオススメします。以下動画で1つ1つ解説しました。量が多いので、1日1動画ぐらいのペースで進めてみてください♪

・傾聴基礎① オウム返し

傾聴スキル全体の再生リストはこちらです♪聴き上手になりたいという方は必須のスキルとなります。

発話スキルを身につけよう

発話スキルとしては
・5W発話
・感情発話
・具体例提示法
・繰り返し表現
・~ぐらい法
・強調表現法
を基礎として学習することをオススメしています。量が多いので、1日1動画ぐらいのペースで進めてみてください♪

発話スキル全体の再生リストはこちらです。話し上手になりたいという方は必須のスキルとなります。

孤独感を解消して人間関係を円滑に

専門家の講義を受けたい方へ

最後に、これまで「寂しい」コラムにお付き合いしていただき、ありがとうございました!

ご紹介した解決方法や心理学の視点、練習問題を繰り返し実践することで、少しづつ緩和されていくと思います。

そして、専門家から直接学びたい!という方は良かったら私たち公認心理師・精神保健福祉士が開催している、コミュニケーション能力講座への参加をおススメしています。

コラムだけでは伝えきれない知識や実践的なワークを進めています。みなさんのコミュニケーション能力が向上するよう、講師も一緒に頑張ります!よかったらいらっしゃってくださいね(^^)

★ 寂しいが強いなSSTで対処を!

助け合い掲示板

コメントを残す

コラム監修

名前

川島達史


経歴

  • 精神保健福祉士
  • 目白大学大学院心理学研究科修士
  • 社会心理学会会員

取材執筆活動など

  • AERA 「飲み会での会話術」
  • マイナビ出版 「嫌われる覚悟」岡山理科大 入試問題採用
  • サンマーク出版「結局どうすればいい感じに雑談できる?」
  • TOKYOガルリ テレビ東京出演


ブログ→
YouTube→
Twitter→

河井大介(2014).ソーシャルメディア・パラドクス―ソーシャルメディア利用は友人関係を抑制し精神的健康を悪化させるか社会情報学, 3, 31-46.